ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

平成の1ページが加わることに

a0193698_6573959.jpg
a0193698_659328.jpg
 大正の終わりにできたこの家。

 昭和の初めにはすでに少し手直し。

 照明が門柱から玄関に

 石垣も少し追加されていた。

 主のいなくなったこの家は、

 その後30年間ほったらかし。

 庭の木が育ちすぎて、近所の方ですら、

 家の存在に気が付かないほど。

 平成の初めにはこんな状態に。

a0193698_79212.jpg


 今回は和洋折衷のこの建物を生かして、平成の職人さんが新しい石垣と石畳を加える。

 大正、昭和、平成となんとか持ちこたえてきたこの家に、今、また新たな1ページ。

 たぶんこのために、私は生まれてきたのだろう。

 頑張って働かなくちゃ。
[PR]
by haichigi | 2011-03-06 07:24 | 古民家修復 | Comments(12)
Commented by chameko at 2011-03-06 10:18 x
bokuさん  チャメ子 また 涙。 bokuさん こころの 底から 応援しますね。お手伝いは出来ないけれど。
Commented by haichigi at 2011-03-06 19:46
chamekoさん
 chamekoさんに応援していただけて、ちから100倍。がんばります。
Commented by yoko at 2011-03-07 10:42 x
家族の歴史を未来につなぐために生まれてきた…そんな思いに私もなってみたいです。そして未来「yokoばあちゃんって人がいて、この家のために尽力したらしいよ」なんて昔話をされたりして…(妄想って楽しいですね)
bokuさんの修復のこれからを応援しています!
Commented by komu at 2011-03-07 21:37 x
わたくしもこのブログを見ているだけですが、楽しみにしています。

平成の工事にかかる前の写真と見比べると、
随分、綺麗になったのがよくわかりますね。

これが更にどのように変わるのか、楽しみです。
Commented by haichigi at 2011-03-08 06:54
yokoさん
 この家の修復を始めてから、良く思うのです。なんだかすべてのことが、この家に繋がっていたんじゃないかって。本当はもう少し早くその事に気がついて、祖母が生きているうちに、来ることができたら、、、。そんな後悔もちょっとあるのです。
私はこの家の現役だった頃を知っている最後の世代だから、新しい世代に伝えるためには、現役に戻して、思い出を作っていかないと。そんな気持ちです。
Commented by haichigi at 2011-03-08 06:58
komuさん
 前のブログはこの修復を記録に残そう、と始めたものでした。ブログを更新する時に、もう一度前の写真を違う風にまとめるのもいいかな、と思って載せてみました。
 とにかくこの板張りを外して、30年ぶりに中に入った時の状態は、、、。凄かったです。お化け屋敷どころではないくらい。
床は抜け落ち、雨漏りで天井も落ちているし、家具は白アリに食いつくされ、窓ガラスは割れて、、、、。
Commented by 106 at 2011-03-10 17:12 x
昔の写真を見ると修復は大変だったんですね
今後の展開も楽しみです♪ どうなる事やら^^
リンクも追加しておきます
Commented by haichigi at 2011-03-10 20:36
106さん
 ありがとうございます。
 ホントにぼろぼろでした、、、、。これが修復できるのなら、たいていの古民家はOKだと思います。
Commented by mini-mini32 at 2011-03-14 06:13
大正時代の医院・・・
30年間ほったらかし状態だったのを
修繕し残して行こうと・・・
素晴らしい事です~
内部は素敵になって・・・
これからも楽しみです~^^
しかし、モノクロの写真・・・
いいなぁ~いいわ・・・(^-^)
Commented by haichigi at 2011-03-14 20:12
mini-mini32さん
 家の修復が一応終わって、すめるようになって5年になろうとしています。そこで、エントランスから庭にかけての修復を始めました。そうするうちに、家のメンテナンスも必要になってくるし、、、、。家を維持するのって本当に大変と、実感する毎日です、、、。
Commented at 2014-03-10 16:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haichigi at 2014-03-12 20:41
鍵コメさま
お返事が遅くなりごめんなさい。ダムができたのは昭和39年ころだったのですか。祖父がダムができてから川が変わってしまった、と嘆いていたことを思い出します。この辺りは本当にダムだらけですね。
立派なお屋敷や有名人の邸宅という訳ではない、普通の家であっても、残っている古い家には何かを感じます。今、この家に住むことができて、私は幸せです。