ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

またひとつ

a0193698_21141612.jpg
 曽祖父がこの地に医院を開院した当時は、沢山の患者さんが訪れたという。交通機関の発達していない時代、病院に来るのは泊まりがけの旅。だから医院の近くには、患者さんや家族のための旅館ができた。すぐそばにあるこの建物は、当時の旅館。
 玄関前の柱の足が格好いい、とチェックして、いつか中を見せてもらおうと思っていた。

 でも遂に、、、、、。
a0193698_21155014.jpga0193698_2116252.jpg
a0193698_21104583.jpga0193698_21123326.jpg

a0193698_21111495.jpga0193698_21112422.jpga0193698_21114828.jpg

a0193698_21124725.jpg
 あっという間に、屋根や壁は重機によって取り壊された。
 せめてこの姿を写真にだけでも残したい、そう思った。
 明日になったら、もう跡形も無くなっているだろう。
 
 我が家の幼馴染が、また一つ消えた日。
 熊野は土砂降りの雨が降っていた。

[PR]
by haichigi | 2011-04-23 21:40 | 建物 | Comments(12)
Commented by きゃおきゃお at 2011-04-24 00:15 x
壊すとなると
あっという間に壊されちゃうんですよね。
歴史ある旅館、
消えてしまって寂しいですね。

新しいブログのリンク、頂いて帰ります。
Commented by haichigi at 2011-04-24 09:03
きゃおきゃおさん
リンク、ありがとうございます。

小さな家に建て替える、という話が伝わっていたので、遂に、という感じでした。すべてがごみとなってしまったのかは、知りたくない気分です。
Commented by chameko at 2011-04-24 18:28 x
bokuさん  残念すぎますよね。
Commented by haichigi at 2011-04-24 22:07
chamekoさん
残念すぎます。
Commented by komu at 2011-04-24 23:11 x
いい玄関の入口ですね~。
中を見る事は出来なかったのですか?
見て見たいですね~。
タイルに何か模様があるように見えますね。
柱の台の石だけでも持って来たいところです・・・。
Commented by yoko at 2011-04-25 01:05 x
あらら、素敵なお宅♡映画のロケにも使えそうな…なんて思って読み進んでいたら→ガーン!
私の脳内にご近所古民家地図があるのですが、今年に入って2件ほど地図から姿を消しました。空き家の解体途中に通りかかったら、人が済んでいた頃の家の匂いがしました。ホントに悲しい、淋しいです。誰にも気づかれず…いいえ、きっと私意外にも悲しんでいる人がいる…と思う事にしました。
Commented by 106 at 2011-04-25 13:12 x
私の実家も都会ではありませんが町中にあるので気がつきませんでしたが
たしかに病院の近くに古びた旅館が数軒あります
もう経営してる感じはありませんが何故この立地にと思ってました
歴史を感じます
Commented by haichigi at 2011-04-25 19:58
komuさん
 玄関の前に小屋があって、なんだろうと思っていたら、こんなタイルの水回りだったようです。今日はもう前から後ろまで筒抜け状態でした。
Commented by haichigi at 2011-04-25 20:00
yokoさん
 ここは祖母が生前お世話になった女性が住んでいたのですが、その方も今では高齢者の施設に入られ、結局壊される運命になりました。熊野でもどんどん古い建物は消えています。
Commented by haichigi at 2011-04-25 20:03
106さん
 昔は奈良からも熊野まで患者さんが来ていたとか。当時は病棟もあったので、入院患者さんの家族が利用したり、外来通院の必要な患者さん自身が泊る旅館だったようです。他にも数軒あったようです。
Commented by burann at 2011-04-26 01:21 x
とうとう壊されましたか。とても味わい深い玄関ですね。前の小屋はなんだろうと思っていました。西村さんのおねえさんは「ものすごく流行って東京からも船に乗って患者がきた」とおっしゃっていました。往時が偲ばれる建物でした。
Commented by haichigi at 2011-04-26 06:49
burannさん
 はい。遂に取り壊されました。羽市木にももう昔の建物はほとんど残っていません。東京から、という話は大げさだと思いますが、昔は船がこあたりの重要な交通機関だったようですね。