ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

トイレのおかげ

a0193698_21123829.jpg
 子供のころ、父になぜ母と結婚したのか?
 と聞いたことがある。
 父は昔を思い出すような顔をして、言った。
 「玄関の鐘と水洗トイレかな」

 これが母の実家である熊野の母屋の玄関にあるインターホンのかわりの鐘。
 父が初めて母の実家に行った時、この鐘を見て、
 田舎の家なのに、ずいぶんしゃれていると思ったという。

 そしてしばらくして、トイレを借りた。
 これで決まり。
 昭和30年台初め、田舎ではとても珍しかった水洗トイレ。

 でも実は母が子供の頃から、この家のトイレは水洗だった。
 トイレを設計したのは、西村伊作。下水道設備も、浄化槽も無い時代。
 トイレの汚水はどこに行ったかというと、
 少しゆるくつなげた排水管の隙間から、地面に徐徐に浸透させていたらしい。
 子供のころに不思議に思った母が質問したら、そんな説明をされたそうだ。

 (もちろん今はそんなことはできないので、ちゃんと浄化槽つけてます。)

 ということは、もし伊作が水洗トイレを考えついていなかったら、
 父は母の家で感銘を受けることも無く、
 父と母が結婚することも無く、
 子供が生まれることも無く、、、。
 トイレのおかげで存在した私の人生・・・。
[PR]
by haichigi | 2011-05-31 21:50 | もろもろ