ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

氷イチゴには縁が無い

a0193698_20455566.jpga0193698_20461254.jpg わらび餅入りかき氷

 夏、必ず食べるのは、かき氷。かき氷には沢山の思い出がある。
 
 小学校のころ
 我が家のかき氷器は、シフォンケーキの型みたいなので作った氷が必要だった。
 シロップは、蜂蜜か練乳か、お中元の定番だったカルピス。
 
 イチゴやレモンのかき氷は、夏祭りの憧れ。
 でも、舌を見せるとすぐに買い食いがばれてしまう。
 合成着色料の代名詞のような赤や黄色のシロップは、
 子供が食べちゃいけないものだった。

 受験生のころ
 塾帰りにお小遣いが無くて、お腹が空いて入った自由が丘の駅中の食堂。
 注文できたのは一番安い200円の氷水。
 氷入りの水が出てきたら立ち直れない、とちょっと心配しながらたのんだら、
 よかった、氷みぞれだった。
 数回通ったけれど、250円の氷イチゴには手がでなかった。
 
 大学になって
 憧れの先輩に連れて行ってもらったのは、
 赤坂TBSの前にあった中央軒の2階の甘味処
 冷やししるこ
 漆のお椀に入った、冷たいお汁粉にシャリシャリの氷がトッピング
 甘みが感じられなくなるほどに冷たくなり過ぎない程よい量の氷。

 大人になった今は
 宇治金時ミルクかな
 白玉はいらないけれど。かき氷の白玉って、時々凍っているんだもの。
 
[PR]
by haichigi | 2011-07-14 22:03 | 食物