ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

平等に

a0193698_2012344.jpg本籍というのはやっぱり気になる場所。私の本籍は父の生家の色川。山深い郷だけれど、Iターンで移住した人達のおかげで、ちょっとこの辺りでは有名な地名。小さな喫茶店で特産のお茶やジャムなどの紹介をやる、と聞いて出かけてきた。これはそこにあったジオラマ。他にも郷の写真が飾られていた。 

 会報や歴史を調べた手作りの雑誌も。なんと西暦646年からすでに人が住む集落だったんだ!

a0193698_20121171.jpga0193698_2016396.jpg
a0193698_20302782.jpga0193698_2033243.jpga0193698_20334175.jpg
 村人に聞いた昔話や、色川神社に伝わるお面などが紹介されていた。
 そんな冊子をめくっていたら、見つけた。父のおじいさん。曽祖父の嘉七は、次男だったから勉学のため師範学校に行って、25歳で小学校の校長、そして色川の村長さんから県会議員になったらしい。同じく次男の父はこのおじいさんの事を尊敬している。
a0193698_20163144.jpga0193698_20164668.jpg

 いつも母方の曽祖父のことばかり紹介しているので、平等をきすために写真付きで紹介。

 曽祖父というのは母方2人、父方2人で計4名いる訳だが、写真を見たことがあるのは、あと一人。そうなるとぜひ4人並べて見てみたくなる。父の母方の曽祖父の写真、この夏、探索してみようっと。
[PR]
by haichigi | 2011-07-27 21:06 | 熊野自慢 | Comments(6)
Commented by mini-mini32 at 2011-07-27 21:26
やっぱり~ボクさんの御先祖の皆さん、優秀な方ばかりで・・・
なので、ボクさんも血を受け継いでいる・・・・(^-^)
Commented by haichigi at 2011-07-28 07:03
mini-mini32さん
いえいえ残念なことに、子孫は、、、、。でも村長さんって響き、なんかこの写真にぴったりで、可愛いと思ってしまいました。4枚の写真が手にはいったら、自分とどこか似ているところが無いか、じっくり探してみたくて。何しろ私は母にも父にもそっくり、と良く言われるので、、、、、。
Commented by yoko at 2011-07-29 00:56 x
昔の人はこのお面をつけてどんな世界を見ていたのでしょうね。深い森や漆黒の闇に、今の私達には見えないものが見えていたのでしょうね。ジオラマから村人のにぎやかな声が聞こえてきそうです。
私の母の実家は宮城県の内陸の方なのですが、祖父は松島に赴任したのでしょうか、やはり戦前に校長先生をしていました。母は松島生まれだそうです。曾祖母は伊達藩に行儀見習いに入った人でとても厳しいおばあさん(東北弁でおっぴさん)だったようで、お嫁に入ったお嬢様育ちの祖母はとても苦労した…といったような話をよく母から聞かされました。そういう昔話が時代物のドラマのようで、わくわくして聞いていましたね。
bokuさんの曾祖父さんのお話も、なんだかワクワクします。人となりがわかるような記述が残っていて羨ましい。生きている歴史書!ですね。
Commented by haichigi at 2011-07-29 20:31
yokoさん
 昔、ルーツっていう映画が流行たことがありましたよね。ある年齢になると、自分や友人の先祖の話や、昔の生活の話を聞くのが、とても面白くなる気がします。
伊達藩で行儀見習いをされたお姑さんとお嬢様育ちのお嫁さん、まるで時代劇のキャストのよう、、興味しんしんです。
Commented by chameko at 2011-07-30 00:44 x
bokuさん  私は 興味を 持つ頃には 両親は いなくなっていて
さっぱり 分かりません。祖父母の 武士の時代のことを 聞いておけばよかったと 残念です。甥のところに 写真が あったはずなのですが 分からなくなっています。子供の頃 父が宮崎でしたので 県人会に 殿様が おいでになるとのことで 喜んで 行ったら背広をきて
いて がっかりしたのを いまだに覚えています。母方は 東京です
ので 明治 時代の写真は  たくさんのこっています。

   
Commented by haichigi at 2011-07-30 07:48
明治時代のご家族の写真が沢山残っている、それだけで凄いことだと思います。宮崎のお殿様、、、背広を着ていらしても、ちょんまげのお姿を想像してしまいそうです。
東京で勤務していた頃、徳川さんというおばあさまにお会いしたことがあったのですが、すぐにお姫様の衣装を着た姿を思い浮かべた私です。面長なお顔が、やっぱり違う、なんて勝手なことを思っていました、、、。