ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

花火 3連ちゃん

a0193698_20552591.jpga0193698_20553924.jpg
a0193698_20555942.jpga0193698_20561630.jpg
 15日は、人口減少で来年からは無くなるという、山奥の下北山村の夏祭りの花火。小さな蝋燭でできた光のオブジェも。花火は公園のグランドから上がるため、すぐそばで発射の光景を見ることができた。周りを山に囲まれた場所では爆音は周りの山に反響する。

 16日は家の窓から左手に数発の花火が見えた。そうそう、7時半に始まる隣の地区での花火の後、8時からは我が町内の花火だ。慌てて浜に向かったからカメラは忘れた。灯篭焼きの後、打ち上げが始まる。今年の新作は、色とりどりの火の玉が、海に散らばっていくもの。お風呂で遊ぶ子供の玩具みたい。   
a0193698_20564736.jpga0193698_2057217.jpg
a0193698_2058386.jpg
 そして17日は熊野大花火大会。今年も予定通りに開催された。今年は親戚の90歳のおばあさんの追善花火もあった。熊野の花火は元々は初盆の家の追善花火が主体。今年は特にその追善花火にいい物が多かった。90歳のおばあさんが一番好きだった、「連星」と言う花火は、パラシュートを使うことで、ゆっくりと火の帯が垂れ下がってくるもの。火事の危険から、今では行われなくなっていたこの花火を、家族はおばあさんの追悼のために、特別に復活させたという。ゆっくりとしだれ落ちてくる白い光の帯。迫力はないけれど追悼にふさわしい。
a0193698_2059138.jpg
 小さな子供を亡くした家族は、その子が好きだった「にこちゃん」花火を打ち上げた。スマイルマークに開くその花火は、ドラえもん、イチゴ、傘、スイカ、ミカンなどとともに子供に人気の花火だ。熊野の花火は海の上から打ち上げる。今回はそれを生かして、水面で浮きながらくるくる回るバレリーナのような花火もあった。
a0193698_211556.jpga0193698_2113781.jpg

 最後の鬼が城の仕掛け花火では、月が花火にならんで赤く浮かんでいた。

 今年の花火、程よい風もあって今までで一番だと思った。
 そして花火が終わると、夏もそろそろ終わりである。
[PR]
by haichigi | 2011-08-19 21:39 | 熊野自慢