ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

熊野で過ごした夏休み

a0193698_19403375.jpg
 門司にある鉄道博物館。蒸気機関車はさすがに時代が違うし、マニアではないから、キハ○○系、なんていうのに感慨もない。
 でも、ただ一つ、思い出が湧き上がってくる車両があった。それは寝台特急。
a0193698_19411216.jpga0193698_19435829.jpga0193698_19442636.jpg

 夏休み、熊野に行くために良く乗った寝台車。これこれ。この照明としまわれちゃう2階のベッド。熊野が近づくと椅子になって、朝の景色に田舎の香りがした。あれ、でもこれは窓が開かないみたい。ちょっと年代が違うのかもしれない。記憶の中ではだいたい祖母と一緒で、甘栗を食べさせてもらっている。
a0193698_19415023.jpga0193698_19425134.jpg

 最近実家で見つけた小学6年生の夏休みの日記帳。かなり恥ずかしいけれど、ちょっと紹介。

 7月20日今日から夏休みです。だらだらすごさないように注意しなくっちゃ。まい日かならず日記をつけよう。これは去年のできたから今年もできないはずはないと思います。どく書もしたい、おりょうりもつくりたい 工作もしたい もちろん泳ぎたいし、海や川にもいきたい、自然の中をかけまわりたい ちょっときぼうが多すぎるみたい でもまあとにかく遊びまわるのはかわりないのだから
母はべんきょうをわすれないでよといいました。
はたしてべんきょうが毎日やれるだろうか、私はなまけものだからわかりません
まあとにかくがんばりま~す。

 私は国語が大の苦手で、漢字はいつまでたっても覚えられず、、、。6年生にしては平仮名ばかりの日記。

たかたはすごい山おくです。この前いったときはやぎが道をあるいていました。
たかたにはたぬきもきつねもいます。川にはメダカもハゼもいます。
今日は川でおよぎました。つめたいけどおもしろかったです。
きょうはたかたにとまります。

 この年の夏休みは兄と父と3人でカーフェリーで勝浦に着き、熊野の夏休みを過ごしたようです。まず天満に泊まり、那智で海水浴。羽市木に移り、大泊や新鹿の海、高田の川、オレンジホテルのプールで泳ぐ。尾鷲で釣りをして、松阪や志摩にも行って水族館も見ています。花火ももちろん。そして帰りは名古屋から一人で新幹線で東京に戻ったようです。
 そして中学生になると、熊野よりも夢中になるものができて、夏休みを熊野で過ごすことは無くなりました。
[PR]
by haichigi | 2011-08-21 20:26 | もろもろ | Comments(6)
Commented by yoshirin at 2011-08-22 03:08 x
Bokuさんの夏休みの思い出を一緒に体験させてもらいました。
といっても自分のとはすごく違うんで、小説の中の夏休み
みたいでそれが楽しいです。  
小学生の時の日記もとても面白いですね
だって、ふふ 今のBokuさんと変わらない感じなんですもの  
お祖母さまにとって、すごく可愛い孫娘ちゃんだった事でしょう
Commented by yoko at 2011-08-22 17:25 x
可愛いですね。6年生のbokuさん。(失礼しました)
私も宮城の田舎に行くといえば、当時は特急でした。姉と二人だけで行くようになると一泊目の晩は淋しくて泣いてました。後は真っ黒になって遊んでばかり。どじょうや、つかまえちゃいけない神様トンボ(羽根の黒い)を捕まえたり。ああ、私ももう一度、夏、田舎に遊びに行きたい!
Commented by 321レ at 2011-08-23 00:13 x
先日は一家でお世話になりありがとうございました。ところでブログの寝台車ですが、写真のは電車寝台特急用の581系(通称月光型)のB寝台で、当時非電化であった紀勢線にはなく、急行紀伊の車輌は10系客車ですので窓も開いたし、走行中でも手動でドアもあく代物でした。でも、B寝台は三段で通路に対して垂直に蚕だなベッドが配置されたもので、mobiliさんの記憶にある中央通路の2段ベッドはA寝台です。その当時は、機関車が牽引していて、写真の9600型蒸気機関車ではありませんが、短期間ですが、C58型蒸気機関車が牽引したこともあったように記憶しています。九州鉄道博物館に行ったのも、幼児記憶の奥底に潜在的に眠る”鉄分”のなせるわざでしょう。秋にもし出雲に行かれたら、是非、旧国鉄大社線(廃線)の大社駅駅舎と、一畑電鉄の大社駅に行かれてください!どちらも、ある意味、大正から昭和初期の名(迷)建築ですよ。
Commented by haichigi at 2011-08-24 16:17
yoshirinさん
 都会育ちの孫と、東京大好きの祖母と、いいコンビだったと思います。
Commented by haichigi at 2011-08-24 16:19
yokoさん
 田舎があるって素晴らしいことだった、今、本当に思います。
Commented by haichigi at 2011-08-24 16:25
321レさま
 ご教授ありがとうございます。これはB寝台なのですか、、、。確かに確かA寝台でした。祖母と一緒に下で寝るか、上で一人で寝るか、決めかねた事を覚えています。B寝台っていうのは3段ベットのだと思っていました。
門司港駅もいい建物でしたが、大社駅ぜひ行ってみますね。秋の旅の目的がまた一つできました。楽しみです。
でも決して私「鉄分」大めではないと思うのですが、、、。