ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

誕生日会の思い出

a0193698_19482486.jpg
 東京23区内とは思えない、静かで向こうにビルの見えないお寺。ここは私が12年間電車通学をした駅の裏にある。改札を出ると、もちろんまっすぐ学校に向かったし、通学路の寄り道は禁止だったから、境内に入った思い出は40年位前の1回だけ、誰かの誕生日会だった。その子の家で制服を着替えた私達は、この境内で缶けりをした。長くて細い三つ編みの子が鬼で、缶を守りながら、目を光らせていた。
a0193698_19492260.jpga0193698_19493681.jpg
a0193698_19502776.jpga0193698_19505287.jpga0193698_19511878.jpg
a0193698_19514056.jpga0193698_19515329.jpg
a0193698_1952121.jpga0193698_19523778.jpg
a0193698_19533581.jpga0193698_19535238.jpga0193698_19541196.jpg
a0193698_19543585.jpg
先日その時以来で行ってみたら、こんなに立派なお寺だったことにびっくり。大きな銀杏の木や、古い建物が残り、修復あともきちんとしている でもこれにはびっくり。子供の頃は無かったはず。こんなのがあったら、子供は絶対覚えているはず。
 私はいままで一度も、髪の毛を肩以上に延ばしたことがない。だからその子の三つ編みは憧れだった。その子は中学になって、髪を切った。おかっぱになったその子の髪の厚みがすごかった。あんなに細い三つ編みでもあれだけの髪の毛が必要なんだ、と思い知らされ、その時、私の髪では絶対無理と悟った。そんなことを40年ぶりに訪れた九品仏の境内で思いだした。

[PR]
by haichigi | 2011-09-14 20:31 | 建物 | Comments(4)
Commented by chameko at 2011-09-14 21:56 x
bokuさん
九品仏の 境内はとても懐かしいところです。
孫を 預かっていたとき 尾山台のピアノのお稽古の帰りに
境内で松ぼっくりを ひろって あそんだのでした。 
いまだに家にあります。

私も ショート カットでした。 女学校に入学した時
ひとりだけ三つ編みの方がいらしゃったのですが
すぐカットなさったので誰もいませんでした。
(今考えると 珍しいかもね。)
Commented by haichigi at 2011-09-15 21:08
chamekoさん
 肩にかかる長さになったら、二つに分けて結ぶか、三つ編みにするかという校則だったと思います。その子の三つ編みはたぶん一番長くて、生まれてから一度も切っていない、と言っていたと思います。誰のどんな誕生日会だったかは覚えていないのですが。この境内に入った途端にその子の三つ編み姿が浮かびました。
Commented by yoko at 2011-09-19 07:28 x
尾山台には何度も行った事があるのですが、九品仏にこんなにひっそりとした場所があるなんて知りませんでした。
昔はお誕生日会ってありましたね。缶けりも懐かしい。
私も小学生の頃はいつもショートカットで、母が切ってくれてました。家の庭が美容院。いつも狼カット(ウルフカット?)低学年のころは男の子に間違えられることもしばしば…でした。
Commented by haichigi at 2011-09-24 08:18
yokoさん
私もずっと短い髪でした。母はきっと三つ編みができないのだろう、と思っていましたが、私の髪では伸ばしたら、ぺちゃんこになるだけだから短くしていたのかもしれません。
お誕生会は断片的に記憶に残っているのです。だれのいくつの時のとかはすっかり忘れていますが、どこの庭を駆け回ったか、はわりと覚えています。