ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

団欒の夕べ

a0193698_18145098.jpga0193698_1815937.jpga0193698_18153970.jpg
a0193698_1816331.jpg
 蔵の2階から丸窓の景色に気をとられ、頭をぶつけながら降りて行くと、おくどさんのある食卓に続く。なぜか写真がみなピンボケなので、上から撮ったものでそのおくどさんを紹介。
 この宿での夕食は、もう一組のお客様と代表(こう呼ぶそうである)の女主人と一緒にいただく。料理人は若い女性で、地元の食材を生かして、尚且つ目新しい料理が次々と登場する。
 この大きな食卓も、代表が手に入れた部材の再利用。綺麗にしすぎないセンスある大工さんの手作りだという。
a0193698_18164995.jpg
 次から次に出てくる料理に、代表の気さくなおしゃべり。お酒は飲み放題との事だけど、お酒を飲まない私でも、梅酒1杯で充分に楽しいほろ酔い気分。観光カリスマに選ばれた方、と言うだけに代表の行動力、熱意は凄い。でも正直でかわいらしい方だと思った。
a0193698_18271896.jpga0193698_1827180.jpg
a0193698_18183018.jpga0193698_1819017.jpga0193698_18192840.jpg
a0193698_181951100.jpga0193698_18201174.jpga0193698_18203682.jpg
a0193698_1821627.jpga0193698_18212711.jpga0193698_18215587.jpg
a0193698_18221785.jpga0193698_18223791.jpg
a0193698_1823485.jpga0193698_18232487.jpga0193698_18234480.jpg
a0193698_18241542.jpg 献立と見比べてみると、あれ2品も品数が多い。梅の効いたピザも、エイひれの煮込みも美味しかったから得した気分。大食漢に見えたのかなあ。 デザートは別腹とは言うけれど、さすがにこの夜は仰向けに寝るとお腹がいっぱいすぎて苦しかった。そして、こんなお土産まで。歯ブラシは豚の毛製。
 JRの駅もない不便な街だけれど、だからこそ、世界遺産になってもこんな暖かい触れ合いのできる宿があった。
a0193698_18273848.jpga0193698_1828216.jpga0193698_18282592.jpg

[PR]
by haichigi | 2011-10-05 19:03 | 食物