ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

石垣が守ったもの

 色川の家にもし石垣がなかったら、被害はもっと大きかっただろう。
 土砂は石垣の高さぎりぎりに達していた。
a0193698_21351191.jpga0193698_2136236.jpg
泥にまみれた床板は、ボランティアの力ですべて外されて母屋は基礎が剥きだしの状態。そこで見つけた石の容器は、父も知らなかったもの。
a0193698_214011.jpga0193698_21402282.jpga0193698_21404643.jpg
a0193698_21421360.jpga0193698_21424799.jpga0193698_21435328.jpg
a0193698_21443832.jpg
 納屋の横には、壺が並ぶ部屋があって、
 壺の一つには、梅干しが残っていた。
a0193698_21451551.jpga0193698_21453894.jpga0193698_2146552.jpg
a0193698_21474850.jpga0193698_21481024.jpga0193698_21485468.jpg
a0193698_21493734.jpg
 子供の頃にも数回しか来た事が無い私は、
 見たことが無い農機具を写真に収めて回った。

 父はこの柿を採りたかったようだけれど、
 残念ながら手が届く高さには残っていなかった。

 石垣が守ってくれたもの。残していきたいもの。

[PR]
by haichigi | 2011-12-03 22:13 | 建物 | Comments(2)
Commented at 2011-12-04 02:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haichigi at 2011-12-04 20:22
鍵こめさま
 紀勢線の全線開通で、我が家の裏を通る列車のスピードも、心なしか早くなっているようです。台風の傷跡はまだまだ残るし、被災者の心に残る傷のことを想像すると、今までの熊野に戻るのは、まだまだ先と思います。でもいいお天気の今日はのんびりドライブしてきました。
先日、熊野で地元の物を扱う小さなお店を始めた女性と、群言堂の話をしました。地方を引っ張る指導者、熊野にもそういう女性が必要なのでしょう、、、。松場さんは三重県のご出身だそうで、熊野にも来ていただきたいね、なんて話してきたところでした。諦めの早い私も、そのご講演聞いてみたかったです、、、。