ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

修復記録 2) 標本室から書斎へ

 手術室と小窓でつながっている部屋は、きっと手術準備室だったのだろう。外国製のボイラーがあって、手術室や処置室にパイプでつながっていた。祖父が生きていたころ、この棚にはガラス瓶に入ったホルマリン標本が並んでいた。a0193698_21361099.jpga0193698_2137771.jpg
a0193698_21375059.jpga0193698_21382394.jpg
 ここには外に出る扉と、トイレに繋がる扉があったのだが、今回の修復で2つとも塞いで、漆喰を塗った。a0193698_21412641.jpga0193698_21415474.jpga0193698_21422221.jpg

a0193698_2128582.jpga0193698_2129305.jpga0193698_21295828.jpg
a0193698_21271722.jpga0193698_21341640.jpg
 そして今、ここは私の部屋になって、標本棚にはここから出てきた医療器具と、フックドラグのためのウールの生地が並んでいる。

a0193698_2120242.jpga0193698_2120387.jpga0193698_21205790.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-01-03 22:38 | 古民家修復 | Comments(4)
Commented at 2012-01-05 00:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-01-05 00:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haichigi at 2012-01-05 20:47
鍵コメさま
古い家はどんなに崩れても修復できる、職人さんがいるかぎり。
今回の台風災害でもそんな話がきかれます。
この伝統が復活してほしいものですね。
Commented by haichigi at 2012-01-05 20:51
鍵コメYさま
  今年の紅白はちょっといつもと違ったようですね。
 「絆」が流行り言葉で終わらないように、今年が大切だと思いました。