ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

再始動

a0193698_718681.jpga0193698_7182267.jpg 1年前の丁度この季節、我が家は雑誌の取材に向けて、エントランス部分の修復を行っていた。その時に手つかずだった庭。台風災害などの影響もあって、延びていた造園作業が遂に開始。椿もハナミズキも1年ぶりの作業を見守るように花開く。
 我が家で土の中から発掘された石、崩した石垣に使われていた石、造園屋さんが保管していた手で割った痕の残る古い石。かき集めてまずは曲線の石垣を作成。
a0193698_7201834.jpga0193698_7205327.jpg
若い職人さんの手作業で加工された石は、もっと若い職人さんの操る現代の機械で定位置に移動されていく。すべてを手作業でやっていた時代には、どのくらいの時間が費やされたのだろう、なんて感慨にふける施主の前で、石垣は結構数日でほぼ完成。
a0193698_7211256.jpga0193698_7221765.jpg
a0193698_7234773.jpga0193698_725443.jpg
a0193698_72948.jpga0193698_7294052.jpg
木と糸のガイドを使って、高さや角度、水平を測る。石垣を積もうなどと考えている方は参考にしてください。
実際はそんな時間を持てる方はなかなかいないでしょうが。
椿の花びらも記念に埋没。
a0193698_73011.jpga0193698_7314158.jpg
a0193698_7324046.jpga0193698_73359.jpg
a0193698_7335837.jpg 出来上がった石垣は、下の1段が大きな石で組まれているのがポイント。同じ大きさの石ばかりではつまらない。でも最終的には、下の段はこの線の辺りまで隠れてしまうそうで、今の内にこの風景を堪能しておこう。

 そして作業は遂にあの山と積まれた瓦の再利用へと進む。ご期待下さい。

[PR]
by haichigi | 2012-04-22 08:16 | 古民家修復