ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

現地調達の庭 「えっこんなものも使うの?!」

a0193698_19281371.jpg
 さて、次は庭へのエントランスである。どんな壁、どんな扉と色々悩んだ。瓦を埋め込んだ土壁、薄い石を積み上げる石垣、石の杭の間にフェンスでハンギングバスケット などなど。でも結局初心に戻る。そう、この庭は現地調達の庭、発掘品を活かす庭、JUNK garden。それにぴったりな素材があったじゃない。
 廃屋からこれまた数人がかりで運び出されて、庭の隅から両親の新居の玄関前へと置き場が移動されていたボイラー。両親にはとにかく早く片付けてと催促されていたものの一つ。でも私には宝の素材。勇気を出して、職人さんに提案すると、親方もこの利用法を考えていたとのこと。早速実行してくれる。横の石の柱も発掘品。ここほれわんわん、宝が見つかる便利な庭。
a0193698_19285055.jpga0193698_1929247.jpg
a0193698_19295323.jpg
 とても重いものだけれど、足の幅が狭いからもし倒れたら、ということで何かで支えることに。その素材ももちろん現地調達。門扉のレールをデザインのためのように使って石に固定。レールはおそろしく固い素材でできていたそうで、ドリルの先をいくつもだめにしたとか。もう一方は土に埋もれて錆び錆びになった門扉。あつらえたようにサイズもぴったり。
a0193698_19302898.jpga0193698_19304973.jpg
a0193698_19311279.jpga0193698_19313018.jpg
a0193698_1934464.jpg
 そしてこれからは施主のセンスが問われるグランドカバーの植え付け。近くのホームセンターでちょこちょこ買ってきて、ひそかに試しているけど、そんな規模ではとても追いつかない。がんばらないと。かつらの葉の影にヘタっとなってるグランドカバーはオレガノ。色合いはいいと思うのだけどね。
a0193698_19342353.jpga0193698_19343871.jpg
a0193698_19413326.jpga0193698_19422431.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-05-15 20:07 | 古民家修復