ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

若かりし頃のちっちばあちゃん

a0193698_20213798.jpga0193698_20223018.jpg 徳太郎ひいおじいさんの残したアルバム。そこには妻のみつえひいおばあちゃんの若いころの写真がある。奈良の五條からお嫁に来たひいおばあちゃんは、寂しくてカラスが空を飛んで巣に帰るのを見ながら、涙ぐんでいたとか。確かに写真はまだまだ幼さが残る。


a0193698_20205569.jpg

a0193698_2022286.jpg
 実家に子供を連れて帰った時の写真だろうか。ひいおばあちゃんのお父さんは仙人みたい。後ろの襖絵がなんだか凄いんだけど、、、。

 そしてこの写真。徳太郎さん、日露戦争に軍医として従軍する時に妻の写真を携帯したようですね。愛妻家だったのかなあ。

 みつえさんは息子に先立たれてからも、嫁と娘と3人でここ、熊野の羽市木で過ごした。ひ孫の私達は彼女をちっちばあちゃんと呼んでいた。いつも和服でちょこんと正座した姿は、羽市木の家の守り神みたいだった。カラスが鳴きながら飛んで行く空を見ると、ひ孫は彼女を思い出す。

[PR]
by haichigi | 2012-06-27 20:51 | 人物 | Comments(3)
Commented at 2012-06-28 01:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-06-28 11:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haichigi at 2012-06-29 20:04
鍵コメさま
昨日は遅くなったので、今2つのコメントを一緒に拝見しています。ありがとうございました。私も東京のマンションを買った時は、そこでの老後を思い描き購入したのですが、、、。今はどうしたものか、と悩んでいます。住まなくてもどんどん傷んでくるし、こだわりのベランダは防水処置のためにネズミ色にべったり塗られてしまったし、、、。
コルレオーネ、見てみますね。確か一度何かの本で見かけて、HPを探したことがあったような、、。その時はいつか行ってみようと思ったのですが、同じ三重県でも志摩は結構遠いのです。というか熊野からはどこに行くのも、結構遠いので最近ちょっとこもってます。私にしてはですが。