ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

本格的な熊野古道 その2

 先ほどの熊野古道でも結構満足してたのですが、思わぬことで、また違う熊野古道を歩くことに。2時間予定のコース。杖を借りて、滝尻王子より出発。ちょっと気になるのは、看板に書かれた「しばらく上り坂が続きます」の一言。

a0193698_1975616.jpga0193698_1995881.jpg
そして、今度の古道は足元もほんまもん。なかなか歩きづらくて、かなり急な小道が延々と続く。
a0193698_19105767.jpga0193698_19112063.jpga0193698_19114680.jpg
辿りついたのは胎内くぐり。どうもこの穴の中に道が続いているらしい。看板もあるし、迂回路もなさそうなので、入ってみる。だいたいこういう穴って、中や出口は結構広かったりするはず。ところが、、、。ウソでしょ。出口の穴はさらに狭いし、他に出口はなし。杖、カメラ、眼鏡を穴の外に投げ捨てて、まず頭を出してみると、あれ、足がつかえて出ない、、、。頭に浮かぶ光景はクマのプーさんが蜂蜜を食べ過ぎて、穴から出られなくなった姿。後ろのおじさまに「足、押しましょうか」なんて言われながら、なんとか脱出。さらに投げ捨てた眼鏡をおじさまに拾われて、さらに赤面。
a0193698_19121357.jpga0193698_1913355.jpg
a0193698_19141685.jpga0193698_19144725.jpg
a0193698_19152126.jpga0193698_1916309.jpg
a0193698_1918572.jpga0193698_19182626.jpga0193698_19184636.jpg
a0193698_19203368.jpga0193698_19205935.jpg
 この熊野古道では長い急な上り坂で「クマの鼓動」バクバク、穴に嵌まって「クマのプーさん」。最後はたかはらの熊野神社へ。この社はかなり古いものだと言うが、なんだかかわいい。そして今回の旅の目的地へ。素敵な宿の紹介はまた次回。
a0193698_19212195.jpga0193698_19215729.jpg
a0193698_19224210.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-10-30 19:53 | 熊野自慢 | Comments(2)
Commented at 2013-10-31 22:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haichigi at 2013-10-31 23:31
鍵コメさま
 コメントありがとうございます。宿は全8室の小さなホテル。民宿でもないし、温泉宿でも、観光ホテル、ビジネスホテルでもない、不思議な宿。熊野古道には色々なタイプの道がありますので、私でも歩けるくらいですから、ぜひ行かれて見て下さい。この辺りが大阪からは一番便利な古道のようです。