ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

雲海を見下ろす熊野古道の小さなホテル

a0193698_22324041.jpg その宿はなんとも不思議な宿だった。何というか日本的でない、プロっぽくない。ごちゃごちゃで、古びてて、行き届いてなくて。そして最高にいごこちがいい。
 宿の主人の話によると、県が土地を手に入れて、そこに熊野古道を旅する人の宿を作ることにした。そして公募で選ばれたのが、県の役人さんをその場所に案内していたタクシー運転手。紆余曲折はあったようだが、今はなんとかやっていけているらしい。スペインに暮らし、スペイン料理も学んだという元タクシー運転手の主人が切り盛りする宿は、やはりどこかヨーロッパの田舎の小さな宿を思い出させる。
a0193698_2233164.jpga0193698_2233563.jpga0193698_2234251.jpg
a0193698_2219346.jpga0193698_22195718.jpga0193698_2220204.jpg
a0193698_22204620.jpga0193698_22212656.jpga0193698_22222372.jpg
a0193698_22223769.jpga0193698_22225845.jpga0193698_22231331.jpg

a0193698_2272331.jpga0193698_2274471.jpga0193698_228742.jpg
a0193698_2282980.jpga0193698_2284760.jpg 夕食は全くの和食。ただ豚シャブはイベリコ豚だったけれど。地元の食材を使ったシンプルな家庭料理は、どれもしみじみ美味しい。
a0193698_229496.jpga0193698_2291992.jpga0193698_2293522.jpg
 そしてなんといってもこの宿の一番の売りは、部屋の窓からの景色。秋の朝、眼下に広がる雲海。暗いうちから起き出して、部屋にあったどてらに、着てきたダウンベストを着こんで、部屋のテラスの寝椅子に寝そべる。そして、気がつかないうちに変化して行く霧をずっと見ている。ずっと見てしまうのである。

a0193698_22302867.jpga0193698_22155787.jpg
a0193698_2217532.jpga0193698_22175172.jpg

a0193698_2224546.jpga0193698_22242040.jpg
 朝食も全くの和食。でも食後のコーヒーはテラスでいただける。絶景のテラスもなんだかはちゃめちゃで、手作り感満載。食堂ではランチもやっているそうだが、残念ながらスペイン料理は無いみたい。
 運び湯だけど温泉もあって、結局3回も入ったおかげで、熊野古道歩きで恐れていた筋肉痛になることもなし。
 くせになりそうな宿「霧の郷 たかはら」。こういう宿、私は大好きです。

a0193698_2224543.jpga0193698_2225712.jpg
a0193698_22263716.jpga0193698_22294499.jpg
a0193698_22271273.jpga0193698_2227186.jpga0193698_22292835.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-10-31 23:26 | 熊野自慢