ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

標高330mの宿

a0193698_20474826.jpg 日曜日、秋に一人で滞在して気にいった熊野古道の宿「霧の里 たかはら」に両親を連れて行った。熊野の家を昼過ぎに出ることにしたのは、雪を心配したから。我が家は海に近いから、雪にはならなかったけれど、東京に大雪を降らした天気は、紀伊半島でも山では雪になったに違いないと思ったのだ。宿は中辺路の国道から急な山道で、凍結していたら辿り着けそうにない。
 ところが着いてみると、雪が降った形跡はどこにもない。そこで、3人で宿の周辺を散歩することに。さすがに熊野古道を本格的に歩く気にはならないので、ほんの一部分を歩いて、まず熊野神社に。

a0193698_20483032.jpga0193698_20491082.jpg
a0193698_20593255.jpga0193698_20595062.jpg

a0193698_20492860.jpg この集落は標高330mにあるので、いつも見上げている山山を見下ろす事ができて、まるで登山した気分が味わえる。そして宿の人のお勧めの ポニーのいる喫茶店 へ。昔の旅籠の残る熊野古道は急な坂道。そこを登りきったところにあるその喫茶店からは絶景が見渡せた。
a0193698_2050149.jpga0193698_2051050.jpg
a0193698_20511952.jpga0193698_20524111.jpg
a0193698_2053113.jpga0193698_20532579.jpg
a0193698_2054953.jpga0193698_20543436.jpga0193698_20553036.jpg
a0193698_20554878.jpga0193698_2056486.jpg
a0193698_2048775.jpg ただ一つ残念だったのは、翌朝雲海が無かったこと。空気が乾燥しすぎていたらしい。秋に来た時は宿の窓からずっと霧の変化を楽しめたのだけれど。
 朝食後は帰路につき、昼前には家に到着。24時間でたっぷり旅行気分を味わった両親は、なんだか夢だったみたい、と喜んでくれた。また違う季節に行ってみよう。

[PR]
by haichigi | 2014-02-12 21:56 | 熊野自慢