ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

木の香り

 木彫の教室は先生の本職の英会話教室の駐車場が工房。先生が収集したいろんな木の中から、今回はオリーブをチョイス。
a0193698_20512211.jpga0193698_20513137.jpg
a0193698_20514742.jpga0193698_20515278.jpg
a0193698_20515931.jpg小さなオリーブの枝でスプーンを作る。私が奮闘している間に、先生は残りの部分であっという間に1本作製。120番、240番、400番と磨くとすべすべでピカピカに。裏に残した皮の部分がアクセント。さすが先生。 で、私は今度こそ穴なしのスプーンを。置いた時に先の部分がつかない形にしてみました。
 a0193698_20520705.jpga0193698_20521649.jpg
a0193698_20522309.jpga0193698_20522783.jpg
 木彫を始めて驚いたこと。彫刻刀で木を削っていると、その木の香りがする。今回はオリーブオイルで作られた美味しい料理の匂い。匂いはすぐに消えてしまうけれど、木により全然違う。例えばイチョウは銀杏の臭い匂い。知らなかったなあ。
a0193698_20524017.jpga0193698_20524337.jpg
a0193698_20523660.jpga0193698_20525526.jpg
 家に帰ってから、80、120、240、400番と磨いてオイルを塗る。まだまだ先生とは雲泥の差です。
[PR]
by haichigi | 2014-08-25 22:03 | | Comments(4)
Commented at 2014-08-26 00:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by haichigi at 2014-08-26 09:41
鍵コメさま
 木彫の先生は合気道の修行のために来日し、今では新宮で英会話教室を運営しているアメリカ人男性です。この駐車場の隣では日本人の奥様がcafeをやっていらっしゃるのですが、そこの家具は全部ご主人の手作りです。熊野で出会った素敵なご夫婦です。
高校野球というと祖父を思い出します。甲子園がはじまると、テレビの前でキセルをふかし、観戦していました。病院に患者さんが来ると、看護婦さんが祖父を呼びにくる、そんな感じでした。懐かしい夏の思い出です。
Commented by chameko at 2014-08-30 02:36 x
bokuさんの 先生は すべて すばらしい センスの
方たちで うらやましいです。 木彫 憧れまーす。
Commented by haichigi at 2014-09-02 20:21
chamekoさん
本当に素敵な先生が沢山いて、楽しい余暇を過ごしてます。