ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

東京駅を知ってみよう

 熊野から東京に戻る時、いつも通る東京駅丸の内口。今ここはスポットがあたる場所
a0193698_16540049.jpga0193698_16540636.jpg a0193698_16541002.jpg
a0193698_16541783.jpga0193698_16541963.jpg  東京駅100周年記念行事の一つ。ステーションギャラリーで行われている展示会。これはぜひ行かなくちゃ。新しくなったステーションギャラリーにもまだ行っていないし、今回の修復で見つかったお宝も展示してあるようだし。
 展示会だから撮影はほとんど不可なのだけれど、OKなものも。まずは東京駅と丸の内の模型。大正時代に東京駅が出来た当初の様子、空襲後の修復がなされて使われていた高度成長期のころの様子、そして今回の修復が終わった今の様子。何もなかった丸の内に戦後はビルが出来る。丸ビルや郵便局。でも昭和の時代には銀座や日本橋に近い八重洲口の方がメジャーで、丸の内はぱっとしないオフィス街だと思っていた。それが今はとにかく東京駅と言ったら丸の内口という感じ。
a0193698_16542426.jpga0193698_16542937.jpg

a0193698_16543226.jpg もう一つは今の東京駅内部の通路の模型。地下に向かってどんどん拡張していくことで、この古い東京駅舎を残しながら、沢山の路線の発着駅として機能していることが良く分かる。
 螺旋階段には当時のレンガが残り、鉄骨も見られる。展示品の中にはおしゃれ心のある建築当時の材料もあった。
a0193698_16543845.jpga0193698_16544128.jpga0193698_16544417.jpg
a0193698_16545037.jpga0193698_16545402.jpga0193698_16545876.jpg
a0193698_16550136.jpga0193698_16550443.jpga0193698_16550604.jpga0193698_16550942.jpg
a0193698_16551267.jpg そして駅舎の天井部分の装飾。今回の修復で再現されたここは、ぜひチャックしたいと思ったもの。日本的な十二支の装飾なのにここには8匹しかない。その謎とここにいない残りの4匹の居場所は、、、?その由来はとても面白いので、ぜひ調べてみることをお勧めします。
 それにしても、この網は、、、。しょうがないのかなあ。 

[PR]
by haichigi | 2015-01-14 17:41 | 建物