ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:もろもろ( 29 )

更年期?

a0193698_20464539.jpg 最近、眠いんです。お昼を食べてしばらくすると、テレビを見ながら、うとうとしてしまうんです。元々、早寝早起き、外が明るくなると起きるから、目覚まし時計は持っていません。眠れなくて困ったことは人生で数回だけ。大切な時、恥ずかしい場所で寝こけてしまったことはあっても、寝坊して遅刻したことはありません。授業や会議は即効で眠気が押し寄せ、電車に乗ればすぐうとうと、サッカーやマラソンのテレビ観戦は起きて見続けていることは不可能でした。
a0193698_2047650.jpga0193698_20471823.jpg でも最近の眠気、起きた時からの疲れはちょっと心配。そこで、友人の勧めもあって、スリープクリニックを受診。睡眠時無呼吸症候群は万病のもとらしいので。
 この可愛い羊が目印のこのクリニックでは、睡眠時無呼吸症候群の検査キットを貸し出してくれるので、自宅で一晩モニターすることができます。今度結果を聞きに行く予定です。

a0193698_20472813.jpg  待合室で待つ間、先生が開発したという寝付きにいいフレグランスの説明ビデオを拝見。柑橘系の香りが、目覚めにも寝付きにも効果的とか。これは熊野の町おこしに使えるかも。
 診察室で症状を話すと、睡眠時無呼吸というより、ホルモンバランスの乱れでは、と言われ採血されました。
 そうかこれはもしかして更年期?

[PR]
by haichigi | 2013-06-06 21:07 | もろもろ

Suica 大活躍

a0193698_1975513.jpga0193698_198986.jpg

 ここのところ5週連続して週末に熊野-東京を往復している。東京駅で見かけたSuicaのポスター。Suica好きなら写真を撮らないと。そうか大阪でも名古屋でも使えるわけね。残念ながらJRのすべての駅で使えるということではないから、私が使うのはほとんど東京でになるけれど。熊野市駅にはもちろん自動改札は無いし、コンビニでピピッとやっている人を見たこともないし。
 この機会にSuicaペンギンと、ICOCAカモノハシと、たしかモモンガみたいなのもあったからみんなが描かれたICカードでも出ないのかな。私のSuicaのペンギン君、かなりかすれて消えそうなので。
[PR]
by haichigi | 2013-04-11 19:21 | もろもろ

無くなる前に

 東横線の渋谷駅が無くなると聞いて、慌てて行ってみた。
 東急線エリアで育った人間としては、最近の東急沿線の変化は速すぎて。
a0193698_22145423.jpga0193698_2215738.jpg
a0193698_2215211.jpg 私の渋谷の思い出はなぜか暗い。子供の頃、家族で良く行った東急本店には駐車場からバスがでていた。買い物帰りに暗い駐車場で車が出てくるのを待つ、デパートその物よりもその場面が浮かぶ。
 そして極めつけの暗い記憶はこの駅の前にいた負傷兵。昭和40年代、ここには片足でゲートルを巻いて、ハーモニカでうら悲しい曲を奏でる負傷兵がいた。子供心に強く記憶されたその暗さ、恐ろしさ。
 新しい渋谷の地下駅がいくら明るい駅になっても、あの暗い記憶は消えそうにない。

[PR]
by haichigi | 2013-03-07 22:43 | もろもろ

バブル時代の懐かしの店

a0193698_19591082.jpga0193698_19592739.jpg 青山に残るバブル時代に雑誌に良く載っていた建物、FROM 1st と ヨックモック。当時、私立大学生で女子だったけれど、決してオシャレな女子大生ではなかった私は、どちらの建物も横目に通り過ぎるだけだった。おばさんになったら今ならオシャレじゃ無くても入れるかと思ったヨックモックは、バレンタインデー直前の週末はさすがに満席だった。この青いタイルに囲まれた中庭でのお茶は、おばあさんになるまでお預けかな。
a0193698_19594394.jpga0193698_19595842.jpg 学生時代と言えば卒業試験。1日おきに昼過ぎから1科目の試験が続く毎日。一つ試験が終わると大学からバスに乗って、友人と二人で自由が丘へ。今回、お酒の楽しめるオシャレな大人目指して通ったその懐かしい店が、当時のビルの2階に復活しているのを発見。バブルのあの頃、オシャレな大人の飲むお酒はバーボン。カウンターだけの小さなお店で、どう見ても場違いな私達に、マスターはバターたっぷりのオムレツにケチャップでお絵かきして出してくれた。
 千恵子!今度行ってオムレツがまだあるのか調べてみようね!もちろんワイルドターキーと一緒にね。

[PR]
by haichigi | 2013-02-13 20:41 | もろもろ

週末の過ごし方

 1月の最後の週末は寒い秋田で。朝停めた車に昼にはつらら。
 融雪の駐車場でもこんな状況。
a0193698_20455758.jpga0193698_20461250.jpg
a0193698_20464813.jpga0193698_204735.jpg
a0193698_20485490.jpga0193698_2050270.jpga0193698_2051248.jpg
a0193698_20514010.jpg
 次の週末、熊野ではお祭り。国道を通行止めにして、浜にでて、皆で岩の上から張られた綱を取り替える。司令を出すのは岩の上の人。セーターでは汗ばむほどのぽかぽか陽気。
a0193698_2052148.jpga0193698_20523884.jpga0193698_2052529.jpg
a0193698_20555892.jpg
 その次の週末、東京の青山の根津美術館に国宝の那智の滝の絵を見に。東京は風が冷たい冬。

 ここ数年、週末の過ごし方はこんな感じ。
 日本って広い。
a0193698_2056268.jpga0193698_20565018.jpga0193698_20571477.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-02-12 21:20 | もろもろ

Textile Recipe

 雪が残って寒いのに、上野は人が多い。ツタンカーメン展は終わりまじかのせいか人の長い列。都美術館はそんな事ないだろうと思ったら、甘かった。エルグレコ展もやってるし、それになんともパワフルな集団が。池の坊展。綺麗な着物を着たおばさま達。間違って入りそうになったら、いきなり呼び止められた。
 そしてやっと辿り着いたギャラリーB。ありました。お目当ての展示が。 
a0193698_17313972.jpga0193698_1731533.jpga0193698_17321158.jpg
a0193698_17341348.jpga0193698_17343379.jpga0193698_1735130.jpg
a0193698_17353822.jpga0193698_1735559.jpga0193698_17361311.jpg
a0193698_17364957.jpga0193698_1737668.jpga0193698_17372337.jpg
a0193698_17381413.jpg
 この部屋も沢山の見学者。そしてその中にchamekoさんを発見。ありがとうございます。相変わらずお元気で好奇心旺盛で、目を輝かせながら作家さん達に沢山質問されてました。
a0193698_1739163.jpga0193698_17392687.jpga0193698_17394597.jpg
a0193698_17401897.jpga0193698_17404210.jpga0193698_17405887.jpg
a0193698_17411327.jpga0193698_17412873.jpga0193698_1742270.jpg
a0193698_17424389.jpga0193698_17431687.jpga0193698_17434945.jpg
a0193698_1744544.jpga0193698_17441836.jpg 先生の作品は古いウールの毛布を染めたもの。今の毛布と違って、柄はちゃんと織られたもの。それを活かした作品は、表と裏をちゃんと見せてもOKでした。

[PR]
by haichigi | 2013-01-21 18:01 | もろもろ

お知らせ

a0193698_18515944.jpga0193698_18522429.jpg
a0193698_18523481.jpg
 今週末、上野の都美術館でグループ展。フックドラグの先生の染色作品が展示されます。優しくて暖かいウールの作品だと思います。私もまだ拝見していないのですが。古いウール毛布を使ったものだとか。東京の皆さま、ぜひおいで下さい。(展示会の作品をちょっと見たいかたは下線部をクリック。)

[PR]
by haichigi | 2013-01-15 19:04 | もろもろ

 制服の思い出 

メモリアルなラグ完成。これは校章

a0193698_19392750.jpg 実は細かいところにこだわっている。母校の冬の制服はオーソドックスな紺のセーラー。襟と袖口の縁取り模様は黒の2本ライン。錨マークはエンジの刺繍。ネクタイは小学校の時はエンジで、中高は黒。そう、この校章のバックには制服のモチーフが隠れている。
 私の母校には、女子高の御三家と言われる姉妹校があった。普段はほとんど交流は無いのだが、冬の制服はほとんど同じ。違いは黒のラインの数で、あちらは3本、こちらは2本。夏服はあちらがかわいらしい半そでのセーラー服で、こちらは「ノートルダムのせむし男」と読んでいた不思議なブラウスに微妙な青緑のスカート。全く勝ち目なし。だからせめてラインの数はすっきり2本がベストだよ、と慰めあった。そう都会の一流受験校に対して、郊外の小さな無名校の私達はコンプレックスの塊だった。きっとあちらの方々はラインの数なんて知らないんだろうな。 
a0193698_1933486.jpga0193698_1934478.jpg
a0193698_19385292.jpga0193698_1939943.jpg

 あの頃の制服は、まだオーダーで作る物だった。お下がりをいただくことも多かったけれど、田園調布の専門の仕立屋に仮縫いにも行った。冬服と合服、オーバーとスプリングコート、なんで似てるのに名前が違うのだろうなんて思った。シルクのネクタイもついつい角を裂いてしまったり、しゃぶってしまったり。雨に濡れるとスカートのプリーツは全く消えて、重ーくなって、蒲団の間に挟んで寝押ししたっけ。あの頃は恥ずかしくてかぶらなかった帽子も、今思えば結構おしゃれだったのに。
 数年前に母校の夏服は、遂に姉妹校と同じセーラーになったとか。たぶん苦節40年位。でかした後輩!
[PR]
by haichigi | 2012-09-26 20:53 | もろもろ

お彼岸って

a0193698_8474490.jpga0193698_8475924.jpg
 お彼岸ってどうしてお墓参りするの?プロテスタントの母に聞いてももちろん?良くわからないまま、両親と出かけた。仏事に疎い我が家では始めてのこと。まず母方の先祖のお墓へ、それから父方のお墓へ。
a0193698_8483513.jpga0193698_849205.jpg
a0193698_8514215.jpg a0193698_852756.jpg
a0193698_8524246.jpg
 台風災害から1年がたって、人の住まなくなった父の生家の荒れ具合は、しょうがないとは思いながらもやはり寂しい。庭には茂った草の中に綺麗な花を見つけ、せめて写真に残す。

 とても美味しかったという柿の木にまだ緑の実を見つける。

 周りではまだ重機が入り復興に向けた作業が続いている。一方で被害のなかったところでは、日本の美しい彼岸の風景が。
a0193698_853170.jpga0193698_8531894.jpg
a0193698_8535148.jpga0193698_8542725.jpg
夜は気分を変えて、叔母と従兄夫婦も誘ってイタリアンへ。半年間、熊野で公務員として働いた父の退職が決まり慰労会。83歳の再就職は、慣れない仕事でやはり大変だったようで、あと5日、と笑顔で指折り数える父。御苦労さまでした。来月から両親は東京に戻り、私はまた気ままな一人暮らし再開。
a0193698_8552711.jpga0193698_8555653.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-09-23 09:26 | もろもろ

雪国の皆さまごめんなさい

a0193698_15534986.jpg
 昨夜、遂に遂に私の住む羽市木に雪が積もりました。
 こちらで冬を過ごすようになって、3年。初めて、雲から降ってくる雪を体験しました。仕事帰りにフロントガラスに白い物体が迫ってくる、びっくりしました。今まで、空は晴れているのに、山の方から風に雪が吹き飛ばされてきた事はありました。みぞれもありました。山道ではかなりの積雪も経験しました。でもでもこの家は海のそば。暖かいのです。
a0193698_1554397.jpg
 これを積もったなんて言わないとは思いますが、我が家の多肉植物には、初体験。ついつい記念写真となりました。
 この雪、1時間位は降っていたかもしれませんが、もちろん翌朝には跡形もなく消えていました。そして、今日、熊野は陽がさすとやっぱり暖かです。

[PR]
by haichigi | 2012-02-03 16:03 | もろもろ