ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:生物( 50 )

動物コレクション リス

a0193698_21352237.jpg 地味に続く動物コレクション。このコレクションの面々はおもに東京で私の帰りを待っているやつらです。今回の新入りはリス。
 外国では公園や住宅地でよく見かけるあいつです。熊野にも昔、リス公園というのがあったそうです。沢山のリスが檻の中で飼われていましたが、ある台風で檻が破壊されリスが逃げ出してしまい、その後はリス公園という名前だけが残った場所になっています。その時逃げたリスはほとんどが捕獲されたようですが、もしかしたらどこかで生き延びているのもいるかも知れませんね。熊野ではドライブ中に沢山の野生動物に遭遇しましたが、ウサギやリスにはまだ会えません。警戒心が強いのでしょう。それとも熊野の山は杉や檜が多くて、リスの好きな実のなる木が少ないのでしょうか。

a0193698_21352736.jpga0193698_21353800.jpg

a0193698_21353480.jpg 今年こそは山歩きを始めて、こういう山の小さな動物達にも出会ってみたいと思っています。何しろもう6年も住んでいるのに、熊野古道はまだほとんど歩いたことがないのですから。あっ!もう今年も半分過ぎてしまってますね。これだから痩せられない。

[PR]
by haichigi | 2015-06-05 15:45 | 生物

恋の駆け引き 

a0193698_08324627.jpg ちょっと暖かくなったある日。帰宅してポストを覗くと、視界の端に見慣れないにゃんこを発見。ただの野良ではないようなお顔。そしてその視線の先には我が家の古株の三毛が。二匹のお邪魔をしては、と早々に勝手口から家に入ろうとすると、三毛が駆け寄ってきて私の足に纏わり付く。彼女は時々気まぐれにじゃれてくれるので、階段に腰掛けてしばらく相手をすることにした。すると先ほどのにゃんこは遠巻きに私たちの様子を見つめている。一方の三毛は知らんぷりで私の足下に座り込む。もしかして、これって恋の駆け引きってやつですか。当て馬になった気分で2匹の様子をしばらく眺める。さすがに私の近くまでは来れそうもない相手に、三毛の方がしびれをきらして、私から離れて行くとすかさずちょっと遅れて追跡開始。高貴そうなお顔のにゃんこが雄なのかは確認しませんでしたが、勝手に想像して楽しませていただきました。
a0193698_08325100.jpga0193698_08325513.jpg

a0193698_08330798.jpg 翌朝の庭。
 今度は体重計にはまってくつろぐちょっとメタボなにゃんこ発見。春が近づき、ちまたは恋の季節のようです。

[PR]
by haichigi | 2015-02-14 08:51 | 生物

熱海土産

a0193698_20231515.jpg 前回はアリクイを買ったので、今回もそのシリーズでお土産を探す。沢山の中から一つにしぼれなくて。ありそうでないハリネズミとロバを購入。
 次回はぜひラマとマンボウを手に入れたい。
 動物コレクションのためにも、また来ないとね。
 
a0193698_20232301.jpga0193698_20232699.jpg

a0193698_20233550.jpga0193698_20233157.jpg

[PR]
by haichigi | 2015-02-07 20:36 | 生物

3匹の羊

a0193698_16551869.jpg

a0193698_16550584.jpg未年ということで、我が家の新入りの羊3匹の紹介。羊だるまはほんのり紅をさした日本美羊。こちらはきょとんとした顔が気に入った豆羊。
 そしてラグの新作は羊の湯たんぽカバー。椅子の背もたれに丁度のサイズで、夕方から私を暖めてくれてます。
 こんな羊に囲まれて、今年もぬくぬくとがんばりましょうか。

a0193698_16552553.jpga0193698_16552816.jpg


[PR]
by haichigi | 2015-01-04 17:07 | 生物

動物コレクション カバ

a0193698_19455580.jpg久々の動物コレクション。アフリカ製の黒檀のカバ。
濁った沼に浸って、泥の地面をのそのそ歩くカバは、何となく愚鈍なイメージであまり好きではなかった。それがある画像を見て、カバのイメージが180度変わった。それは澄んだ水の中を目を開けて、颯爽と走るカバの画像。浮力の力を借りたその走りは、まるで飛ぶようだった。
 それから、水面に顔だけ出して、大きな口を開けて歯を見せるあのお決まりのポーズも可愛く思えるようになった。

a0193698_19460875.jpga0193698_19461815.jpg

 うちのカバ君は差し当たって弱い皮膚が乾くことがないように、水面下に半分体を沈めた姿でコレクションに加わった。
[PR]
by haichigi | 2014-10-10 20:11 | 生物

イタリアで出会った生き物たち

a0193698_21063078.jpg イタリア滞在中に出会ったのは個性豊かな猫、色々な種類の鳥、遊び好きな犬、それに農場で飼われている家畜達。一挙公開。
a0193698_21105179.jpga0193698_21092174.jpga0193698_21072320.jpg
a0193698_21090528.jpga0193698_21064332.jpga0193698_11172251.jpg
a0193698_21061660.jpga0193698_21101277.jpg
a0193698_21061164.jpga0193698_21060266.jpga0193698_21100317.jpg
 a0193698_21082050.jpga0193698_21081613.jpga0193698_21075042.jpg
a0193698_21070807.jpga0193698_21070570.jpga0193698_21085089.jpg
a0193698_21062234.jpg  彼はひろこに似ている。高校の頃、学校帰りに会いに行っていたひろこ。友達と勝手につけた名前。ひろこが放し飼いにされた庭は道路よりも一段高くて、私たちが「ひろこ」と呼ぶと、ひろこは金網に顔をこすり寄せてきた。白くて長い毛に覆われたその顔から、時々現れたひろこの目。それは必死にここから出して!と言っているように私たちには見えた。 やあひろこ、また会えたね。
 a0193698_21054155.jpga0193698_21055182.jpg
 で最後はがんばっているヴェネチアのおじさん。
[PR]
by haichigi | 2014-07-01 11:22 | 生物

熊野の花見梯子

a0193698_21295357.jpg 折角の貴重な晴れ間。慌てて花見の梯子。まずは熊野本宮大社の横の大斎原へ。ひろ――い空を感じながら、大きな鳥居を目指す。そこは静かなパワースポット。
 
a0193698_21301088.jpga0193698_21303065.jpg
a0193698_21305211.jpga0193698_21311288.jpg
a0193698_21324145.jpga0193698_21331933.jpg
a0193698_21342100.jpga0193698_21342072.jpg
a0193698_213532.jpga0193698_21353748.jpg
a0193698_2136041.jpg 和歌山県から奈良県を通って、三重県へ。赤木城址に行ってみるとまだちょっと早かったので、和歌山県北山へ。ここは満開。そろそろランチの時間。奈良県十津川村のお気に入りのどろホテルで、ハヤシライスとストロベリーサイダー。他にお客さんがいなかったので、若い店主と古い物を使った町おこしについて語り合う。
 帰りは三重県の神川の廃校へ。一日のドライブで3県の桜を堪能。
a0193698_21535956.jpga0193698_21542260.jpg
a0193698_21545234.jpga0193698_21551013.jpg
a0193698_21554265.jpga0193698_2156068.jpga0193698_21562189.jpg
a0193698_21365789.jpga0193698_21373064.jpg
a0193698_21374753.jpga0193698_2138557.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-04-02 22:03 | 生物

毎年のことですが

a0193698_2053796.jpg a0193698_20533916.jpg
a0193698_20552214.jpg やっぱり今年もこの季節は桜でしょう。まずは東京でのお花見。日曜日は雨になる、との予報に土曜の夜に慌てて千鳥が淵へ。ライトアップ終了直前に夜桜堪能。
 そして日曜の朝。雨の降り出す前にもう一度、傘も持たずに千鳥が淵へ。北の丸公園を抜ける頃には小雨が降り出して小走りに。
a0193698_2056832.jpga0193698_20562317.jpg
a0193698_2057943.jpga0193698_20573490.jpg
a0193698_20584495.jpga0193698_20591046.jpg
a0193698_2101473.jpg 東京での今年の花見はお天気に恵まれず、それにあの雪の影響が残っているよう。
 でもやっぱりこの季節は桜を見ないとね。

[PR]
by haichigi | 2014-04-01 21:16 | 生物

雪が消えても

a0193698_20462136.jpg 東京で過ごす朝。お気に入りの散歩コースは北の丸公園。散歩道は少し手入れされ、立ち入り禁止のロープが張られた場所もできていた。ざっと見た限りでは問題ないようだけれど、、、。
a0193698_20464527.jpga0193698_2046599.jpga0193698_20471639.jpg
a0193698_20474549.jpga0193698_20482429.jpg
a0193698_20484393.jpga0193698_2049129.jpg
 東京に2度目の大雪が積もった週末。東京駅から家に向かうタクシーの中から見た痛々しい桜の姿が気になって、今回はその並木道を歩いてみた。やはりかなりの枝が雪の重みに耐えられなかったよう。今年のお花見はちょっと控えめな桜になるのかも。傷口から病気になりませんように。a0193698_20494218.jpga0193698_2050760.jpg
a0193698_20502595.jpga0193698_20505663.jpga0193698_2056865.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-03-12 21:03 | 生物

玉座

 ある日の夕暮れ。とうげみゅーじあむのシンボルツリーのねむの木に彼はいた。
 毎日向かいの鳥小屋から通ってくる彼。朝、石垣を階段変わりに使って細い枝先に渡り、定位置に落ち着くと、日がなツリーハウスで仲間達を見下ろして過ごすという。
a0193698_20305220.jpga0193698_20315271.jpg
a0193698_20333965.jpga0193698_20335879.jpg
a0193698_2034197.jpg

 赤い冠をいただき、時を告げる彼には王の風格が漂う、、、かな。
[PR]
by haichigi | 2013-09-26 20:46 | 生物