ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:物( 106 )

動物雑貨がたーくさん

 熊野の家から車で那智勝浦を過ぎて、下里へ。そこに新しく可愛い雑貨屋ができたと聞いたので。なんでも美味しいコーヒーも飲めるらしいし。
a0193698_18363756.jpga0193698_18364230.jpg

a0193698_18364886.jpga0193698_18365170.jpg a0193698_18365802.jpg

a0193698_18365519.jpga0193698_18370250.jpga0193698_18370530.jpg

a0193698_18372404.jpg なんだか動物ものが沢山で目移りしてしまう。迷って迷って、ペンギン家族をお持ち帰り。断捨離の年頃なのに、通ってしまいそうです。

[PR]
by haichigi | 2015-01-18 18:52 |

ラグにしてもいいですか?

a0193698_19034510.jpg 
 6歳から12年間を一緒に送った学校の友人達。ずっとご無沙汰していた彼女達に50歳を過ぎてからFacebookのおかげで再会する機会が出来た。昨年末にその中の一人が銀座三越で個展を開いた。そこに訪問した同級生達の様子がFacebookにアップされ、私も25年ぶりに彼女の個展に行った。25年前も場所は確か銀座だった。その時は自分のためと、父の小児科医院の待合室に飾るための2枚を購入した。仕事の同期にも確か一枚買って貰ったはず。
 今回は悩んで何周も回ってからこの1枚を選んだ。我が家のどの部屋でも似合いそうでしょ。
a0193698_19040823.jpga0193698_19044734.jpg 

 熊野に届いたその絵には、裏に素敵なサインとイラスト付き。そして今年のカレンダーも同封されていた。
 彼女の絵はどれもそのままラグに出来そうな構図。ちょっと細かいところを大雑把にすれば可愛いラグに。同級生のよしみでラグにしてもいいかな? 
a0193698_19040163.jpga0193698_19040334.jpg

a0193698_19063980.jpga0193698_19070539.jpga0193698_19050084.jpg

[PR]
by haichigi | 2015-01-13 19:38 |

クリスマスもお正月もウールで

  12月に新宮の茜屋で行われていたとうげミュージアムの先生の作品展。クリスマスということで、トナカイ柄がいっぱい。
a0193698_19202411.jpga0193698_19201832.jpg
a0193698_19201461.jpga0193698_19203528.jpg

そしてお正月あけの定例の展示のテーマはもちろん羊さん。私の作品も混ぜてもらってます。とうげミュージアムで10日まで。
a0193698_19183694.jpga0193698_19173410.jpg
a0193698_19174198.jpga0193698_19182273.jpga0193698_19181135.jpg
a0193698_19174926.jpga0193698_19175845.jpg
 今回の展示会では新しい雰囲気のラグを発見。私が密かにレジェンドと呼び尊敬している大先輩の新作は、輪郭線を使った感じも、ふちの始末の仕方も斬新。このふちはレジェンドのオリジナルだそうで、ラグの芯地の麻をほどいて編んだもの。すごすぎです。

[PR]
by haichigi | 2015-01-09 19:45 |

Problem to Product Exhibition Store

「47都道府県の地域問題から生まれた製品」が渋谷ヒカリエの d47 museum に集結。購入も撮影も出来るということで、一応全部撮影する。各県の問題は結構重複していて、獣害だったり、伝統産業の衰退だったり、知名度の低下だったり。そして品物は食品、木工品が多いよう。
a0193698_21180874.jpga0193698_21181729.jpga0193698_21182329.jpga0193698_21182039.jpg

a0193698_21183504.jpga0193698_21181335.jpga0193698_21182566.jpga0193698_21184162.jpg

a0193698_21183823.jpga0193698_21184726.jpga0193698_21185438.jpg ほとんどのものは購入可能ということで、ぽち袋とのりと缶切りを買ってみる。

a0193698_21185184.jpga0193698_21184408.jpga0193698_21191267.jpga0193698_21190904.jpg

a0193698_21185989.jpga0193698_21185756.jpga0193698_21192491.jpga0193698_21204149.jpg

a0193698_21192198.jpga0193698_21191846.jpga0193698_21191661.jpga0193698_21193098.jpg

a0193698_21194385.jpga0193698_21195692.jpga0193698_21194863.jpga0193698_21195976.jpg

a0193698_21201925.jpga0193698_21202254.jpga0193698_21202545.jpga0193698_21203541.jpg

a0193698_21203127.jpga0193698_21203894.jpga0193698_21211887.jpga0193698_21211636.jpg


a0193698_21205133.jpga0193698_21204490.jpga0193698_21205661.jpga0193698_21205423.jpg

a0193698_21210177.jpga0193698_21205965.jpga0193698_21211334.jpga0193698_21211002.jpg

一応紀伊半島の3県をピックアップ。三重県の問題は林業の衰退、奈良県の問題は間伐材の需要がない、和歌山県の問題は就労支援の不足だという。和歌山県は南方熊楠印のあんぱん。これはcafeを運営して活動を知るきっかけ作りのためとか。というように、museumに入ると、それぞれの県の問題、工夫と解決策、商品の情報の一覧が配布される。来年の2月15日まで開催されているそうで、ヒカリエに行かれたら覗いてみては。日本の問題の一つが見えてくるかも。 
a0193698_21194037.jpga0193698_21193471.jpg

a0193698_21201387.jpga0193698_21200312.jpg

a0193698_21200923.jpga0193698_21200752.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-12-25 22:28 |

私のラグはあくまで敷物

a0193698_20264809.jpga0193698_20271773.jpg
a0193698_20272127.jpga0193698_20265601.jpg
a0193698_20275090.jpga0193698_20272524.jpg
a0193698_20273528.jpg  フックドラグは敷物。床に敷いて、踏んで使うもの。壁に飾るようなラグはまだ作ったことはない。ラグは重いので、飾ろうとするとサイズが限られる。それに壁に飾ると、目線の高さになって細かなところも見えてしまう。床に敷けば粗は目立たない。まだ少し床に余裕があるので、今制作中のもビッグサイズ。
 でもそろそろキチンとした作品に取り組むのもいいのかも。ちゃんと7mmの幅でウールのパスタを切って、下絵を描いて、色もあらかじめ決めて、揃えて。足で踏んだらもったいない、と感じるラグに来年度こそはひとつ挑戦してみますか。
 
a0193698_20274390.jpga0193698_20274686.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-12-01 21:26 |

casentino のウールが尾呂志の風合いに

 春のイタリア旅行で見つけたウール生地。訪れた工場で見たのは、イタリアらしい鮮やかな色の数々。オレンジや緑のコートってやっぱり日本人にはちょっと抵抗がある。とうげミュージアムでは白とベージュの生地を購入して、日本人好みの色に染色。そうそう、これなら馴染みがある。(注:とうげミュージアムがあるのは尾呂志という集落)
a0193698_10572815.jpg
生地の風合いを生かして作られた熊さんは、アンティーク風に仕上がっている。
a0193698_10553167.jpg
厚手のウール生地だけれど軽いので、コートなどに仕立てる方も。私はラグを製作中。イタリア旅行の思い出のラグは完成まで、もうしばらく掛かりそうです。
 
[PR]
by haichigi | 2014-11-18 11:19 |

旧西村医院と「革のモノ」展

a0193698_19474289.jpg本日から月曜日まで我が家の玄関にてboot leg さんのおしゃれな革細工の展示会を開催。10時から5時まで、と熊野新聞に一応お知らせは掲載していただいたのですが、最初のお客さまは9時に。午前中はほとんどどなたもいらっしゃらず、暖かい日差しを庭のベンチであびて、まったり。
センス抜群の革の作品はこの玄関に活力を与えてくれます。
a0193698_19482208.jpga0193698_19482516.jpga0193698_19510960.jpg
a0193698_19475691.jpga0193698_19480046.jpg

a0193698_19491476.jpga0193698_19492072.jpga0193698_19494896.jpg

a0193698_19495548.jpga0193698_19495120.jpg今回は使い古しの革達も集合。使えば使うほど味の出てくる革。私がほぼ毎日持ち歩いている鞄もなにげに展示されて。小さな作品の隣には、壊れたふるい時計を使った作品が並びます。 
a0193698_19493422.jpga0193698_19494174.jpg
a0193698_19500139.jpga0193698_19495811.jpg

a0193698_19504293.jpga0193698_20073060.jpg 










絵も素敵なboot leg さんに我が家の見取り図も描いていただき、大満足。明日もお天気はいいようなので、お近くの皆様ぜひおいで下さい。月曜日までやっています。

[PR]
by haichigi | 2014-11-15 20:30 |

銀座でフックドラグ展

 それは本当に偶然。土曜日に友人に勧められてツイッターを始めた。やり方がよくわからなくて、適当に「フックドラグ」という言葉で検索をかける。そこに出てきたつぶやきは、銀座のミキモトホールのフックドラグ展示会に行ってきた、というもの。翌日の日曜日は特に予定もなかったもので、早速銀座へと出かける。
 
a0193698_20195497.jpga0193698_20081501.jpga0193698_20083821.jpg
銀座4丁目のミキモトのビルに入ると、いかにも買い物客ではない、と思われたのかすぐに奥にあるエレベーターに案内されホールへ。この展示会はフックドラグの著書も書かれた小林先生の教室の生徒さんの作品展。写真撮影可とのことで、会場を何度も回っていると、偶然にも小林先生が登場。お話することが出来た。 

 
a0193698_20094331.jpga0193698_20095539.jpga0193698_20101862.jpg 
a0193698_20104807.jpga0193698_20105218.jpga0193698_20174537.jpg
 a0193698_20094535.jpga0193698_20095995.jpga0193698_20103609.jpg 
a0193698_20103180.jpga0193698_20104013.jpga0193698_20105566.jpg 
a0193698_20111641.jpga0193698_20113918.jpga0193698_20114765.jpg 
a0193698_20114350.jpga0193698_20122604.jpga0193698_20175149.jpga0193698_20180108.jpga0193698_20193863.jpga0193698_20194583.jpg
a0193698_20180770.jpga0193698_20180410.jpg 細かい所をチャックしてみたり、生徒さんと素材探しの苦労話をしたり。何しろフックドラグをやっている教室はほとんどないので、違う教室の方とお会いするのは始めて。先日有名女優さんがフックドラグが趣味、とテレビで発言されたようで、もしかしたらマイナーなフックドラグがそろそろ日本でブレークするかも。


a0193698_20195851.jpga0193698_20200929.jpga0193698_20200485.jpg

 久しぶりの銀座。三越のライオンはおめかし?しているし、歩行者天国には大道芸人がいるし、松坂屋は跡形もなくなっている。不思議な偶然で数年ぶりに銀ぶらができた。もしかして、いまどき銀ぶらなんて言いませんか。
[PR]
by haichigi | 2014-11-11 21:28 |

懐かしいブラケットを使って

a0193698_19194599.jpg
寒くなって、ウールを使った手芸の季節が到来。今年はポーチ。子供の頃から使っていたブラケットを使って。ジッパーの留めはイタリアで買ってきたcasentino のカラフルなウール生地、中はスペインのアンティークリネンで。
 a0193698_19195240.jpga0193698_19195432.jpg
 a0193698_19201129.jpga0193698_19201803.jpg
a0193698_19203879.jpga0193698_19204269.jpg
a0193698_19204992.jpga0193698_19205294.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-10-18 19:35 |

木の香り

 木彫の教室は先生の本職の英会話教室の駐車場が工房。先生が収集したいろんな木の中から、今回はオリーブをチョイス。
a0193698_20512211.jpga0193698_20513137.jpg
a0193698_20514742.jpga0193698_20515278.jpg
a0193698_20515931.jpg小さなオリーブの枝でスプーンを作る。私が奮闘している間に、先生は残りの部分であっという間に1本作製。120番、240番、400番と磨くとすべすべでピカピカに。裏に残した皮の部分がアクセント。さすが先生。 で、私は今度こそ穴なしのスプーンを。置いた時に先の部分がつかない形にしてみました。
 a0193698_20520705.jpga0193698_20521649.jpg
a0193698_20522309.jpga0193698_20522783.jpg
 木彫を始めて驚いたこと。彫刻刀で木を削っていると、その木の香りがする。今回はオリーブオイルで作られた美味しい料理の匂い。匂いはすぐに消えてしまうけれど、木により全然違う。例えばイチョウは銀杏の臭い匂い。知らなかったなあ。
a0193698_20524017.jpga0193698_20524337.jpg
a0193698_20523660.jpga0193698_20525526.jpg
 家に帰ってから、80、120、240、400番と磨いてオイルを塗る。まだまだ先生とは雲泥の差です。
[PR]
by haichigi | 2014-08-25 22:03 |