ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:建物( 95 )

銀座線

 東京には沢山の地下鉄がある。中でも私のお気に入りは銀座線。古物好きですから。 渋谷から青山、新橋、銀座、日本橋、上野、浅草という経路は便利だし、駅の間隔が短くて浅い所を走っているのも、時代を感じる。新しくできた地下鉄はどんどん深い所を走るようになっているので、ちょっと怖い。 渋谷のヒカリエにある伊勢茶のお店で、超リッチなかき氷を食べながら、すっかり壊された東急の渋谷駅とレトロな銀座線の車両をみて、浅草に行こう、と思い立つ。
a0193698_07434922.jpga0193698_07444187.jpg
a0193698_07441671.jpga0193698_07444953.jpg このかき氷、表面だけでも結構リッチなのに、中には水ようかんが埋まっている。お店の人に、一人で食べるには、ボリュームが凄かったでしょ、と言われたけれど所詮氷ですから。
a0193698_07451092.jpga0193698_07451339.jpg 私が住んでいた頃の浅草は、日曜日だって人はあまり歩いていなかった。浅草寺には沢山の屋台が毎週末に出ていたけれど。でも今は違う。スカイツリー効果なのか、円安効果なのか、観光客で仲見世は歩くのも大変。
a0193698_07451775.jpga0193698_07452998.jpg 花やしき遊園地からも、絶叫が聞こえる。あの辺り、すんごい寂れていたのに。あの頃から怪しげだった浅草温泉は、ますますパワーアップ。蔦かと思ったら、ブドウ?
a0193698_07453490.jpga0193698_07453850.jpg
a0193698_07454619.jpga0193698_07455569.jpg 六区のあたりには相変わらず、煮込みのお店が並んでいるけれど、どのお店も観光客で満席。あの頃は朝から酔っぱらいのおじさん達がうろつく通りだったと記憶していたのだけど。怪しいのはこの巨人ぐらいかな。
 帰りがけに昔住んでいた墨田公園沿いのマンションを見に行く。墨田川の花火も、墨田公園の桜も部屋のベランダから見たっけ。大家さんはブランド品の安売り店をやっていた。建物はあったけれど、お店は店舗募集の張り紙が出ていた。そう、あっという間にあれから20年もたってしまった。
[PR]
by haichigi | 2014-07-13 09:11 | 建物 | Comments(0)

起雲閣

a0193698_22294301.jpg 熱海の起雲閣は大正8年に別荘として作られ、昭和22年からは旅館として使われていた。私でも知っている数々の文豪が滞在した宿。洋館部分は昭和7年に建てられたという。今はサロンやギャラリーとして一般に貸し出しされている。 熱海での女子会で友人達と洋館を見学。このタイルの床が私の一押し。
a0193698_22294977.jpga0193698_22260482.jpga0193698_22265415.jpg
a0193698_22270219.jpga0193698_22270912.jpga0193698_22271507.jpg
a0193698_22274577.jpga0193698_22274243.jpga0193698_22290691.jpg
a0193698_22281768.jpga0193698_22282010.jpga0193698_22282690.jpg
a0193698_22263426.jpga0193698_17570683.jpg ローマ風浴室では平たい顔族ごっこでおばさん4人、盛り上がりました。

[PR]
by haichigi | 2014-07-03 18:24 | 建物 | Comments(0)

とらのもん

a0193698_19394349.jpg
 虎ノ門ヒルズ。東京に戻るたびに前を通って、できていくのを見ていたビル。平日の午前中、ランチタイムまでの間に潜入。とってもおしゃれな空間に、ドキドキ、うろうろ。落ち着かない。
a0193698_19364498.jpga0193698_19313674.jpga0193698_1932074.jpg

a0193698_19343441.jpga0193698_19302932.jpga0193698_1930511.jpg
a0193698_19274410.jpga0193698_19271410.jpga0193698_19144899.jpg
a0193698_19261991.jpga0193698_19254616.jpga0193698_19251925.jpg
a0193698_19233467.jpga0193698_19222669.jpg この建物にはラウンジと言うようなスペースが色んなところにある。おしゃれなそのスペースにただで座っていいものか、落ち着かなくて、あっちの椅子、こっちのソファーと座り歩く。トイレの案内表示の写真を撮っている人がいたので、私も。 
a0193698_19203883.jpga0193698_1919757.jpga0193698_19135744.jpg
a0193698_19164643.jpg 本当はランチもここで食べるつもりだったのだけど、ランチタイムになると沢山のお客さんが集まってきて、、、。並んでまで食べたい、というお店もなかったので外へ。でも外のお店も長蛇の列。

a0193698_19123615.jpg 路地裏に見つけたのは、若い頃によく出前を取ったお店。その頃は焼き鳥丼があったのだけど、うなぎと天丼だけになっていたので、かき揚げ天丼を注文。すっかり変わったように見えた愛宕下界隈。昔の店が一つでも見つかってよかった!

[PR]
by haichigi | 2014-06-26 20:28 | 建物 | Comments(2)

熱海では、ブルーノタウト とスコットと

a0193698_16545260.jpg 熱海のホテルで自分に買ったお土産は、なぜかアリクイ。実は小学生のころ、一時期アリクイにはまってまして。でもアリクイの人形なんて、滅多にないのでなつかしくてついつい。
学生時代の友人とのお泊まり女子会。今回は熱海。そのために熊野から参加した私の為に、友人達は古い建物見学に皆がつきあってくれた。もちろん腹ごしらえはスコット。定番のコキールにクリームコロッケにハンバーグをみんなでシェアーする。パンがバターロールというところも嬉しいね。
a0193698_1653137.jpga0193698_1652334.jpga0193698_16501616.jpg
a0193698_16505839.jpga0193698_16494363.jpga0193698_16485994.jpg
a0193698_16475062.jpg 1ヶ月前に予約しないと行けない旧日高別邸も、友人がだめもとで電話してくれて、見学できた。重要文化財の旧日高別邸は、ブルーノタウトが設計した日本に残る唯一の建物。残念ながら内部の撮影は不可。海を臨む絶壁に建てられ、タウトの設計した3つの部屋をガイドの案内付きで見学した。たくさんのこだわりを聞きながらの見学は、建物好きでない友人達にも十分楽しめたようだ。
a0193698_1646591.jpga0193698_16451792.jpg
熱海の街は、バブルの残像なのか廃墟や空き地もあるけれど、昭和の温泉街には町中には面白いスポットも。 a0193698_1644357.jpga0193698_1642446.jpga0193698_16413644.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-06-24 17:34 | 建物 | Comments(0)

父の子供の頃は

a0193698_19413344.jpg 
 那智の滝の青岸渡寺に両親と法事へ。
 何度きてもやっぱり那智の滝は凄い。
a0193698_19415136.jpga0193698_19424018.jpg
a0193698_19433198.jpga0193698_19434542.jpg
a0193698_194487.jpga0193698_19442054.jpga0193698_19443342.jpg
a0193698_19444971.jpg 火鉢に当たりながら、本堂の中を観察。父は懐かしい名前を見付ける。父が子供のころ、ここは長い休みで中学から自宅に帰る時の通り道。思い出がいっぱい。当時の住職の書いた文、代用教員の先生の描いた絵。そしてこのお寺の床下は走り回った遊び場だったという。
a0193698_19452561.jpga0193698_194688.jpg
a0193698_19465371.jpga0193698_19471244.jpg
a0193698_19473397.jpg お寺の横の古い石段は、父が家へと歩いた道。地図を見ると父の家まではかなりの距離。さわりだけでも、と二人でちょっと歩いてみる。でも、マムシが出る、との看板にあわてて引き返す。
a0193698_19475555.jpga0193698_19481314.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-02-26 20:25 | 建物 | Comments(2)

持つべきものはやっぱり友

 雪もかなり溶けた日曜日。今回の一番の目的の建物へ。そこは地下鉄の駅のすぐ横にあるのに、迷ってしまう不思議な場所。看板は見つけられず、この佇まいでもしかしたら、と恐る恐る扉を開ける。まず聞いたのは、写真を撮ってもいいか?と言うこと。それから予約の名前を告げる。
a0193698_20461649.jpga0193698_2046392.jpg
a0193698_20485891.jpga0193698_20491470.jpga0193698_20493326.jpg
a0193698_2050337.jpga0193698_20502374.jpga0193698_20535986.jpg
a0193698_20542394.jpg こちらで座ってお待ち下さい、と通された部屋は嘗ての応接間。少し早めに着いたのは、もちろん建物をゆっくり見たかったから。座ってなんていられない。
 ステンドグラスは小川三知。床板は当時のオリジナル。絨毯も壁のレリーフもいいなあ。
 
 そう、この邸宅は昭和2年に建てられた小笠原伯爵邸。今は予約制のスペイン料理店となっている。今回は小学校からの友人との会食。その友人のお父様がごちそうして下さる、と言うので、私の建物好きを知る彼女が予約を入れてくれた。持つべきものは、優しいお父様を持つ友人。彼女も地下鉄を降りてから迷ったらしく、予約時間を少し過ぎてから到着。そんなの全然構わない。だって沢山写真が撮れたもの。
a0193698_2057235.jpga0193698_20574681.jpga0193698_2124757.jpg
a0193698_20584563.jpga0193698_2059418.jpg
a0193698_2114837.jpga0193698_212144.jpg
a0193698_2153589.jpg 隣の部屋はメインダイニング。このテーブルは唯一のオリジナルの家具らしい。天板の直しがちょっと気になる。
a0193698_2161672.jpga0193698_216484.jpga0193698_217911.jpg
 次はシガールーム。ここは完全にイスラム風。
a0193698_2185956.jpga0193698_2193699.jpg
a0193698_21141569.jpga0193698_21104852.jpga0193698_2111946.jpg
a0193698_21113397.jpga0193698_2111522.jpg
折角だからトイレもチェック。a0193698_21122480.jpga0193698_2113284.jpg
a0193698_21161617.jpga0193698_21163130.jpga0193698_211650100.jpg
a0193698_21171191.jpga0193698_21172632.jpga0193698_21174682.jpg
a0193698_211841.jpga0193698_21181937.jpg お料理はどれもオシャレでなかなかのお味。他のお客さんが皆帰る頃まで粘って、テラス席やお庭の写真も撮る。雪が無ければ庭にも出れたのだけれど。

a0193698_21143079.jpga0193698_2114509.jpg
a0193698_2115202.jpga0193698_21153434.jpg
a0193698_21194458.jpg ランチにまた来ますとお店の人には言ったのだけれど、なかなか行けそうに無いので、翌日明るい時間に外から写真だけを撮りに行ってみる。
 有名なタイルで飾られた外壁がなかなか見つけられなくて、建物の周りをうろうろ。かなり怪しい。そして庭の中まで入ったところで、発見。やったね。
 若松河田の駅裏に高い塀で囲まれて、看板も見当たらない。修復された洋館でいただく不思議な高級スペイン料理店、堪能しました。

a0193698_2120039.jpga0193698_21201661.jpga0193698_21211499.jpg
a0193698_21231478.jpga0193698_2123427.jpg
a0193698_21235964.jpga0193698_21243893.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-02-20 22:44 | 建物 | Comments(2)

平日の8時なので

a0193698_2162568.jpg 2週続いて雪に翻弄された週末。やっと辿り着いた東京で色々な予定がすべて変更になって、ぽかっと空いた月曜日の朝。近くて遠いスカイツリーへ。さすがに雪の残る平日の8時過ぎ、強風で止まるかもと言われながら、高速のエレベーターへ乗りこむ人は少ない。
 展望台には様々な仕掛けがあった。見なれた東京。昔住んでいた部屋が見える。働いていた建物が見える。そして、かすかに富士山も見える。

 地上に戻ると、そらまちの商店街は開店前。買い物は次の機会に。
a0193698_218463.jpga0193698_2185927.jpga0193698_2195568.jpg
a0193698_21102353.jpga0193698_21104218.jpga0193698_21111225.jpg
a0193698_21114579.jpga0193698_21122486.jpg
a0193698_21131955.jpga0193698_2113394.jpg
a0193698_21155257.jpga0193698_21161776.jpg
a0193698_2117441.jpga0193698_21183175.jpg
a0193698_21191622.jpga0193698_212058.jpga0193698_21213714.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-02-18 21:53 | 建物 | Comments(0)

本屋で過ごす半日

a0193698_20393619.jpg

a0193698_20413072.jpg 東京に住んでいた頃に欲しかったもの、それは平日の休み。どこに行っても人だらけの東京では、休日に出かけるのは、とにかく人が少なそうな場所に限られた。今回東京で過ごす日曜日と月曜日。前から行きたかったこの本屋には、月曜日の午前中に。噂では休日は人人人ということなので。7時開店というので、早朝に着いてまずスタバで朝食。結構人がいる。複雑な作りの店内を捜索開始。ここなら1日いても飽きなさそう。
a0193698_20515375.jpga0193698_2042427.jpga0193698_20425720.jpg
 昼食は本屋の前のイタリアンでトレビスとタレッジョと胡桃のリゾット。午後からの仕事に間に合うぎりぎりの時間まで粘って、本3冊となぜかペンキ2つを購入。a0193698_20434217.jpga0193698_20462776.jpg
a0193698_20465261.jpg 実は蔦屋書店は熊野関係の本が充実している。代官山のとってもオシャレな建物の、オシャレな本棚1つにまるまる熊野の本が並んでいると、やっぱりうれしい。熊野出身の旅コンシェルジュがいるためではあるけれど、あまり売れないと縮小されちゃうかも。東京の皆さん、買ってやって下さい。熊野の地名の謎やら熊野出身の有名人名簿やら、かなりローカルな本まで揃ってます。

[PR]
by haichigi | 2014-01-30 21:25 | 建物 | Comments(0)

雪の京都でも建物探訪 一番気になったのは。

a0193698_20101255.jpga0193698_20105038.jpg
a0193698_20245589.jpga0193698_2025206.jpga0193698_20254268.jpg
a0193698_2026849.jpg 京都に行く時も建物ガイドで予習。でも行く予定だった場所が冬期は公開していないと知ったのは、その場所を探して道に迷っていた時。ちょっとショックでそのまま適当に散策。
a0193698_20122636.jpga0193698_20131922.jpga0193698_20134685.jpg
a0193698_20141317.jpga0193698_2014357.jpga0193698_2015767.jpg
a0193698_20153981.jpga0193698_20162813.jpga0193698_20165536.jpg
a0193698_201811.jpga0193698_20182855.jpga0193698_20191616.jpg
a0193698_20202798.jpga0193698_20204519.jpg
a0193698_2021345.jpga0193698_2034630.jpg
a0193698_20215675.jpga0193698_20223757.jpg 一番気になったのはこの大丸ヴィラ。かなり傷んでいるよう。後で調べると数年前までは入れたようだし、最近でもバラの季節には咲き乱れていたらしい。今は高い塀から覗くのが精一杯。どうぞ修復されて残りますように。
a0193698_20232285.jpga0193698_20234056.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-01-23 20:42 | 建物 | Comments(2)

冬の日本庭園

 琵琶湖疏水を取り入れ、東山を借景に有名な造園家が作った庭。寒い雪の冬でもさすが。
a0193698_18544818.jpga0193698_18571936.jpg
a0193698_18591967.jpga0193698_18595616.jpg
a0193698_1911065.jpga0193698_1915421.jpg
a0193698_1934477.jpga0193698_1942163.jpg
a0193698_1953926.jpga0193698_1961135.jpg
a0193698_19836100.jpga0193698_19101912.jpg
a0193698_19133047.jpg 池に滝にと美しく整えられた日本庭園。庭が最高に美しくなる季節にまた来てみたい。
 まあ苔好きの私は、雪にも寒さにも負けずにがんばる苔を見れたことで、結構満足ですが。粘菌もいい感じ。

[PR]
by haichigi | 2014-01-22 19:34 | 建物 | Comments(0)