ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:旅行( 66 )

ミラノ万博にも

a0193698_18083742.jpga0193698_18123135.jpg折角この時期にミラノにいるのだから、と万博へ。万博に行くのは大阪万博以来。あの時は長蛇の列のアメリカ館などは避けて、イラン館、イラク館に行ったっけ。今回の万博はどんな感じなのだろう。週末に行ったのだが、やっぱりイタリア。それなりの混み具合。
 今回の万博のテーマは食。 

a0193698_18085912.jpga0193698_18090701.jpga0193698_18092327.jpg

a0193698_18093730.jpga0193698_18095068.jpga0193698_18095571.jpg

a0193698_18100792.jpg 食に対するテーマは本当に国それぞれで、面白い。一番おしゃれだったのはやっぱりフランス。沢山の野菜やハーブの畑の道を歩いて、建物の中に入ると、またまたスタイリッシュに食品が飾られていた。
 きっちり勉強させられた展示はイスラエル。イスラエルの農作物はヨーロッパに沢山輸出されているようで、建物のなかでは手のこんだ動画を見終わらないと、次に進めない。
 力が入っているの?と思ったのはアメリカ。確かに食というと、、、。 

a0193698_18103880.jpga0193698_18104501.jpga0193698_18104944.jpg

a0193698_18105211.jpga0193698_18110593.jpga0193698_18111390.jpg

a0193698_18112870.jpga0193698_18113723.jpg

a0193698_18114601.jpg 日本館はどうだったか、というと入りませんでした。入り口の女性が建物に入るまで40分並んで、中を見るのに50分くらいかかる、と言われたもので。そう言う情報を与えているのは日本館だけ。らしいでしょ。
ミラノ万博、それぞれの国の個性が感じられて楽しい。
色々な国の食について学んだところで、未来のCOOPへ。広い店内ではロボット君が働いてました。 

[PR]
by haichigi | 2015-07-12 18:47 | 旅行

Petersham nurseries

a0193698_21290842.jpg ロンドンに着いた初日は、鉄道を乗り継いで、郊外のガーデニングショーへ。憧れのイングリッシュガーデンの本場で、ガーデニングショーに行けるなんて、なんてラッキー。欲しいものは沢山あったけれど、さすがにガーデニンググッズをロンドンから買って帰るのは大変、と理性がなんとか働いて、見学と写真撮影で我慢我慢。

a0193698_21283957.jpga0193698_21285697.jpg
 
a0193698_21292269.jpg そしてさらに幸運は続き、翌日はそのナーサリーを訪問することに。実は私の滞在したホテルから歩いていける距離にあるそのナーサリーは、お茶も出来る素敵な場所。どれもこれも欲しくなってしまう抜群のセンスで、飾られているものがすべて売り物、と聞いて買いたい、買いたい、の欲求を抑えるのが大変。せめてと種を購入。珍しい野菜やハーブの種は熊野の野菜作り名人の友人へのお土産。
 今回のロンドン行きは小学校からの友人に会うため。フェイスブックで繋がって、30年近くぶりの再会となった。その彼女が今、ここでバイトをしている。クリスマスの時期にリースを作るバイト。予算を気にしないで、自分のセンスで作っていい、というなんとも羨ましいバイト。ここはロンドン郊外、リッチモンドの近くで、高くてもいいものなら買い手がいるらしい。

a0193698_21293815.jpga0193698_21294605.jpga0193698_21294147.jpg

a0193698_21295038.jpga0193698_21295839.jpga0193698_21300577.jpg

a0193698_21303537.jpga0193698_21305091.jpg 
a0193698_21311291.jpga0193698_21313556.jpg

a0193698_21312165.jpg ガーデニングショーでもここのアレンジは一番素敵だったけれど、実際のお店の中はもっと素敵で。こんな園芸店が日本にもあったら、、、、。さりげなさが最高。お茶をするテーブルも錆びたガーデンテーブルで、ガタガタだけどかっこいい。 

a0193698_21321281.jpga0193698_21320037.jpg 
a0193698_21315797.jpga0193698_21315484.jpg
a0193698_22092552.jpg
実はどうしても我慢できなくて、ガーデニングショーから買って帰ったものがある。アンティークのガーデンツールとフラワーベース。熊野に戻って、庭の花で早速アレンジ。気分はpetersham。


[PR]
by haichigi | 2015-07-11 22:23 | 旅行

シベリウスの家

a0193698_20291704.jpg フィンランドと言ったら、シベリウス。なんにも知らない私は友人に旅行前に借りたシベリウスのCDを車のなかで聞いてみた。友人が最初の1曲が一番有名だよ、と教えてくれたのだけれど、それも知らなかった。そして何回聞いてみても記憶に残らない、、、。でも行きましょう。シベリウスの家に。静かな林の中の小さな家。庭には色々な花々が咲いていた。でも残念ながら内部は撮影禁止。

a0193698_20293726.jpga0193698_20294395.jpg

a0193698_20301133.jpga0193698_20304363.jpg

a0193698_20305103.jpga0193698_20311656.jpg

a0193698_20310291.jpga0193698_20314019.jpg 

やっぱりあります。サウナ。 a0193698_20312774.jpga0193698_20313595.jpga0193698_20313185.jpg 
 a0193698_20314335.jpg
 晩年、病気に悩まされたシベリウスは、家のなかで家族にも静寂を要求したという。そして今、この自然に囲まれた家の庭に静かに眠っている。 でもでも、ここはフィンランドの観光地の一つ。次から次に観光バスがお客を運んでたから、静か、とはいかないのかも。 
 あっ、申し遅れました。今回の旅行はフィンランド経由でミラノへ行って、帰りはロンドン経由。そしていつもより文化的な旅でした。

[PR]
by haichigi | 2015-07-09 21:01 | 旅行

ついにあの名画を鑑賞

a0193698_09290558.jpg
 今回の旅行では語学堪能な友人が一緒に行ってくれたおかげで、いつもの一人旅ではとても出来なかった経験が可能になった。スカラ座でのオペラ鑑賞のチケット購入も、ここでの名画鑑賞の予約も彼女がネットでやってくれた。本当に感謝!
 予約時間までの間は、教会の中で過ごす。イタリアの教会にしてはあっさりとした天井がいい。

a0193698_09303109.jpga0193698_09302744.jpg

a0193698_09293438.jpg 残念ながら本物は撮影不可なので、回廊にあったレプリカを撮影してから、最後の晩餐のある部屋へ。15分間だったけれど、すばらしい時間を持つことが出来た。修復前にも見に来たことがあるという友人は、以前はもっと暗い感じだったとのことだが、今の最後の晩餐は明るくて美しい。レオナルドダビンチはやっぱり凄い。絵のことなんて何も判らない私でも、いつまででも見ていたいと思った。とにかくここでも大満足。

[PR]
by haichigi | 2015-07-07 10:32 | 旅行

柄になく

  ちょっと早めの夏休みを取って、いままで避けてきたミラノに。田舎好きの私は、大都会ミラノは何となく恐ろしくて。でも今回は都会でいつもと違う旅を。
 そうなんです。スカラ座でオペラ「カルメン」を鑑賞。オペラ鑑賞はパリのオペラ座でみたトゥーランドット以来。その時は事前にDVDをみて予習して臨んだのですが、今回は全く知識なし。
a0193698_22304479.jpga0193698_22312611.jpg
 なんでそんなことをしたのかというと、ただこの建物を体験してみたかったから。写真撮影はフリーのようで、みなさん結構フラッシュまで使って撮っているのにびっくり。
a0193698_2233440.jpga0193698_2232366.jpg

a0193698_2234588.jpga0193698_22342392.jpga0193698_22355260.jpg
a0193698_22352689.jpg
  いつものように途中数回睡魔に負けてしまったけれど、知っている曲もあって、この雰囲気にも大満足。いい経験できました。たまには柄にないことするのもいいもんです。

[PR]
by haichigi | 2015-07-02 23:06 | 旅行

海を見る宿で

a0193698_19453239.jpg a0193698_19453968.jpg
a0193698_19453605.jpg
 熱海の海を見る。絶好の天気。冬の澄んだ空気のおかげで、部屋から初島だけでなくて、大島も見える。時々怪しげな雲が現れはしたけれど、そこは普段の行いがすばらしいもので。
 翌朝はがんばって早起きして、真っ赤な日の出を手に入れる。

a0193698_19454313.jpga0193698_19455640.jpg
a0193698_19460084.jpga0193698_19460454.jpg
a0193698_19460857.jpga0193698_19462243.jpg
a0193698_19461413.jpg 朝食を済ませてから、プールサイドに寝転がって海を見る。プールの水面と海がまるで繋がっているよう。それは設計者の意図したところだそうだけれど。そう聞いても素直に感動。
 2度目の伊豆山。また違った季節に行きたい。 

a0193698_19463575.jpga0193698_19464315.jpg

a0193698_19463983.jpga0193698_19464757.jpg

a0193698_19470003.jpga0193698_19471474.jpg

[PR]
by haichigi | 2015-02-06 20:37 | 旅行

おしゃれな大阪

a0193698_20392172.jpg 紀伊半島の西側を行って、大阪へ。今回の目的地は最近新しい建物が出来ているあたり。とにかく大阪については土地勘がゼロなので、そこがなんと言う場所なのか定かではない。だって、梅田駅と大阪駅とか、天王寺と阿倍野とか違うんだか、同じなんだか。きたとみなみとか言われるとさらにこんがらがってしまう。
 今回の宿はおしゃれな大阪の高層ビルにあるおしゃれなホテル。最近よくある商業施設とホテルが繋がっていて、ホテルは上の方の階にあるタイプ。エレベーターを降りてロビーに着くと、そこにはアート作品が並ぶ。

a0193698_20394974.jpga0193698_20395316.jpg

a0193698_20400937.jpga0193698_20401290.jpg

a0193698_20401948.jpga0193698_20403585.jpg

 これもきっと現代アートなんだろうけれど、飴細工に見える。 
 a0193698_20403829.jpga0193698_20404278.jpga0193698_20404941.jpg

a0193698_20405456.jpga0193698_20405761.jpga0193698_20410183.jpg
 

a0193698_20410804.jpga0193698_20411431.jpga0193698_20413072.jpg

a0193698_20413225.jpga0193698_20413614.jpgもちろん部屋の中もおしゃれ。一つの浴室にシャワーが3つも着いている。
a0193698_20421538.jpga0193698_20422319.jpga0193698_20422764.jpg
a0193698_20423091.jpg
a0193698_20424675.jpga0193698_20423712.jpg

a0193698_20424198.jpg 商業施設の中もおしゃれ。ただよくわからないものも。コーラの販売機とテーブルがある部屋とか、ビルのなかで野菜を作る部屋とか。レストランを探してうろうろしていたら、でた!大卒マグロ!でもここは長蛇の列。マグロが育ったところから来た者としては、全く関係なくても嬉しかったです。 

[PR]
by haichigi | 2015-01-29 21:24 | 旅行

鳥居色々

a0193698_20540220.jpg まずは外宮から。鳥居をくぐると、やっぱりそこは厳かな場所に感じられる。次の遷宮のための場所には、遥か遠くに小さな祠が19年後を待つように佇む。
 
a0193698_20540758.jpga0193698_20541384.jpg

a0193698_20542011.jpga0193698_20543369.jpg
a0193698_20543916.jpg
 翌日は内宮。朝一番に水がうたれた玉砂利の上を歩くと、厳かなだけでなく、清々しさも感じられる。
 私の家族は決して信心深いわけではないので、初詣に揃って出かけたことはもしかしたら始めてかも。
 伊勢神宮は個人のお願いごとをする場所ではないそうなので、
 どうぞ平穏な1年になりますように。
a0193698_20545079.jpga0193698_20545497.jpg

a0193698_20550276.jpg

[PR]
by haichigi | 2015-01-22 21:20 | 旅行

大騒ぎの1年が終わったので

 昨年は近づかなかった場所。だってみんな「行ってきた」と言うから。1年待って、初詣の人出も落ち着いたころに出かけた。熊野市駅を1時にでて、JRで伊勢市駅に着くと3時過ぎ。ホテルに荷物を置いて、外宮への参道を歩く。

a0193698_20552828.jpga0193698_20553780.jpg

a0193698_20562454.jpga0193698_20563613.jpg

a0193698_20565471.jpga0193698_20570351.jpg 

 遷宮前よりも道幅が広がったように思える参道。お参りを済ませて戻る頃には、人影はまばら。細かいチェックも楽しい。変わらないお店や看板にちょっと安心。 
a0193698_20565028.jpga0193698_20571948.jpg

a0193698_20572352.jpga0193698_20572670.jpg
[PR]
by haichigi | 2015-01-21 21:21 | 旅行

同じ海でも

 冬の海へ。ここは鎌倉、由比ケ浜の海。
a0193698_21213801.jpga0193698_21215292.jpg
a0193698_21220803.jpga0193698_21221135.jpga0193698_21221445.jpg
a0193698_21225075.jpga0193698_21224483.jpg
a0193698_21232624.jpga0193698_21231296.jpg
a0193698_21230344.jpg 同じ冬の海なのに、ここには人が沢山。もちろん夏のこの海にはこの数十倍の人が詰まっていたのだろうけれど。
 熊野では夏の海でもこれだけの人がいることはまれ。同じ海なのに。きっと、水質はずっと優れているだろうに。
 海に囲まれた日本には、きっと美しい海が他にも沢山あるはず。探し歩いてみますか。
a0193698_21234213.jpga0193698_21234616.jpga0193698_21233483.jpg
a0193698_21233287.jpga0193698_21234938.jpg海の近くのカウンターだけのお店で食べたのは、イワシ定食。お刺身、サラダ、生シラス、南蛮漬け、お味噌汁、天ぷら すべてイワシ入りだった。 

[PR]
by haichigi | 2014-12-18 21:49 | 旅行