ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:旅行( 66 )

ヴェネツィアの生き物たち

a0193698_20413695.jpg 
 ヴェネチアはいつものように人であふれかえっていた。地図も持たずにうろちょろと歩き回って、サンマルコ広場へ。気になるのはたくさんの生き物たち。おどろおどろしいけれど、どこか愛らしい彼ら。

a0193698_20461445.jpga0193698_20454174.jpga0193698_2045109.jpg
a0193698_20443210.jpga0193698_2044350.jpg
a0193698_20433528.jpga0193698_20425477.jpga0193698_20422282.jpga0193698_2048747.jpg 

a0193698_20405658.jpga0193698_20402584.jpga0193698_2040029.jpg
a0193698_20383317.jpga0193698_2038120.jpg
そしてこの建物の柱には1本1本に違う彫刻が施されていた。全部チェックしないとね。 a0193698_20372393.jpga0193698_20365536.jpga0193698_20362939.jpg
a0193698_2036275.jpga0193698_20352719.jpga0193698_20345999.jpg
a0193698_20343669.jpga0193698_2034748.jpga0193698_20334389.jpg
a0193698_20331334.jpga0193698_20324877.jpga0193698_20321371.jpg
a0193698_20314271.jpga0193698_20311347.jpga0193698_20304412.jpga0193698_2030787.jpg
a0193698_20293818.jpga0193698_2029550.jpga0193698_20284060.jpga0193698_20281553.jpg
a0193698_20471648.jpg 
 1本の柱の彫刻が特にすごい。全部違う動物で、それぞれに咥えているものが違う。これ、凝り過ぎじゃない?

駅まで戻る途中、 こんな可愛いのも発見。

[PR]
by haichigi | 2014-06-12 21:57 | 旅行 | Comments(0)

お城にお仕えしていた家族の新居にて

雪の残る未舗装の山道を登ること30分。たどり着いたのは目的地、自給自足農家。a0193698_22391189.jpga0193698_22384649.jpg
a0193698_22374991.jpga0193698_2237187.jpga0193698_22363463.jpg
 a0193698_22304456.jpga0193698_22313448.jpg

a0193698_22353997.jpga0193698_2235943.jpga0193698_22343616.jpg
a0193698_22334946.jpga0193698_22331763.jpg
a0193698_22325237.jpga0193698_2232144.jpg
a0193698_2230135.jpg 家族全員で囲む食卓には、絶品の料理が並ぶ。メニューはウサギとチキンのロースト、トマトソースのパスタ、野草のオムレツ、ポテトのフリット。これが絶品。もちろん、パンもワインもハムも自家製。残念ながら、引っ越す前には作られていたチーズは、まだ設備が揃わないそう。 
a0193698_2229388.jpga0193698_22283814.jpga0193698_22275862.jpg
a0193698_22271554.jpg そして動物たち。6年前にあった懐かしい奴もいる。家が変わって、いろいろ大変なこともあるようだが、この大家族はきっと乗り越えてくれる、みんなで力を合わせて。
a0193698_22263433.jpga0193698_2226725.jpg
a0193698_22254066.jpga0193698_22251530.jpg
a0193698_22243379.jpga0193698_2224596.jpg a0193698_22233397.jpg
a0193698_222372.jpg a0193698_22222927.jpga0193698_2221401.jpg
a0193698_22211248.jpga0193698_22203719.jpga0193698_22201131.jpg
a0193698_23324339.jpg 以前に訪れた時には、おじいさんとおばあさん、息子、娘に孫たちの20人くらいの大家族だった。寂しいことにおじいさんはもういない。でも、家族に囲まれて食事を待つおばあさんの笑顔は6年前と変わらなかった。そう、彼女の笑顔の美しさはあのお城にお仕えしていたころから、変わっていないに違いない。
[PR]
by haichigi | 2014-06-11 23:51 | 旅行 | Comments(2)

お城にお仕えした家族

a0193698_2016088.jpg トスカーナの山の上にあるお城。今の持ち主はホームセンターをいくつも経営するお金持ち。そしてその使用目的はパーティー会場。ちょっと夢が壊れてしまうけれど、今回の目的地はここではないので、まあよしとしよう。
このお城は立派な門の遥か先にある。
a0193698_20172173.jpga0193698_2017190.jpg

a0193698_20195126.jpg お城の門の横にある建物。十分立派な建物だけど、門番の詰め所かなにかなのかなあ。その横に車を止めて、せっかくだからお城をチェック。まずはこの建物の動物。象に豚に羊に牛。
a0193698_20212472.jpga0193698_202158.jpg
a0193698_20204773.jpga0193698_20201979.jpg 
a0193698_20184211.jpg 
 そして門の中へ。子供の頃に空想したお城そのまま。きっとここには、透き通るような肌の病弱なお姫様が暮らしていたはず。入ってみたいけれど、そうだった、今回の目的地はここではない。
a0193698_20181575.jpga0193698_20173633.jpg

a0193698_20163222.jpg 門まで戻って、この先の山道を運転してくれる迎えの車を待つ。そうなんです。今回の目的地はこのお城に仕えた一家の新しい家。
 その一家がかつて暮らした家を見下ろしながら、未舗装の山道を登る。この家も今はホームセンターの社長の持ち物とか。
 お城に仕えていた一家は、当主のいなくなった後もずっとこのお城の近くで自給自足の生活を続けていた。つい最近まで。そしてちょっと離れた山の上に引っ越してからも、お城の歴史の写真を大切にしていた。
a0193698_2014274.jpga0193698_2014232.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-06-10 21:35 | 旅行 | Comments(0)

トスカーナでも温泉へ

 今回トスカーナではオルチャ渓谷へ。小さな街を周り、最後に訪れたのは、Bagno Vignoni。a0193698_2262075.jpg a0193698_2254874.jpg
a0193698_2251248.jpg a0193698_2243438.jpg
a0193698_2235483.jpg a0193698_2232591.jpg
a0193698_2225495.jpg a0193698_221163.jpg
a0193698_2205913.jpg a0193698_220479.jpg
a0193698_21593349.jpg 
周りを見渡せば、そこはトスカーナの平原。 
流れ落ちる温泉の川がちょっと異質な風景を作る。

[PR]
by haichigi | 2014-06-09 22:34 | 旅行 | Comments(0)

やっぱり一つは古物ゲット

 ヴェネチア空港からまず向かったのは、いつもお世話になる友人のいるパドヴァ。そして翌日には早速近くの小さな街の散策に出かけた。本来は市の出る週ではなかったそうなのだが、復活祭の関係で開催日が変わったのか、小さな骨董市が開かれていた。気になったお店は2つ。農機具と壺。
a0193698_15441793.jpga0193698_1544194.jpg

a0193698_15433662.jpga0193698_15431728.jpga0193698_154316.jpg
a0193698_15423562.jpga0193698_1542935.jpg
a0193698_15414460.jpg 
 3つの小さな街を回って、それぞれの市を覗き、急な石畳の坂道を歩く。どこを見ても、あーヨーロッパに来ているんだ、と思う。
a0193698_15411577.jpga0193698_15405665.jpg
a0193698_15403284.jpga0193698_15405824.jpg

  そして夕食は料理上手な友人の家の庭でご夫婦の飼う2匹の猫と一緒に。今回の旅もすてきな毎日になりそうな予感で始まり始まり。a0193698_15375648.jpga0193698_15371428.jpga0193698_15363869.jpg
  買わないつもりでもやっぱり旅先ではついつい。そうなんです。今回手に入れた古物はこの2つ。がたがたの桶と洗濯板。2つとも自分へのお土産です。a0193698_1546062.jpga0193698_15444957.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-06-08 16:22 | 旅行 | Comments(2)

ウール買い付け?

 ご無沙汰いたしました。色々なしょうもない事情で長らくお休みしていましたが、私、全く元気です。この機会に新しいブログにしようか、とも思ったのですが、もうしばらくこのまま続けてみることにしたので、おつきあいください。
 4月、ほぼ5年ぶりのバカンスでイタリアに行ってきました。膨大な写真の整理がまだつかないので、ぼちぼちアップしていきたいと思います。
 
a0193698_7474168.jpg 今回の旅では偶然の出会いから、イタリアトスカーナのCasentinoの伝統的なウールを知りました。毛玉のできたフェルトみたいな不思議なウール100%の生地。伝統色はオレンジと緑。なんとも魅力的な生地を作る工場。行かなくっちゃ。
a0193698_7484350.jpg そこは滞在していたArezzoから電車で1時間。復活祭の休日ダイヤの影響で、工場にいられる時間は40分程度。超カラフルな洋服や小物の並ぶ店内はスルーして、生地の倉庫へ一目散に。
 そこに並ぶのは、とてもウールとは思えない鮮やかな色、色、色。青好きな自分をぐっと我慢して、伝統色のオレンジ、緑、それに目についたチェックの生地を最小単位の50cmで購入。もちろんフックドラグ用に。日本ではウール100%で手頃な厚みの生地を見つけるのは難しいし、こんな極彩色のウール生地なんて見たことない。日本に戻ってラグ仲間に見せたら、どんな反応をするかを想像したら、興奮状態になって、ついつい荷物になることも考えずに6種類、合計3mも買ってしまう。

a0193698_747395.jpga0193698_750221.jpg

 そして、今、イタリア旅行の思い出のフックドラグ作品制作に向けて、準備中。もちろんこの時購入した生地だけでは足りないので、気に入ってくれたラグ仲間と一緒に色んな色を再注文。先日トスカーナから無事熊野に届きました。まだデザインも決まっていないので完成は当分先ですが、がんばります!
[PR]
by haichigi | 2014-06-07 08:51 | 旅行 | Comments(2)

リコールのおかげで

 父の車のリコールで、二人で伊勢までドライブ。6時間ほどかかる、と言われレンタカーが用意されていた。どこ行こう?伊勢神宮はまだ人も多そうなので、そこは避けて、ドライブへ。
a0193698_20185450.jpga0193698_20201457.jpga0193698_20215081.jpg
a0193698_2022980.jpga0193698_2023641.jpga0193698_20235859.jpg
a0193698_20263774.jpg 鳥羽のパールロードは見晴しのいい道路。展望台からの景色は熊野の海とはやっぱりちょっと違う。さすがに富士山は見えなかったけれど、神島は確認。
 次は海の博物館へ。建物や船のコレクションは父にも興味深かったよう。
a0193698_20282969.jpga0193698_20285626.jpga0193698_20301882.jpg
a0193698_20313942.jpga0193698_20321944.jpg
a0193698_20324943.jpga0193698_20332854.jpga0193698_20335358.jpg
a0193698_20343212.jpg さてそろそろお昼。食べ放題の牡蠣の看板は沢山あるけれど。結局パールロードを走って、志摩観光ホテルへ。食堂ではやっぱり海の幸のカレー。でもビーフカレーも。
 そして旧館の探検。昭和の香り満喫。

 リコールのおかげで、伊勢鳥羽志摩とドライブ楽しめました。
a0193698_2035141.jpga0193698_20363469.jpga0193698_20365615.jpg
a0193698_20372321.jpga0193698_20374831.jpga0193698_20383164.jpg
a0193698_20392252.jpga0193698_20393878.jpga0193698_20401974.jpg

[PR]
by haichigi | 2014-02-25 21:18 | 旅行 | Comments(0)

雪のおかげで

a0193698_19423376.jpg この週末はとにかく予定変更の嵐。金曜日の昼に乗るはずだった紀勢線は運休。高速は通行止め。その日の熊野脱出は諦めて、翌朝一番に期待。土曜日、熊野発6時40分の紀勢線に乗りこむ。
 尾鷲を過ぎたあたりから山の上に雪発見。熊野市の我が家の辺りには全然雪は無かったのだけれど。今回は車窓の雪を探しながら、名古屋に向かうことにしよう。と思ったら、紀伊長島から先は本格的に積もっている。なんだか紀勢線ではないみたい。
a0193698_19431693.jpga0193698_19433249.jpg
a0193698_19443342.jpga0193698_19453179.jpg
a0193698_19461521.jpga0193698_19463397.jpg
a0193698_19471718.jpg ホームに積もった雪もこんなに深い。
 遅れなく名古屋に到着して、新幹線に。一時雪が消えた所もあったけれど、東京に近づくに連れて、積雪増大。それでも10分の遅れで東京に到着。
a0193698_19492937.jpga0193698_19495973.jpg
a0193698_19501514.jpga0193698_19503370.jpg
a0193698_19504899.jpg 東京駅からはタクシーに乗りこんで我が家へ。昼間なのに薄暗い東京で、途中お堀沿いの桜の枝が結構折れているのを発見。結局この日はそのあと東京の部屋にこもって、大掃除。本当は、仕事、美容院、ご飯、と予定があったのだけどすべてキャンセル。でもこの雪のおかげで、我が家に積もり積もった埃は少し綺麗になりました。

[PR]
by haichigi | 2014-02-19 20:23 | 旅行 | Comments(0)

京都は底冷え

a0193698_190750.jpg この週末は3泊4日の京都旅。とにかく寒い。
 日曜日の朝、京都駅ビルにも雪が積もり、宝ヶ池は完全に雪景色。
 川の中のサギはもしかして足が凍って抜けないの?
a0193698_1914570.jpga0193698_192882.jpg
a0193698_1922128.jpg
a0193698_1924241.jpg
a0193698_1925816.jpg 
 沢山着こんで建物探訪に歩きまわるつもりがあえなく挫折。食べ物探索に変更。
 少し歩いては甘味処でくずせんざい。また少し歩いて揚げたての黒豆きなこ豆腐ドーナツ。
a0193698_1933923.jpga0193698_1994426.jpg
 日本で始めて生パスタを出したというイタリアンではパルミジャーノのパスタにイノシシのラグー。雪のためか広い店内にお客は私1人。シェフとおしゃべり。京都人は寒いけれど年に1回は雪が降らないとやっぱり物足りなく感じて、雪が積もると、金閣寺に行くらしい。
a0193698_194899.jpg a0193698_1942760.jpga0193698_1944582.jpg
ホテルでのおやつは駅ビルのお気に入り、わくでんの西湖と希水。ついでにあぶり鯖寿司も買っちゃって。a0193698_1953513.jpga0193698_19617.jpg
a0193698_1963043.jpga0193698_197158.jpg
a0193698_1973792.jpga0193698_198337.jpg
La Voitureではタルトタタンを食べ始めて窓の外を見ると、霰。a0193698_19223046.jpga0193698_19234725.jpg
a0193698_199898.jpga0193698_1992653.jpg
で、今回の一番は吉兆の「TKG」卵かけごはん。オレンジ色の黄身を窯で炊いたご飯に乗せて、出汁醤油を回しかけ、鰹節と海苔をトッピング。a0193698_19103771.jpga0193698_19104896.jpg

 それでもちょっとは街歩きしたので、次回からちょっと紹介。
[PR]
by haichigi | 2014-01-20 19:55 | 旅行 | Comments(0)

温泉 温泉 温泉

a0193698_2191983.jpga0193698_2195812.jpg 2つの露店風呂は京都の庭師の設計だとか。
a0193698_211020100.jpga0193698_21105239.jpg
a0193698_21121316.jpga0193698_21123599.jpga0193698_2113072.jpg
大浴場は夜中の12時で男女入れ替え。もちろん両方に入ってみる。浴槽は槇の木製。いつも濡れていることで傷みが防げるという。硫黄の匂いのする少し濁った湯は、とっても効きそう。
a0193698_21132654.jpga0193698_21151034.jpg
a0193698_21152465.jpga0193698_21154941.jpga0193698_2116698.jpg
a0193698_21164060.jpga0193698_2117262.jpga0193698_2117291.jpg
家族風呂も2つ。温泉の蒸気を使った、天然の蒸し風呂も。
a0193698_21194823.jpga0193698_2120824.jpga0193698_21205451.jpg
a0193698_21214678.jpga0193698_21224459.jpga0193698_21234366.jpg
a0193698_2124577.jpga0193698_21244037.jpg
もちろん温泉街につきものの川を流れるのは、温泉。もちろんそこには温泉卵用の湯ぶねが。
a0193698_21261139.jpga0193698_21264171.jpga0193698_2127064.jpg
a0193698_2128334.jpga0193698_2128248.jpga0193698_2129734.jpg
a0193698_21305228.jpga0193698_21313981.jpga0193698_21322424.jpg
a0193698_2132538.jpga0193698_21342688.jpga0193698_21383495.jpg
a0193698_21394251.jpga0193698_220224.jpg そして世界遺産の温泉も。つぼ湯。川底からわき出す温泉を水でさまして、さまして、やっと入る。濁っているので、深さがわからなく底なしに思えてちょっと怖かったけれど、底は川原の丸石でした。

[PR]
by haichigi | 2013-10-03 22:24 | 旅行 | Comments(0)