ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:旅行( 66 )

ヘルメット体験 その2 サイドカーでツーリング

 朝6時。静かな東京のマンション街にある我が家に、とっても怪しげな黒塗りのロシア車が到着。今度のヘルメットは黒。持ち主の話では、本物の軍隊のヘルメットは重すぎるから、本体はニセモノだけれどあごの紐は本物で、それだけで2万円とか。
a0193698_8291546.jpga0193698_8293228.jpga0193698_8321435.jpg
a0193698_8341591.jpga0193698_8344154.jpga0193698_8345848.jpg
 サングラスとヘルメットを貸してもらって、サイドカーに乗り込みいざ出発。
a0193698_83691.jpga0193698_8364740.jpg
a0193698_8372135.jpga0193698_8381571.jpg
a0193698_838373.jpga0193698_8385466.jpg
a0193698_8391619.jpga0193698_8393458.jpg
a0193698_8403075.jpga0193698_8413187.jpg
埋め立てて拡がった東京の湾岸はとにかく橋橋橋。中でも新しくできたゲートブリッジは広々とした景色で風を受け、最高に気持ちがいい。サイドカーの足元は思いのほか広くて、足を浮かせてパタパタ、キャーキャー。
a0193698_8434047.jpga0193698_8443986.jpg
遥か遠くにスカイツリーを見ながら、銀座を目指す。
a0193698_8461531.jpga0193698_8463584.jpg
a0193698_8484424.jpga0193698_8491853.jpg
a0193698_8501610.jpga0193698_8504149.jpga0193698_8511616.jpg
a0193698_8513462.jpg 歌舞伎座、和光、元のマリオンを通過。トンネルを抜けると、皇居と官庁街。特許庁から最高裁で1時間のツーリングは終了。
 普通免許で運転できるというこのおもちゃ。友人は1年前にこの車を購入したものの、サイドカーに人を乗せるのはこれが2回目。家族には不評だそうで。まあわからなくもない。この格好で交差点で停まっていたら注目の的になることは必須。
 おひとついかが?
a0193698_8522420.jpga0193698_8525110.jpga0193698_8531780.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-09-28 09:36 | 旅行

大谷石ずくし

a0193698_19521011.jpg 宇都宮というと行ってみたかったのは大谷石資料館。地下の採掘跡を公開している。暗い階段を下り始めたら気温はどんどん下がる。目が暗さに慣れると、すごい空間がそこにあった。
 手彫りの痕、機械掘りの痕、オブジェ、などなど。すごーーい。天井にも床にも色々な模様があふれる。だだっぴろい空間。
a0193698_19524981.jpga0193698_19534525.jpg
a0193698_19542770.jpga0193698_1955785.jpg
a0193698_19564922.jpga0193698_1958382.jpg
a0193698_200899.jpga0193698_2004986.jpg
a0193698_2014817.jpga0193698_2022994.jpg
a0193698_2032111.jpga0193698_205463.jpg
a0193698_205527.jpga0193698_2065163.jpg
a0193698_2073878.jpga0193698_2093952.jpg
a0193698_20102659.jpga0193698_20124613.jpg
資料館には当時の道具が沢山。
a0193698_2017412.jpga0193698_20172846.jpga0193698_20182572.jpg
a0193698_20191687.jpga0193698_20194027.jpga0193698_20195934.jpg
a0193698_20222334.jpga0193698_20225656.jpga0193698_20232366.jpg
a0193698_20235365.jpga0193698_20241962.jpga0193698_20245960.jpg
そしてこの街はもちろん、家も、蔵も、車庫も、塀も、基礎も。鳥居も、蔵の扉も、観音も、公園も。
全部 大谷石。
a0193698_20252855.jpga0193698_20254898.jpga0193698_20261624.jpg
a0193698_20263416.jpga0193698_2027496.jpga0193698_20371282.jpg
a0193698_20273530.jpga0193698_2028293.jpga0193698_20294398.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-09-25 20:49 | 旅行

鉄友のすすめで

 この連休は実はとっても盛り沢山な日々。今までとは違った趣味を試す毎日でした。まずは鉄旅。
きっかけは、古い駅舎が近いうちに壊される、という鉄友からの情報。聞いたこともない列車の、聞いたこともない駅だったけれど、行ってみました。はるばる熊野から。往復割引が効く東京より北へ。熊野市駅で「烏山からすやままで」と言ってもさすがに駅員さんもご存じないようで、「鳥山とりやまですね」ちょっと不安でしたが、宇都宮から2両の単線烏山線で行ってきました。からすやま。
a0193698_8544343.jpga0193698_855218.jpga0193698_8552099.jpg
a0193698_8554054.jpga0193698_8562324.jpga0193698_856405.jpg
a0193698_8571491.jpga0193698_8573617.jpga0193698_857551.jpg
中は紀勢線の鈍行の車両とあまり変わらないよう。でもお客さんは結構多いし、ホームやら踏切やらには三脚をセットしている撮り鉄が。a0193698_8582133.jpga0193698_858393.jpga0193698_859625.jpg
烏山では駅前の蕎麦屋で、いかにも関東風の真黒な出汁のお蕎麦をいただいて、いい感じの川魚屋を眺めて、同じ電車で戻ってきました。a0193698_8594532.jpga0193698_90105.jpga0193698_90317.jpg
a0193698_911734.jpga0193698_9474521.jpg
a0193698_9242698.jpga0193698_9483512.jpg
一番後ろの窓に立って、後ろに去っていく線路をただ眺めていると、稲刈りや栗拾いをする人々に、秋の気配を感じることができました。a0193698_9263267.jpga0193698_927045.jpg
a0193698_9274253.jpga0193698_928379.jpga0193698_9282785.jpg
a0193698_9285345.jpga0193698_9293019.jpg
 この駅も、この駅も無くなってしまうとか。

 そしてこの後どこに行ったかと言うと、ヒントはこの車窓の景色に。
a0193698_9313279.jpga0193698_9321645.jpga0193698_9323467.jpg
a0193698_93364.jpga0193698_9332350.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-09-24 09:50 | 旅行

関の日常

a0193698_19203323.jpga0193698_19205934.jpg
a0193698_19215937.jpg 
 ここは屋外博物館ではない。
 日常の生活を続ける嘗ての宿場町。
a0193698_19222149.jpga0193698_19225677.jpga0193698_19243012.jpg
a0193698_19251477.jpga0193698_19253782.jpg
a0193698_19264255.jpga0193698_1927780.jpga0193698_19272640.jpg
a0193698_19302369.jpga0193698_1931025.jpg 普通に包丁を作って売っている店舗。

ああ素晴らしい。
a0193698_19313679.jpga0193698_19315599.jpga0193698_19322617.jpg
a0193698_19331095.jpga0193698_19332774.jpg
a0193698_19384964.jpg 普通にガス炊飯器がウインドウ越しに並ぶ。食事は嘗ての宿屋で自慢のおこわセット。
 古民家を活かした今どきのオシャレな店舗は一つだけ発見。アンティークの飾られた通路の奥にはcafe。手前では雑貨を販売。そこもこの日常にきちんと溶け込んでいた。

 ほっとする場所、できればこのままで。
a0193698_19392398.jpga0193698_19414460.jpg
a0193698_19423628.jpga0193698_19425234.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-05-15 20:00 | 旅行

東海道五十三次 江戸から47番目の宿場町

a0193698_20111972.jpga0193698_20113679.jpg
a0193698_20124781.jpg 津から各駅停車を乗り継いで関へ。ここは気になっていた宿場町。2Kmの道をのんびり建物を見ながら歩く。
 古い民家がそのまま普通の家として使われている。細かい部品がやっぱり気になって、今回は屋根の上のものを紹介。観光地にありがちな外見は民家だけど、中は同じ様なお土産物屋やcafeという町では無いよう。ほんとに電気屋さんだったり、包丁屋さんや桶やさんだったり。いいなあこういうの。
a0193698_2014921.jpga0193698_20144467.jpga0193698_201646.jpg
a0193698_2017695.jpga0193698_20173354.jpga0193698_2018242.jpg
a0193698_20184727.jpga0193698_2019737.jpga0193698_20193341.jpg
a0193698_20201431.jpga0193698_20203757.jpga0193698_20205790.jpg
a0193698_20213140.jpga0193698_2022740.jpga0193698_20223868.jpg
a0193698_2023067.jpga0193698_2023174.jpg
a0193698_2023457.jpga0193698_2024617.jpg
a0193698_20252576.jpga0193698_20253978.jpg 桶やの瓦には器しるし。こっちの家は新しいけど、家紋だそう。
 かなり気にいりました関宿。

[PR]
by haichigi | 2013-05-14 20:48 | 旅行

1000Km移動の途中でお花見を

a0193698_1947569.jpg テレビによると、東京は桜満開で、上野公園はすごい混雑だとか。週末熊野から秋田までの移動は、丁度上野経由。新幹線から富士山を見ながら今日の予定変更。6時過ぎに東京駅に着いてから、家には寄らず上野公園へ。思ったよりも人は少なく、結構みんなお行儀がいい。ライトアップされているわけでもないので、上野公園の花見は昼がメインなのかな。
a0193698_19484772.jpga0193698_19492439.jpg
a0193698_19502692.jpga0193698_19504711.jpga0193698_1951571.jpg
a0193698_19514019.jpga0193698_19521355.jpg
 もちろん食いしん坊としては屋台チェックは外せない。珍しい屋台を探す。スモークターキーや韓国料理、トルコ料理屋台発見。でも一番人が並んでいたのは、ラーメンバーガーの屋台。茹でた麺を丸めて焼いて、葱、もやし、なると、ハムをは挟む。すでにスモークターキーとシシカバブを食べてしまっていたので、ラーメンバーガーは断念。
a0193698_19535441.jpga0193698_19544043.jpga0193698_19545728.jpg
a0193698_19552755.jpga0193698_19554757.jpga0193698_1956750.jpg
a0193698_19573044.jpga0193698_19574880.jpg
a0193698_19581487.jpga0193698_19583116.jpga0193698_19584786.jpg
 西郷さんに挨拶してから、9時16分発の寝台車に。翌朝目覚めると、やっぱり秋田には雪残ってました。
a0193698_2003942.jpga0193698_2005997.jpga0193698_2011721.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-03-26 20:32 | 旅行

車窓から

 今回の京都旅行は直前に決めた。1月4日の仕事を午前中で切り上げて、仕事場に車を置いて、バス停まで歩く。歩道橋の上から見る七里御浜は穏やかそのもの。バスで10km。和歌山県新宮市の駅へ。
a0193698_8444317.jpga0193698_845488.jpg
a0193698_8452697.jpga0193698_8454234.jpg
 各駅停車も乗ってみたいけれど、今回は特急で。ダイヤ改正でこの辺りまで来る特急は古い型の物だけになったとか。数年前はパノラマビューの車両もあったそうだけれど。残念乗り損ねた。ここから白浜までは美しい海岸線を走るというのに。
a0193698_847461.jpga0193698_8483172.jpg
a0193698_8491474.jpga0193698_8493413.jpg
a0193698_8511452.jpga0193698_8521268.jpg
良く見るとところどころに1昨年の台風の痕、流木の束が残る。a0193698_8525879.jpga0193698_8534111.jpg
a0193698_8545515.jpg 汚れた窓ガラス越しでも、それなりの写真は撮れる。でも一つ問題が。熊野から名古屋方面への紀勢線と違い、こちらは電化された電車。電線が写るのを避けられないところが多くて。
 国鉄がJRになって、紀伊半島を回る列車はJR西日本と東海に分断され、ダイヤも車両もばらばら。京都に行くのも、実はこちら周りの方がずっと時間がかかる。今回こちら周りにしたのは、途中下車して、和歌山の街を見てみようと思ったからだが、思いのほか新宮からは遠くて到着した頃には日はどっぷりくれていた。
a0193698_8551025.jpga0193698_8554149.jpga0193698_8561084.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-01-13 09:23 | 旅行

長谷寺でも細かいチェックを

a0193698_20151474.jpga0193698_20155630.jpga0193698_2017647.jpg
a0193698_20172961.jpga0193698_20175098.jpg
全体像の写真が今一つ上手く撮れていないので、部分写真で。舞台で見つけた、これ犬の顔に見える。ハートも発見。赤特集。などなど
 こういう羅列がどうも私らしいようなので。今回は画像だけで。
a0193698_2018277.jpga0193698_20183046.jpga0193698_20285918.jpg
a0193698_20185178.jpga0193698_20194430.jpga0193698_20203832.jpg
a0193698_20212110.jpga0193698_20215493.jpg
a0193698_20221288.jpga0193698_20225170.jpga0193698_20233863.jpg
a0193698_2024528.jpga0193698_20251099.jpga0193698_2026484.jpg
a0193698_20274161.jpga0193698_2028173.jpg
a0193698_202845100.jpga0193698_20291895.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-11-10 20:43 | 旅行

階段も覚えてました

 もう一つ記憶に残っていたのは、階段が続いていたこと。それは長谷寺だったよう。
a0193698_21414886.jpga0193698_2142818.jpg
a0193698_2145487.jpga0193698_21454944.jpga0193698_21463240.jpg
a0193698_21473669.jpga0193698_21513080.jpg
a0193698_21521522.jpga0193698_21523229.jpg
曲った階段を上がった先には、大きな木があって、そして見晴しのいい舞台があって。清水寺の舞台よりも美しい紅葉が見下ろせる。なんだか、万歳って叫びたい気分。a0193698_21525699.jpga0193698_21561184.jpg
a0193698_21545284.jpga0193698_21554245.jpg

a0193698_21583427.jpga0193698_2201454.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-11-08 22:20 | 旅行

目当てはうどん?

 1/4世紀前に訪れた思い出の場所に、半世紀記念に行ってみた。その頃はもちろんブログなんてないし、カメラも持っていないし。だいたい写真を撮ることも、撮られることにも否定的だった。思い出は記憶として残したいと言って。その結果、私の思い出は、橋本屋という橋のたもとのうどん屋。そして、場所は確か奈良の長谷寺だか室生寺。そう、食いしん坊の私の記憶は、いつも食べ物が先。
a0193698_18365019.jpga0193698_18372572.jpg
a0193698_1838197.jpga0193698_18384792.jpg
a0193698_18393340.jpg きっと紅葉が綺麗だろう、早朝に熊野をでて、ドライブすること3時間。長谷寺には記憶に残るうどん屋が無かったので、室生寺まで行くことに。そして、そこにあったのです。自分でも感心するすごい記憶力。
 本堂も、五重塔も始めて見るよう。もちろん中にある仏像なんてひとつも記憶にない。まあそれはそれで、新しい感動を得られるような。そして今の私の興味はもう一つ。建物のパーツパーツ。
a0193698_1841257.jpga0193698_18421158.jpg
a0193698_1843699.jpga0193698_18432764.jpga0193698_18434829.jpg
a0193698_18441154.jpg ところで、なぜそのうどんが記憶に残ったのかと言うと、残念ながら絶品だったというわけではなく、奈良のホームで食べた駅うどんの方が美味しかったな、と思ったため。そう、今回も、普通に美味しい関西のうどんでした。25年前、東京では関西のうどんを食べる事はほとんど不可能だったので、関西に来るとやたらとどこでも、うどん食べてました。
a0193698_18461888.jpga0193698_18464236.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-11-07 19:16 | 旅行