ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:古物( 54 )

ノスタルジー

a0193698_1974366.jpg
 東京の母に頼んでおいた小包が届いた。
 
 私が小さかった頃、母はフランス刺繍を習っていた。

 私は刺繍糸の詰まった箱を見るのが好きだった。

 そして沢山の色の中から好きな色を選んで刺繍をした。
a0193698_198798.jpg
 中学の3年間ずっと「優秀」の成績だったのは、生物と家庭科。

 刺繍の授業では、他の生徒より1時限分は早く仕上がった。

 それは私が、授業中におしゃべりをしない生徒だったからだけれど。
a0193698_1991754.jpg
 母のように色別に箱を作って、刺繍糸を並べる。

 サンプル帳も懐かしい。

 京橋の「越前屋」。今度探してみよう。

[PR]
by haichigi | 2011-04-19 19:37 | 古物 | Comments(4)

何もできないけれど

a0193698_20213935.jpg

 熊野は全く揺れなかった。

 テレビを見ても、実感が無かった。

 津波警報が出ていても、避難勧告が出ていても、ずっと海に近い家にいた。

 東京の兄の家族も、旅行中の両親も無事だった。

 ただ、福島に住む友人に連絡が取れなくて、それだけが心配だった。

 今日、やっと彼女から無事とのメールが届き、ほっとした。

 ブログを書ける気分になった。

 節電というのなら、テレビ番組はNHKだけにしたら、と思うのは私くらいなのだろうか。

 東京のマンションは築46年で私の部屋は7階。

 きっと部屋にはいろんなものが散乱しているのだろう。

 東京に行けるのは、この金曜日。

 きっとこの小皿は跡形もないのだろう。

 でもそんなことはどうでもいい。

 辛い日々を送っていらっしゃる沢山の方々

 何か一つでも、今日より明日にいいことが起こりますように。
[PR]
by haichigi | 2011-03-14 20:40 | 古物 | Comments(6)

小さくて かっわいい

a0193698_2147226.jpga0193698_21473740.jpg
a0193698_21483213.jpg
 最近手に入れた古物は、

 ちょっと私らしくない。
 
 とっても小さなお鍋。

 使い道は少なそうだけど。

 かわいいから、よし。

 時にはこんな買い物も。
 

[PR]
by haichigi | 2011-03-09 21:54 | 古物 | Comments(0)

華麗なる壺一族 増殖中

a0193698_2120473.jpg
 「壺に嵌まると恐ろしいことに」 

まず1つ。長男 

次になぜか長女

気がつくと次女
 
さすがにこのぐらいで、と思ったら叔父さんが出現。

そして遂に、ちょっと毛色の変わった従兄が加わった。

a0193698_21194084.jpg
a0193698_2120182.jpg


いくつも並べると、一個で飾るより断然さまになる。恐ろし。 
[PR]
by haichigi | 2011-02-23 21:46 | 古物 | Comments(4)