ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

カテゴリ:熊野自慢( 92 )

ずるして松本峠に

a0193698_21474539.jpg 七里御浜をのぞむこの景色は、松本峠から200mほどさらに歩いた見晴し台からがいいのだけど、そこまで行かなくても車で細くて急な坂道を上がり、ほんの1分古道を歩くと見ることができる。今日は霞んでいるけど。


 よく見ると、浜にはすでに場所取りの綱が張り巡らされている。8月17日の熊野大花火大会。今年は土曜日だし、テレビでも紹介されたようだし、大変なことになりそう。数年前やはり土曜日だった年には、花火が終わる時間になっても辿りつけなかった車が沢山あったとか。
a0193698_21494883.jpga0193698_21501069.jpg
a0193698_21503175.jpg 
 苔むす熊野古道の石畳を登った松本峠にある地蔵さま。江戸時代に暗闇で旅人に怪しい者と間違われて鉄砲で撃たれた痕が残る。ずるすればここまで85歳の父でも来れました。古道を歩く気分は味わえます。

[PR]
by haichigi | 2013-07-31 22:05 | 熊野自慢 | Comments(0)

どろホテル

a0193698_2234567.jpg 偶然見かけたこのポスター。6月末にオープンしたというカフェ。実は外からは何回か見たことがある。ウオータージェット船で下から見上げたあの建物。あの頃は長年やっていた旅館を閉鎖している、と聞いて少し残念に思ったものだった。
 建物を修復していずれは旅館も再開するとか。まずはcafeで。熊野からだと1時間半くらい山道を走った奈良県の十津川村にある。ランチを予約して行ってきた。
a0193698_2242926.jpga0193698_2254028.jpga0193698_226466.jpg
a0193698_2263555.jpga0193698_2265245.jpga0193698_227581.jpg
a0193698_2292967.jpga0193698_2295728.jpga0193698_22105418.jpg
a0193698_22113090.jpga0193698_2211593.jpga0193698_22121498.jpg
a0193698_22132785.jpga0193698_22134584.jpga0193698_22142293.jpg
自家製のアイスクリーム、自家製のジンジャエール。インテリアもなかなかおしゃれ。a0193698_22145668.jpga0193698_22153822.jpga0193698_22161482.jpg
a0193698_2220833.jpga0193698_22215356.jpga0193698_22221831.jpg
そしてこの扉の先にはワイヤーだけ残った吊り橋が。これ、下からみるとすごいんです。a0193698_22244527.jpga0193698_2226184.jpga0193698_2227104.jpg
a0193698_22292142.jpga0193698_22294955.jpg
a0193698_2231851.jpg 2年前の水害ではこんなところまで水が上がったようで、嘗てのお風呂場は風呂桶が野ざらし。再オープンにも影響があったらしい。
 若い店主のセンスでよみがえった歴史ある旅館。狭い道の運転が少しストレスですが、窓からの絶景を見る為にも、ぜひまた行かなくちゃ。

[PR]
by haichigi | 2013-07-14 23:04 | 熊野自慢 | Comments(0)

cobo cafe

a0193698_20475119.jpg
とうげみゅーじあむに新しくできたcafe。アトリエとして使っていた場所が4月からすっかり綺麗になって、かわいらしいcafeに。ウールの生地や手芸材料、小物の販売も。
 ウール染色作品が飾られた店内はまさにとうげミュージアムの雰囲気。
a0193698_20484752.jpga0193698_2049333.jpga0193698_20492799.jpg
a0193698_20495766.jpga0193698_20502312.jpga0193698_2052742.jpg
a0193698_20522754.jpga0193698_20524335.jpga0193698_20531419.jpg
a0193698_20533677.jpga0193698_2054367.jpg
a0193698_20542718.jpga0193698_20545112.jpg
a0193698_2055754.jpga0193698_20553355.jpg
a0193698_2055519.jpga0193698_2103763.jpg

 今のところ飲み物とケーキのメニュー。これから簡単なランチもと言うことで、私も無責任に思いついたアイディアを提案中。そのうちスタッフの一人としてお手伝いに加わる予定。憧れのcafe店員デビューも近いかも。ただし私の勤務希望は雨の平日限定。できれば台風の日とか。お客さんが2組いっぺんに来たら、対応できそうにないから。レジの使い方も一応レクチャー受けました。最近のレジって賢いのにびっくり。これなら私でもお釣りを間違わずにできそう。
 熊野近傍のみなさま、ぜひどうそ。たしか、12時から5時までです。定休日は第3,4水曜日。

[PR]
by haichigi | 2013-04-25 21:22 | 熊野自慢 | Comments(4)

55年と5日

 本当は吉野に桜を見に行くつもりで、6時半に両親を乗せてドライブを始めたのだけれど、国道の土砂崩れで通行止め。急遽行く先変更。山の道、中辺路から海の道、大辺路へ。

a0193698_21751100.jpg
ちょっと車を降りて、見下ろすと不思議な光景に出合う。右からも左からも波が来て交わる。夫婦なんとかというらしい。
a0193698_2181976.jpga0193698_2110193.jpg
大辺路の海は熊野の辺りの海とは違う景色で、美しいと思うのだけれど、観光客は少ないらしくこの絶景ポイントにあった店も廃業したようで。
a0193698_21102656.jpga0193698_21113137.jpg
 先日結婚55周年記念日を無事に迎えた両親。父の文句を聞き流してきた母は、最近では耳が遠くなって父の話声は特に聞こえないらしい。右からの波、左からの波、交わって穏やかに。a0193698_2112711.jpga0193698_21122281.jpg
a0193698_2112398.jpga0193698_21125129.jpg
そんな両親のために見つけた記念品は、結婚した55年前のデザインと今年のデザインのグラス。両親の結婚記念日なんてすっかり忘れていた娘からの、5日遅れのプレゼント。
[PR]
by haichigi | 2013-04-15 21:40 | 熊野自慢 | Comments(0)

この手に太陽を

a0193698_1939330.jpg
 4月1日。
 「初年度の冒頭にあたって抱負を。今年こそはこの手に太陽を。」なんて言うつもりは全くありません。
仕事休みの貴重な晴れを存分に味わおうと、今日は1日200kmのドライブ。ふと空を見上げると太陽に輪っかがあるではありませんか。よく見ると丸い虹にも見える。こんなの初めて!と興奮してベンチに寝そべって写真を撮っている私。でも周りの人はだれ一人空を見上げもしない。もしかして、これって普通のことなの?それとも輪っかが見えるのは、私の目が悪いから?
a0193698_19335733.jpga0193698_1935465.jpg
a0193698_19362968.jpga0193698_19375095.jpg
a0193698_1940514.jpga0193698_1939481.jpg
a0193698_1943198.jpga0193698_1943397.jpg
ここはそう、トルコではなくてお気に入りの樫野崎灯台。

[PR]
by haichigi | 2013-04-01 20:03 | 熊野自慢 | Comments(4)

また遭難

 熊野の山里へ。赤倉の大丹倉を目指す。なんだか林道のような道が多そうで、いままでいかなかった場所。あまりにいいお天気だったので、行ってみることに。でもすぐ後悔。選んだ道はずーーとすれ違いできそうにない道。ひたすら対向車が来ないことを祈る。そしてやっと辿り着いた赤倉。まずは雨滝。道から滝音が聞こえたので、見に行ってみると、遥か下に滝が見下ろせる。
a0193698_2049350.jpga0193698_2049332.jpg
a0193698_20505795.jpg そしてまずは大丹倉を下から見上げるポイントへ。携帯のアンテナも立たない。
 この道をまた来る自信が無かったので、岩の上まで登れる道にも行ってみる。
a0193698_20513626.jpga0193698_2052126.jpg
a0193698_2112232.jpga0193698_20544118.jpg
a0193698_2055196.jpg でも、絶景が見えるという場所のはずが、ちょっと違う。もしかしたら、あの岩の上までいくのか、と途中まで岩を登ったところで、また後悔。そう、私は高所恐怖症。もしあの岩の上でくらっときたら、、、、。ということで、回れ右して岩を滑り下りたら、さっきの小屋がない。ああ、また遭難。ダニもいそうだし、さすがに焦る。
a0193698_20552145.jpga0193698_20555936.jpg
 なんとか車まで戻って、また狭――い林道を通って、やっと見晴しのいい場所にでて一安心。海が見えて、こんなうれしいことはなかった。次に行く時は、誰かに運転して貰おうっと。
[PR]
by haichigi | 2013-03-06 21:23 | 熊野自慢 | Comments(0)

熊野は春間近

 北国での大雪のニュースを見る度に、申し訳ない気分になるが、熊野は着実に春に向かっている。梅は今、満開。
 ここは南イタリアで見たオリーブ農園の景色のようで、いつも気になっていた場所。どうやら梅畑のよう。
a0193698_19154185.jpg
a0193698_19162798.jpga0193698_1916395.jpg
a0193698_191792.jpga0193698_191824100.jpg
a0193698_19191125.jpga0193698_19194933.jpg
a0193698_19203754.jpg 
 いろんなところ地味に咲く梅に、今年はなんだか目が向く。
a0193698_19212578.jpga0193698_1922382.jpg
a0193698_19222857.jpg 
 あれ、これはまさか桜?
 
 東京育ちの私には、今年の冬はとっても暖かい熊野でした。

[PR]
by haichigi | 2013-02-24 19:37 | 熊野自慢 | Comments(2)

雨の休日

 一日降り続いた雨。温泉に暖まりに行こうっと。
 あの台風ではこの川もあふれて、この辺りは天井近くまで浸水した家もあったという。
 再開した川下りのジェット船が水しぶきを上げる。
a0193698_2053454.jpga0193698_2054074.jpg
お風呂上がりにはさらに熊野地鶏ラーメンで中からもぽかぽか。
 B級グルメ大会で入賞したゆず胡椒を添えた塩ラーメン。
a0193698_20541487.jpga0193698_20542661.jpg
a0193698_20544468.jpga0193698_20545744.jpg
a0193698_2055821.jpg
 お土産にはもちろん熊野地鶏。
 1羽をさばいて、部位ごとに真空パック。
 なんかいいな。でも、鶏冠や足はちょっとね。

[PR]
by haichigi | 2013-02-20 21:13 | 熊野自慢 | Comments(0)

珍百景になったので

a0193698_1943234.jpg
 「山奥の無人市で伊勢海老が500円で売られる風景」としてテレビで有名になった場所。有名になったためか、今では防犯カメラが設置され、伊勢海老は他の場所に。生簀には小さなサザエだけが。

 ちょっと残念。
a0193698_19434846.jpga0193698_19441236.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-02-19 19:51 | 熊野自慢 | Comments(0)

唯一の外出は

a0193698_19545294.jpga0193698_19552310.jpg 年末の3日間で初の外出は初詣。12月31日23時50分テレビの除夜の鐘を聞いて家を出る。月夜でいつもの年より明るいし、思ったより暖かい。今年も花火が上がる。
 あけましておめでとう。マイナーな世界遺産の花の窟神社だけど、今年は太鼓もあり参拝者も長蛇の列。
a0193698_1957660.jpga0193698_19571890.jpga0193698_19574081.jpg
a0193698_2021410.jpg初詣から帰って、お風呂で暖まってひと眠り。6時に起きてちょっと食べてから初日の出、と思ってお湯を沸かしていたら、結構明るくなってきた。慌てて外に出て浜に行く。あれ、まだ誰もいない。今年は波打ち際まで行ってみよう。
 刻々と変わる空を見ていると、訳もなく新鮮な気持ちになってくる。寒くて澄んだ空気もいい。
a0193698_2054655.jpga0193698_206453.jpga0193698_2062221.jpg
a0193698_2084236.jpga0193698_2091752.jpg

a0193698_2010523.jpg
a0193698_20102793.jpg
a0193698_20124497.jpga0193698_20132382.jpga0193698_20142595.jpg
a0193698_20145213.jpg 鳥の群れが通り過ぎたと思ったら、今度は漁船が横切る。元旦から漁でもないだろうから、日の出を見に行くのかもしれない。
 今年も1時間近く見とれていたのですっかり冷えてしまい、家に戻ると朝風呂でまた暖まる。
 そして今日は2日。その後まだ外出せず。この年末年始は家に引きこもりの私です。
 今年もよろしくお願いします。

[PR]
by haichigi | 2013-01-02 21:02 | 熊野自慢 | Comments(8)