ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一年ありがとう

a0193698_2161641.jpg
 うさぎさん、一年ありがとう。
 あなたの逃げ足のように
 とっても速い一年でした。

 大晦日になっても熊野はやっぱり
 暖かい1日でした。
 暖房をつけなくても、綿入れを着こんで過ごせるくらい。

 今年最後の一日は、個人的に凄い物発見
 ひいおじいさんのお祖父さんと、
 ひいおじいさんの両親と、
 ひいおばあさんの両親の写真などなど。
 ルーツを感じた1年の締めくくりにふさわしい1日でした。

 大晦日の我が家の伝統は、ローストビーフ。
 今年はブルーチーズにフランスパンに赤ワインも添えて。
 では皆さまよいお年を。
a0193698_2130318.jpga0193698_21304925.jpga0193698_21313935.jpg

[PR]
by haichigi | 2011-12-31 21:35 | | Comments(4)

最後のひとかけ

a0193698_2015768.jpg
 やっと年内間に合いました。残りのひとかけ
 もちろんこれもsavignac。
 私のベッドカバー遂に完成。
a0193698_20172719.jpga0193698_2018016.jpg

[PR]
by haichigi | 2011-12-28 20:34 | | Comments(5)

雪に翻弄されたクリスマス

 クリスマス寒波。ニュースでは聞いていたけれど、何しろ熊野にいる限り実感なし。それでも一応確認したら、飛行機や、寝台車の運航は怪しいという。そこで急遽予定を変更して、熊野市の駅で、大館までの往復乗車券購入。熊野から東京までの往復乗車券は割引なしだし、有効期間は4日間なのに、大館往復は16日間有効。いったい何キロあるのか、、、、。
a0193698_20544026.jpga0193698_20545626.jpga0193698_20551096.jpg
a0193698_20552313.jpga0193698_20553640.jpga0193698_20555164.jpg
長い旅路に備えた腹ごしらえは、五目中華そば。仕事が終わってからの出発だから、初日は東京止り。珍しく遅れなかった紀勢線で名古屋に着くと、新幹線は70分遅れ。それでは家に着く頃には日が変わってしまうので、ホームにいるのぞみの自由席へ。もちろん座れず。a0193698_2059691.jpga0193698_20593442.jpg翌日は東北新幹線で新青森まで。東京駅で買い込んだお弁当を食べながら眺める景色は、とても穏やか。これなら飛行機で行けたんじゃないか、、、。
 でもさすがに新青森の駅では、在来線のホームに降りるのも寒そうでぎりぎりまで粘る。
a0193698_210209.jpga0193698_2103675.jpga0193698_2112987.jpg

イブは外の吹雪には関係なく1日働いて、翌日クリスマスの朝、晴れているのに日本海側を走ってくる列車は、90分遅れ。急遽、盛岡まで高速バス。そして新幹線で東京へ。
a0193698_2144984.jpga0193698_215653.jpga0193698_2152329.jpg
a0193698_2171114.jpga0193698_2185129.jpgその夜は神楽坂で日本のフレンチの草分けのシェフの新しい店へ。その料理を小学生の頃から食べていたという友人と一緒だったから、シェフ特製のグランマニエのたっぷりかかったスフレで〆。
翌朝も雪で新幹線が遅れているとの情報で、仕事は早めに切り上げて、早いのぞみで名古屋へ。2時間も名古屋で時間が余って、味噌煮込みうどんなんて食べちゃって。紀勢線の車窓から見た桑名にも雪。
a0193698_212102.jpg a0193698_2191288.jpg
 往復乗車券には沢山のはんこが押されたけれど、今年のクリスマスは、はらはらしながら移動していた記憶だけ。
 ということで、ご無沙汰しました。

[PR]
by haichigi | 2011-12-27 22:09 | 旅行 | Comments(4)

新宮散歩

 神社の駐車場に車を停めて、ふらふらとお散歩。
 昔は栄えていた街。
a0193698_20115584.jpga0193698_20122222.jpga0193698_2012401.jpg
a0193698_20130100.jpga0193698_20142047.jpga0193698_20153145.jpg
a0193698_2016734.jpga0193698_20162768.jpga0193698_2017565.jpg
a0193698_2018450.jpg
 新宮に来たのは、革細工の先生の展示会のため。
 展示の場所もレトロでいい感じ。
 革もパーツも糸もオーダー可能。
 ちゃぶ台を囲んで、お客さんはみな楽しそうに悩んでいる。
 「この形で、ここはこの色で、リングを付けて、、、etc」
 いいでしょ。こういう買い物。
a0193698_20185196.jpga0193698_2019162.jpga0193698_20195917.jpg
a0193698_20203047.jpga0193698_20205888.jpga0193698_20222299.jpg

[PR]
by haichigi | 2011-12-20 20:44 | 熊野自慢 | Comments(4)

那智勝浦郵便局

 久しぶりの建物紹介。那智勝浦の港の裏通りにある郵便局。
 瓦屋根がチャームポイント。途中で途切れている所はどうなっているの?
 もちろん現役。
a0193698_2029877.jpga0193698_20292960.jpg
a0193698_20295834.jpga0193698_20302081.jpg

[PR]
by haichigi | 2011-12-16 20:39 | 建物 | Comments(2)

120年の味

a0193698_20311727.jpg 今回の東京でのメインイベントは、嘗ての仕事場の120周年記念party。partyが始まるまでの時間、日比谷公園あたりをぶらり。公会堂の古びた喫茶室で、手巻きのレコードプレーヤーの音色を聞きながら一休み。その後はイルミネーションを見に丸の内方面へ。バカラの超可愛い招き猫を発見したけど、残念ながら私のコレクションにはお値段の点で合致せず。狭い車道にはなんだか派手な車が爆音を響かせながら列をなしていた。
 partyは珍しく着席で、まるで結婚式のよう。80代のOBのスピーチは、5代前のボスの思い出から始まって、終わらない。いつものように学年ごとの席割りだから、見慣れたメンバー。120年の1/6を一緒に過ごした仲間の話は、いつも2年目の地獄の時代のこと。他の代よりも出席者が多いのは、きっとあの時代を乗り切った戦友だからだろう。
a0193698_20322076.jpga0193698_20325572.jpga0193698_20333784.jpg
a0193698_20341120.jpga0193698_2034442.jpga0193698_20351321.jpg
 お土産は八丁堀にある、同じ120年の歴史を持つ老舗の最中。充分盛大なpartyだと思ったら、実はこれは前夜祭。125周年はもっときちんと企画する、とのボスのスピーチに、やっぱりこの人ちょっと派手好きと思ったのは私だけ?
a0193698_20353843.jpga0193698_2036256.jpga0193698_20365591.jpg

[PR]
by haichigi | 2011-12-15 21:16 | 食物 | Comments(2)

師走の1日 バンカラで〆

a0193698_19373891.jpg
 半蔵門-南北-目黒-大井町-池上線と乗り継いで実家へ。両親の古着を漁って、ウール生地をゲット。旗の台で乗り換えて仕事へ。大井町-東横-横須賀線から江ノ電に乗り換えて、ランチは由比ヶ浜でイタリアの香りいっぱいのミネストローネと栗の粉のクレープ。ワインとクリスマス用のパネットーネ、パンドーロの配送を頼む。江ノ電で鎌倉に戻り、古い民家発見。古着屋を漁って、値札5000円のイギリス製のオールウールのマフラーを900円で3本購入。横須賀線でうつらうつらしていたら、新橋に到着。オジサンの街にもイルミネーション。
 ここに来たのは、20年ぶりにヨット部の納会に参加するため。
a0193698_19392914.jpga0193698_19394215.jpga0193698_19443351.jpg
a0193698_19404346.jpga0193698_1941267.jpg
a0193698_19413171.jpga0193698_194247100.jpg 納会の〆と言ったら、第1学生歌。「東に利根の清流を聞き、西に富士の霊峰を仰ぐ。ここ関東平野のど真ん中に~。いざ高らかに歌わん第1学生歌 アイン ツヴァイ ドライ~。
 久しぶりに会った同期に2次会に誘われたけれど、皆既月蝕は見逃せないのでこっそり帰宅。ベランダから欠け行く月を堪能。翌日あった後輩によると、酔っ払いの同期は新橋駅で私の名前を絶叫していたらしい。昔となにも変わらない。
 これが東京での師走の1日その1。

[PR]
by haichigi | 2011-12-14 20:33 | もろもろ | Comments(0)

東京23区の最高峰 登山

a0193698_19422110.jpga0193698_19424080.jpg

a0193698_19441423.jpg
 その山は、母校の近くにある。
 ちゃんとした運動部は、この階段(男坂)で
 根性を鍛えたとか。
 登りきると、小さな神社や、枯れそうな
 痛々しい梅の木がある。
a0193698_19435379.jpg
 庭には船の浮かぶ池があって、もちろん錦鯉が口をパクパク。

 女坂は緩やかなカーブがあって、登りきると中華料理屋がある。
 2階のお座敷で良くランチを食べたっけ。
 花見の宴会もやったけど、帰りは要注意。
 階段を踏み外したら、、、。

a0193698_19453039.jpga0193698_19464956.jpg
a0193698_19473175.jpga0193698_19474884.jpg
a0193698_1941962.jpga0193698_1948263.jpg
 最近はもっぱらエレベーターで登るのだけど、今日は点検中。しょうがないからエレベーター脇の階段を上る。
 今回の登山のお目当てはチーズ専門店。

 この小さな山は、
 東京23区の天然の山では最高峰。
 標高25.7m。

[PR]
by haichigi | 2011-12-13 20:20 | 旅行 | Comments(0)

今も出会えるのはいくつ

a0193698_8443581.jpg たまに骨董市で紙モノを扱う店に立ち寄る。古い雑誌広告や精密な植物画などを捲くってみる。
 好みに合うものはほとんどない。私の好きなのは、もっと解り易くて、単純で 明るくて、かわいいもの。
 この3枚は、いつ、どこで、なんで買ったのかも忘れてしまった。多分博物図鑑の1ページだろう。動物は精確さを重視して描かれ、けっして可愛くない。
 私の好みとはだいぶ違う。
a0193698_845828.jpg
  でも、この絵は私の目に留まった。 いったい、この中のいくつの動物が今も絶滅せずに残っているのだろう。人間が地球を支配し始めてから、消えなくてもいい動物も どんどん消えていった。 最近の自然の変化は、そんな人間に、何かを知らしめようとしている
 そんな気がする。
a0193698_8453871.jpg
 さてこの絵。なかなか額縁も決まらず、袋に入れたまま本棚に置きっぱなし。
 改めて取り出して見てみると、なんだか明るい色に塗りたくなってきた。
 でも絵心のない私だから、始めちゃってから失敗に気が付きそう。 珍しく思い留まってもうちょっとこのままで。

[PR]
by haichigi | 2011-12-11 09:19 | 古物 | Comments(0)

ウールのリサイクル

a0193698_1954197.jpga0193698_19541825.jpga0193698_19545219.jpg
 フックドラグで使うのは、ウール100%の生地で作ったフェットチーネの様な紐。
 短くても使えるから、切れ端なども大切に取っておく。洋服を買うとついてくる端切れなど、いままで貯めてあった生地が使えるのがうれしい。
 縮れているのは、一度使ったけれど、気にいらなくて解いたもの。もちろん何度でも再利用できる。フックドラグはリサイクルが基本のecoな手芸。
a0193698_19562762.jpga0193698_19572420.jpga0193698_1957408.jpg
 那智勝浦の骨董店で見つけたガラス瓶。少し色がついたガラスは、気泡や歪みがいい。
 実はこれ蓋はたぶん別物。お店の人は気が付いていなかったから、絶対別物!と言ってかなり値切って購入。
[PR]
by haichigi | 2011-12-08 20:13 | 古物 | Comments(2)