ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 制服の思い出 

メモリアルなラグ完成。これは校章

a0193698_19392750.jpg 実は細かいところにこだわっている。母校の冬の制服はオーソドックスな紺のセーラー。襟と袖口の縁取り模様は黒の2本ライン。錨マークはエンジの刺繍。ネクタイは小学校の時はエンジで、中高は黒。そう、この校章のバックには制服のモチーフが隠れている。
 私の母校には、女子高の御三家と言われる姉妹校があった。普段はほとんど交流は無いのだが、冬の制服はほとんど同じ。違いは黒のラインの数で、あちらは3本、こちらは2本。夏服はあちらがかわいらしい半そでのセーラー服で、こちらは「ノートルダムのせむし男」と読んでいた不思議なブラウスに微妙な青緑のスカート。全く勝ち目なし。だからせめてラインの数はすっきり2本がベストだよ、と慰めあった。そう都会の一流受験校に対して、郊外の小さな無名校の私達はコンプレックスの塊だった。きっとあちらの方々はラインの数なんて知らないんだろうな。 
a0193698_1933486.jpga0193698_1934478.jpg
a0193698_19385292.jpga0193698_1939943.jpg

 あの頃の制服は、まだオーダーで作る物だった。お下がりをいただくことも多かったけれど、田園調布の専門の仕立屋に仮縫いにも行った。冬服と合服、オーバーとスプリングコート、なんで似てるのに名前が違うのだろうなんて思った。シルクのネクタイもついつい角を裂いてしまったり、しゃぶってしまったり。雨に濡れるとスカートのプリーツは全く消えて、重ーくなって、蒲団の間に挟んで寝押ししたっけ。あの頃は恥ずかしくてかぶらなかった帽子も、今思えば結構おしゃれだったのに。
 数年前に母校の夏服は、遂に姉妹校と同じセーラーになったとか。たぶん苦節40年位。でかした後輩!
[PR]
by haichigi | 2012-09-26 20:53 | もろもろ

平家と渡海の供養塔

 那智の海に命を投げ捨てた人々。平清盛の孫であったり、生き仏となった僧侶だったり。寺の裏手の苔むす古道を歩き、その供養塔を目指す。
a0193698_20115279.jpga0193698_20122051.jpga0193698_2013215.jpg
a0193698_2014393.jpga0193698_2015089.jpga0193698_20172249.jpg
a0193698_20153295.jpga0193698_20155652.jpg
a0193698_2016565.jpg 実は生きながらえて、色川に移り住んだとか。確かに色川には平家の落人、清水家の石垣が残っていた。

 木漏れ日に照らされた苔の道はとにかく美しい。屋根にまで苔。

 供養塔、三社神社、復元された渡海の船のある 補陀洛山寺。ここも世界遺産。
a0193698_20183441.jpga0193698_201938.jpga0193698_2019495.jpg
a0193698_20192092.jpga0193698_20204939.jpg
a0193698_20212011.jpga0193698_20221333.jpg
a0193698_20224099.jpg a0193698_20233714.jpg
a0193698_20241019.jpga0193698_20243128.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-09-23 20:57 | 熊野自慢

お彼岸って

a0193698_8474490.jpga0193698_8475924.jpg
 お彼岸ってどうしてお墓参りするの?プロテスタントの母に聞いてももちろん?良くわからないまま、両親と出かけた。仏事に疎い我が家では始めてのこと。まず母方の先祖のお墓へ、それから父方のお墓へ。
a0193698_8483513.jpga0193698_849205.jpg
a0193698_8514215.jpg a0193698_852756.jpg
a0193698_8524246.jpg
 台風災害から1年がたって、人の住まなくなった父の生家の荒れ具合は、しょうがないとは思いながらもやはり寂しい。庭には茂った草の中に綺麗な花を見つけ、せめて写真に残す。

 とても美味しかったという柿の木にまだ緑の実を見つける。

 周りではまだ重機が入り復興に向けた作業が続いている。一方で被害のなかったところでは、日本の美しい彼岸の風景が。
a0193698_853170.jpga0193698_8531894.jpg
a0193698_8535148.jpga0193698_8542725.jpg
夜は気分を変えて、叔母と従兄夫婦も誘ってイタリアンへ。半年間、熊野で公務員として働いた父の退職が決まり慰労会。83歳の再就職は、慣れない仕事でやはり大変だったようで、あと5日、と笑顔で指折り数える父。御苦労さまでした。来月から両親は東京に戻り、私はまた気ままな一人暮らし再開。
a0193698_8552711.jpga0193698_8555653.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-09-23 09:26 | もろもろ

あのころは何にもなかったけど

 子供の頃の私の生活圏は東急線沿線。だから新宿はとっても遠いところ。山手線は五反田から乗って行って渋谷まで。それより上は恐ろしいところ。確か中学生だった。紀伊国屋書店に行く用事ができて、一人で新宿駅に降り立った。もちろん携帯なんて無い時代。新宿駅は大き過ぎた。改札を出て、適当に地上に出たら、そこには何もなかった。ただだだっ広い空き地だけ。途方に暮れた。ここが新宿?
a0193698_19425549.jpga0193698_1943187.jpga0193698_19434014.jpg
a0193698_19453295.jpga0193698_19455084.jpga0193698_19461028.jpg
a0193698_194896.jpg
 その日どうやって紀伊国屋書店に辿りついたかは覚えていない。ただあの何にもない光景だけが記憶に残っている。
 その日から、大学通学のためにどうしても新宿を経由しなければいけなくなるまで、新宿には近寄らなかった。

 のっぽのビル街になったあの空き地。彼方には今でも富士山が見える。

[PR]
by haichigi | 2012-09-21 20:06 | 建物

新宿で一番好きな場所は

a0193698_19564594.jpga0193698_1957098.jpg
a0193698_19571662.jpga0193698_19574855.jpg
a0193698_19581639.jpg 
 駅からはちょっと遠いけれど、行かなくちゃ。泊まれ無くてもせめてデリを手に入れたくて。オリーブパンも買いたいし。
 久しぶりの新宿滞在では、まず一番好きな場所を目指す。尊敬する女性がその空間プロデュースに関わったパークハイアット。メインダイニング、和食レストラン、カフェ、プールサイドと沢山の思い出がある場所。でも一番好きな場所は

 こっちのエレベーター。もう一つは道化師だからちょっと怖いので。そう、これは開業当初から変わらない犬のエレベーター。
a0193698_19503785.jpga0193698_19505313.jpga0193698_1951924.jpg
 そしてデリでは、大好きなケシの実が沢山ついたパンと本日のデリを購入。自分でプチプチの食感のサンドイッチを作って夜食完成。このプチプチ感は、ゴマとは全然違うんです。おいし!
a0193698_19485112.jpg
a0193698_19493658.jpga0193698_1950064.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-09-19 20:27 | 建物

生誕50周年記念旅行 

 2泊3日の熊野旅。初日から参加の4人を迎えに熊野駅まで行く前に、予約してあった熊野の隠れた伝統菓子 志ら玉 を40個購入。あっつあつ。今回の宿、熊野倶楽部に着いてすぐにまず1個。夕食は宿でいただき、お部屋でおしゃべりしながらまた1個。
a0193698_20174830.jpga0193698_20181191.jpga0193698_20183288.jpg
翌日は雨雲も吹き飛ばすおばさんパワー全開で、串本へドライブ。橋杭岩、大島の灯台を見る。a0193698_20202390.jpga0193698_20205575.jpg
a0193698_20221424.jpga0193698_20223226.jpg
a0193698_20225338.jpg さすが南国。イギリスから送られたオークの苗は植樹から10年たっても草のようだけど、ハイビスカスは満開だし、フェニックスは巨木に。晴れてないと見られない無量寺の虎も見学OK。何しろ5人とも寅年ですから、これは外せない。そしてこれまた予約していた太地の隠れた和菓子 てつめん餅を購入。狭い路地にやっと見つけた昔ながらのお店で、白10個、ヨモギ10個を購入後、道端に車を停めて皆で試食。宿に帰るまでなんて待てないもの。つきたてのお餅よりももっと柔らかいお餅に皆感激。
a0193698_20233437.jpga0193698_2025242.jpg
a0193698_20255760.jpga0193698_20373632.jpg
a0193698_20361761.jpga0193698_20371921.jpg
 途中参加で宿で待つ3人も一緒に私のお気に入りのお店 ほくしょうへ。大学の同級生8人が集まった女子会は、お店の主人がびっくりするくらいの食べっぷりで、カレーラーメンまで追加。久しぶりにお腹が痛くなる位、大きな声で笑った。
a0193698_20333292.jpga0193698_2034872.jpga0193698_2034275.jpg
a0193698_20345517.jpga0193698_20351681.jpg
a0193698_20353220.jpga0193698_2036090.jpg
 入学時には20人いたけれど、今、連絡が取れるのは16人。そのうちの8人が熊野に集まった。3人はすでに大学生の子供を持ち、5人は独りを謳歌。寅年は縁遠いという話がでて、ハワイに売っているという 虎 の字の入ったpoloのシャツを揃いのユニフォームにしようかなんて。子供がまだ小さい人達も次回は参加できるように、東京の洋食屋で忘年会を企画。店だけでなくメニューも決めて。
 2次会は我が家で残った和菓子をコーヒーと一緒にまた1個。志ら玉もてつめん餅も消費期限は1日。研究熱心な私達は、経時変化を確認した結果、志ら玉を10個入り10箱、20個入り7箱予約して、熊野市駅まで届けて貰い、帰っていった。(てつめん餅も絶品だけど、熊野からはちょっと遠くてお土産にするのは断念)
 悲しいこともあったけれど、この学年で良かった。最高の同級生に恵まれて。男子には「砂漠の砂粒」「質より量」なんて言われ、同級生カップルが1つもない学年だけどね。ちなみに独り者は16人中7人。居心地良好。
 みんなありがとう。
[PR]
by haichigi | 2012-09-18 21:46 | 熊野自慢

樫野崎灯台旧官舎

 串本町の大島にあるお気に入りの樫野崎灯台に、友人4人を連れていく。台風の影響で雨の予報も、寅年のこわーーい女子5人の力でそこだけ快晴に。

a0193698_19494143.jpga0193698_19504659.jpg
そこに今まで入れなかった官舎が100円で見学できるように改修されていた。明治3年にできた日本最古の石造灯台官舎。設計は日本の灯台の父と言われるブラントン。保存できるものはすべて現状のまま残す処理を行ったという。なかなか魅力的な建物。
a0193698_19535137.jpga0193698_19542152.jpga0193698_19553737.jpg
 実は木目は描かれたもの。漆喰の壁に直接描かれたり、扉に描かれたり。

a0193698_1956692.jpga0193698_19565138.jpga0193698_19575773.jpg
a0193698_19583084.jpga0193698_2002050.jpg
a0193698_2012016.jpga0193698_202692.jpga0193698_203479.jpg
a0193698_2032778.jpga0193698_204789.jpg
a0193698_206594.jpga0193698_2065946.jpg
a0193698_2074129.jpga0193698_2075716.jpg
a0193698_2082229.jpga0193698_20104021.jpg 壁の中には明治の新聞も。お風呂は別棟に五右衛門ぶろで。
 ここなら住みたい。窓の外は絶景です。
a0193698_2010594.jpga0193698_20114729.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-09-17 20:42 | 熊野自慢

復活した百日紅

 a0193698_2092244.jpg 庭に残った百日紅。ここ数年カイガラムシが付いたり、枝や葉が黒ずんだり、花がほとんど咲かなかったりとても弱っていた。でも今年は元気に花を咲かせてくれた。
a0193698_20143893.jpga0193698_20145019.jpg

a0193698_209524.jpga0193698_2010470.jpg
a0193698_20111237.jpga0193698_201130100.jpg
a0193698_20265396.jpg
 そして散ったあとも、庭の色々なところをピンク色に飾ってくれている。

[PR]
by haichigi | 2012-09-11 20:29 | 生物

ちょい足しグルメ

a0193698_20131846.jpg ホテルの朝食のお楽しみは、やっぱりビュッフェ。実はわたくし、少々こだわりがありまして。
 朝のコーヒーには、温めたミルクはポットでいただき、ちょい足し。
 チーズは少しずつ。胡桃かカレンズ入りのパンを薄切りにして、蜂蜜かジャムをちょい足し。
 ジュースはオレンジかグレープフルーツにガス入りの水をちょい足し。
 ヨーグルトにはシリアルとドライフルーツに生のフルーツもちょい足し。今回はコーンフレークとミューズリー、レーズンとドライクランベリー、ヨーグルトは3種類。メロンにオレンジにプラムとリンゴのコンポート、バナナも1本を輪切りにして。これらを一つのお皿に美しく。
 ホテルの朝食ちょい足しグルメは、ホテル滞在を楽しくするための私のこだわり。もちろん日々の朝ご飯はこんなことやってられませんけど。
a0193698_20133940.jpga0193698_20135288.jpg
a0193698_20141536.jpga0193698_20143639.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-09-10 20:50 | 食物

丸の内をうろちょろ

a0193698_21112611.jpg
 東京駅丸の内口。だいぶできてきた。床や天井も一部はお目見え。なんだかなあ。
a0193698_21114473.jpga0193698_21115792.jpg
a0193698_2193626.jpga0193698_21103562.jpg
a0193698_21105769.jpga0193698_2111966.jpg
 駅舎だけでなく、丸の内の変化は激しくて、うろちょろすると結構面白い。今のお気に入りは神様探し。7つあるの?

[PR]
by haichigi | 2012-09-06 21:22 | 建物