ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

<   2012年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

tigre boku

a0193698_19333439.jpga0193698_1934365.jpg
a0193698_19342490.jpg
 今年はちょっとメモリアルな作品作りに嵌まっています。フックドラグの今年のテーマは、生物と鞄。生物はやっぱりトラでしょう。誕生日にはちょっと間に合わなかったのですが、私の分身、tigre boku 完成しました。
 と言ってもこれは先生のパターンを使って作ったもの。他の生徒さん達の作品とトリオで並べると可愛いので、もう何匹か作らなくっちゃ。1個作ると結構楽しいラグドールです。


[PR]
by haichigi | 2012-10-31 19:47 | | Comments(2)

海の博物館 その2 面白展示品の子供喜ぶ編

a0193698_19565058.jpga0193698_1957813.jpg
 覗いたらいけない望遠鏡の向こうには、覗きたくなる入江の景色が。なんでも覗くと目の周りにゴムがつく危険があるそうです。
 今が旬でいたみやすいという、生臭くもない食品サンプル。

 各県のタコつぼコレクションや水中眼鏡コレクション。
a0193698_19582519.jpga0193698_19584789.jpg
 マネキンもちょっと太めの海女さん体型。水中仕事には皮下脂肪が重要ですから。a0193698_19591236.jpga0193698_2001575.jpga0193698_2004574.jpg
潜水艇の中、入れます。a0193698_2014938.jpga0193698_2021266.jpg
日本にほとんど残存していない貴重なヨットの横にあるのはa0193698_2034333.jpga0193698_2045833.jpga0193698_2053040.jpg
豚には見えない浮き袋。a0193698_2055958.jpga0193698_2061533.jpga0193698_2065849.jpg
色んな国の船にa0193698_2073055.jpga0193698_208843.jpga0193698_20839100.jpg
海の祭りa0193698_2092889.jpga0193698_20104538.jpga0193698_20111238.jpg
a0193698_2013532.jpg
 こんな圧巻の展示室も。
 貴重で重要なものだけではなくて、なんでも集める方針だとか。
 各地の和船だけではなく、漂流している所を拾われた南国の島の丸太船とか、木の船ならなんでも。
a0193698_20145188.jpga0193698_20151197.jpga0193698_20153814.jpg
a0193698_20162053.jpga0193698_20165055.jpga0193698_20173616.jpg
a0193698_20181599.jpga0193698_2018372.jpg こんなものも。
 まあ辰年ですから。
 大人の皆さまも笑えます。

[PR]
by haichigi | 2012-10-29 20:50 | | Comments(0)

海の博物館 その1 建築好きな大人編

 建築で賞をとったという海の博物館。熊野からだと2時間半のドライブ。なんだか人里離れた山の中。たぶんもっと都会にあったら、もっと手入れされて、おしゃれに飾られているのだろう。でもこの日は地元の小学生の遠足が2組。学芸員の説明を聞いていたり、勝手に遊んでいたり。
 写真撮影に訪れる人が多いのか、撮影はどこもOKだという。子供が写らないように、グループの動きを見ながら、撮影開始。

a0193698_7513940.jpga0193698_7551610.jpg
a0193698_7525837.jpga0193698_7533366.jpga0193698_7541066.jpg

a0193698_894453.jpga0193698_756457.jpga0193698_7573381.jpg
a0193698_7553424.jpga0193698_7583695.jpg
a0193698_812624.jpga0193698_83611.jpg
 瓦の端には、海女の魔よけの模様。コンクリートの壁には木目。そんなところに目が行く。扉も結構凝った造り。

a0193698_80768.jpga0193698_803051.jpga0193698_81894.jpg

a0193698_833573.jpga0193698_835411.jpga0193698_843238.jpg
a0193698_85647.jpga0193698_852627.jpga0193698_855818.jpg
a0193698_861912.jpga0193698_871618.jpg
a0193698_875913.jpga0193698_7581821.jpga0193698_8403017.jpg

 ちなみに有名な天井はこんな感じ。それぞれの建物でちょっと違う。
a0193698_89679.jpga0193698_7515554.jpga0193698_7593754.jpg

 でも、私が気にいったのは、なんといっても豊富は展示品。写真の整理が追いつかないので、ちょっとレトロで、笑える収蔵品の紹介はまた今度に。
[PR]
by haichigi | 2012-10-27 08:58 | 建物 | Comments(0)

40代最後の1日は

 月曜日、仕事場のパソコンがバージョンアップした。そして今まで私が毎日何十回と押していたボタンがなぜか消えた。一回のクリックで済んだ作業が、3回もマウスを動かさないといけなくなって、平常心ではいられなくなる。火曜日、仕事の途中で泣きごとが言いたくなって、担当者に文句を言うも、元に戻すのは簡単ではないと言われる。水曜日、午後の仕事をなしにして、窓もない仕事場から青空を求めて脱走した。a0193698_19104810.jpga0193698_19111274.jpga0193698_19113191.jpg
お昼も食べずに、車を走らせること1時間。辿り着いた「nagi」は雑誌から出てきたようなパン屋兼cafe。平日の11時から16時までしか焼かないというピザを目当てで来たのに、到着した2時にはすでに完売。ああ、今週はついてない。すでにパンの種類も少なくなっていたから、持ち帰り用にも買い占めて、おかずになりそうなパンと自家製ジンジャーシロップペリエ割りでお腹を満たす。a0193698_191150100.jpga0193698_19124625.jpg
a0193698_1913444.jpga0193698_19131913.jpga0193698_19133782.jpg
a0193698_19591573.jpg
 ここは本州最南端の先っぽに並んだ大島。
 樫野崎灯台では、いつも抜けるような青空が迎えてくれる。
 
 うーーん 空が好き。
a0193698_19141426.jpga0193698_19144641.jpg
a0193698_19164278.jpga0193698_19171020.jpg
a0193698_19212115.jpga0193698_19213675.jpga0193698_1932504.jpg
a0193698_19223419.jpga0193698_1922505.jpg
a0193698_1923798.jpg 来る度に新しい発見のできるこの場所で、今回は裏側に潜入。まっ白な壁に面白い影を見つけた。ちょっと気分が上向いたところに、、、、。
 この島のもう一つの面は、トルコと日本の友好の島ということ。ということで、
 またしてもトルコ人大阪商人の餌食に。ドンドルマと特製のミルク入りトルココーヒーのサービスでついついアンティークチジムを購入。
a0193698_1924099.jpga0193698_19241740.jpg
a0193698_1925575.jpga0193698_19252371.jpga0193698_19253841.jpg
a0193698_1926920.jpga0193698_19262293.jpg 40代最後の夜の晩餐は、買いすぎたパンに、なすとシラスを挟んだサンドイッチで反省会。いくつになってもこの性格は変わらない。

[PR]
by haichigi | 2012-10-26 20:14 | 熊野自慢 | Comments(8)

蓋つきの器

a0193698_1943423.jpg
 青山の骨董市で久しぶりに買ってしまった器。蓋つきのこういう器、結構好きかもしれない。漏る事は無いということだけど、ヒビがあるのでオーブンでテリーヌを作るには使えない。でもリエットとかをピッチリ詰めたら、美味しそう。
a0193698_195633.jpga0193698_1952343.jpg
ちゃんと小さな穴が開いてます。a0193698_1954136.jpga0193698_1955887.jpg
a0193698_196538.jpga0193698_1972761.jpg
 リエットとかパテとかテリーヌ、好きなんです。ステーキやらとんかつやらのお肉の王道の料理より。
たぶん元々はクズ肉を無駄にしないための料理だったのでは、そんなところが好きなんです。手間をかけて、絶品を作る、自分じゃできないから、せめて形から。テリーヌの器のコレクションはそんな気持ちの表れかな。
[PR]
by haichigi | 2012-10-22 19:28 | 古物 | Comments(0)

有効活用中

a0193698_21272986.jpg
 まだまだ昼間は暑い熊野で。
 さすが、賢い!
 バードバスから流れ落ちた井戸水で
 そこはいつも涼しいんです。
 のどが乾いたらお水も飲めるし。

 ところで、バードバスの中の白い物体は?
 3年野ざらしにしてあった牡蠣殻。
 水を綺麗にしてくれるそうで。
 確かに緑の藻が減ったようです。

[PR]
by haichigi | 2012-10-21 21:30 | 生物 | Comments(0)

那智勝浦で

a0193698_21161314.jpga0193698_21171164.jpga0193698_2117279.jpg
a0193698_21174864.jpga0193698_2118614.jpg
a0193698_21182386.jpga0193698_2119836.jpg togemuseum の先生の展示会。ランチの美味しい喫茶店の奥にあるギャラリーで。白い壁に色とりどりのウールが映える。軍手だって、消しゴムだって冬支度。
a0193698_21192826.jpga0193698_21195570.jpga0193698_2121437.jpg
a0193698_21222838.jpga0193698_21225162.jpg
豚さんのウール染色の作品は、古毛布を使ったもの。端っこにその痕が残っている。我が家の毛布も再利用して貰った。
a0193698_21235325.jpga0193698_21241522.jpg
a0193698_21262220.jpga0193698_21264673.jpg
a0193698_21273690.jpga0193698_2128588.jpg
a0193698_21285061.jpga0193698_21291113.jpga0193698_21292670.jpg
 さて東京の皆さまにお知らせ。来年1月19日から1月24日まで、東京都美術館のギャラリーBで「テキスタイルレシピ」というグループ展開催。先生のウール染色作品も展示されます。我が家の古毛布に会いたい方、暖かいウール作品で癒されたい方、ぜひ足をお運びください。
a0193698_21294180.jpga0193698_21295619.jpga0193698_21301123.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-10-20 22:03 | | Comments(2)

他にも気になった方もいたようで

a0193698_2047166.jpga0193698_20473668.jpg
a0193698_20475062.jpg 
 10月13日の東京の空。見上げていた人も多かったようで。私はただ写真を撮りたい空、と思っただけだったけれど。
 ひとまず、何事も無くて良かったです。

 青山のKINOKUNIYAビル。昔の方が良かったのになあ、と思っていたけれど、この日の空にはベストマッチ。最近、ちょっと空が気になります。角を曲って、渋谷方向に少し行った時には、雲の形は崩れてきていました。
a0193698_20481657.jpga0193698_20482988.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-10-19 21:01 | | Comments(2)

憧れの学生生活

a0193698_1959589.jpga0193698_2002253.jpg
大阪に突然出かけたのは、このビルで行われた「新人戦」を見に行くため。建築を学ぶ学生の作品が並ぶ会場は、全くの部外者でも楽しい。こんな学生生活してみたかったなあ。沢山の応募の中から選ばれた100作品は、さらに8作品にしぼられて、表彰されて。そういう世界に身を置いたことは無いので、ただただ羨ましい。
a0193698_201721.jpga0193698_2012266.jpga0193698_202527.jpg
a0193698_2022784.jpga0193698_2032224.jpga0193698_2041460.jpg
a0193698_2043472.jpga0193698_2044968.jpga0193698_2054651.jpg
a0193698_2063933.jpga0193698_2072032.jpga0193698_2082169.jpg
a0193698_2085587.jpga0193698_2010160.jpga0193698_20102758.jpg
 熊野から大阪に行くには、奈良の吉野のあたりで車を停めて、そこから近鉄が便利。お勧めのお土産は焼き餅。ただし、予約は絶対必要。焼きたてを食べたくて予約の他に1個売って貰おうとしたら、朝8時半に来店したにもかかわらず、売り切れでした。
a0193698_2011122.jpga0193698_20113072.jpga0193698_20114594.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-10-17 20:33 | 食物 | Comments(2)

大阪 食べて歩いてまた食べて

a0193698_213997.jpg 大阪初心者のランチは、やっぱりお好み焼きでしょうか。女三人で、良く知らずに入ったお好み焼き屋。焼きそば、田舎焼きと頼んで、あと一つ何がいいですか?と聞くと店主はちょっと呆れた様子で、豚玉だろ、との返事。どれも美味しかったのだけど、帰り際に今度はもっと複雑なもの頼んで!と一言。
 そして建物探索へ出発。
a0193698_2132029.jpga0193698_2133343.jpga0193698_2134622.jpg
a0193698_215426.jpga0193698_2152790.jpga0193698_2155588.jpg
a0193698_2182721.jpga0193698_2185846.jpga0193698_2194290.jpg
a0193698_2110277.jpga0193698_21102119.jpga0193698_2110473.jpg
a0193698_2112962.jpga0193698_21123430.jpg
a0193698_2114917.jpga0193698_21144529.jpg
a0193698_21152671.jpga0193698_21155291.jpga0193698_21163152.jpg
a0193698_2117501.jpga0193698_21183015.jpga0193698_21191527.jpg
a0193698_21194823.jpga0193698_21201632.jpga0193698_21203732.jpg
a0193698_2122489.jpg そして夜、お腹が空いたところで、ライトアップされた建物を眺められるスペイン料理店へ。感激したのは、干しタラのサラダ。今まで干しタラって、もさもさしたしょっぱいだしがら、だと思ってました。上手に料理すると、こんな美味しくなるなんて。
 ピーンと延びたハモンセラーノは、今回は見るだけに。大阪堪能の1日でした。
a0193698_21222582.jpga0193698_21224349.jpga0193698_2123950.jpg
a0193698_21232912.jpga0193698_21234716.jpg
a0193698_21243342.jpga0193698_21245118.jpga0193698_2125883.jpg

[PR]
by haichigi | 2012-10-16 21:49 | 建物 | Comments(0)