ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

<   2013年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

冬の花火

a0193698_20594652.jpg
a0193698_2104425.jpg 高速開通記念に色々なイベントが企画されている熊野市。週末のイルミネーションは駅前や獅子岩。
 それに月末の金曜日には花火大会。第1回は台風で中止となったので、11月が初。15分と短い花火だけど、熊野花火の定番、海上自爆も。冬の花火もなかなかいいもんです。
a0193698_2114294.jpga0193698_214932.jpg
a0193698_2144110.jpga0193698_215279.jpg
a0193698_2155070.jpga0193698_2162025.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-11-28 21:14 | 熊野自慢

石窯パンはホントに美味しい!

 古座川の奥、三尾川の人里離れた1軒屋。そこに石窯がある。大荒れの天気の月曜日、石窯で焼く天然酵母パンの体験に参加した。元々ここは紀州備長炭の産地。その窯石をリサイクルして自分達で作りあげたという窯。手作りで作りあげたのは窯だけではなくて、発酵器、小屋。材料にもこだわり、小麦も自家製、自分で脱穀、製粉。
a0193698_2020357.jpga0193698_20223662.jpg a0193698_20231535.jpg
a0193698_2024015.jpga0193698_20245550.jpg パン作り素人の私は、お料理上手の友人とパン作りが趣味の友人を助っ人にして3人で参加。
 天然酵母のパンは柔らかくって、扱いが難しくって、優しく、でも手早い作業が必要で。
a0193698_20251034.jpga0193698_20252417.jpg
a0193698_2026574.jpga0193698_20264181.jpga0193698_20273646.jpg
a0193698_20283582.jpga0193698_20285787.jpga0193698_20291758.jpg
a0193698_20315016.jpga0193698_20322254.jpga0193698_20324363.jpg
 石窯は薪で全体をまんべんなく温めて、温まったら中の薪を掻き出して。小麦を振って、熱すぎる場所を水を含ませたモップでごしごし。
 そうそう、窯が温まるまでに軽くランチを摘まんで。おしゃべり。
a0193698_2033911.jpga0193698_20335229.jpg
a0193698_20341437.jpga0193698_20344283.jpg
a0193698_20352239.jpga0193698_20354386.jpg
a0193698_20363416.jpga0193698_20365194.jpg
a0193698_20372029.jpg
a0193698_20373410.jpga0193698_20383314.jpg
a0193698_2039656.jpga0193698_2039294.jpg a0193698_2040953.jpg
a0193698_20402873.jpg いつもより膨らみが少ないのは、雨や気温のせいではなくて、扱いが乱雑だったためだそうで。
 作ったのは5種類のカンパーニュ。プレーン、マロン、胡桃、いちじく、柚子ピール。どれも皮はパリッで中はフワ、焼きたてはもちろん、冷めたって全然美味しい。パンにあうと持ちよったランチやリエット、レバーペーストでもう一度お食事タイム。
 6時間の体験はあっという間に終了。もう一度やりたい!
a0193698_2041198.jpga0193698_2042788.jpga0193698_20422748.jpg
a0193698_20434748.jpga0193698_2044891.jpga0193698_20442545.jpg
a0193698_20444897.jpg 実はこの窯があるのは父の旧友の家。私達がパン作りに夢中になっている間、父は友人と母屋でおしゃべり。そしておしゃべりはパンが焼き上がっても終わらず。旧友は名残惜しそうに父に泊っていくか、なんて。父にも私にも楽しい1日だった。

[PR]
by haichigi | 2013-11-26 21:54 | 食物

横浜キルト展

a0193698_20284323.jpga0193698_20285415.jpga0193698_20291254.jpg
a0193698_20293736.jpga0193698_20302369.jpga0193698_2031745.jpg
a0193698_20274328.jpg 
 先週末にみなとみらいで行われたキルトの展示会。行ってきました。プロの作品は撮影禁止だけど、出品作品はどれもプロの人と変わりないすごさ。やっぱりキルトは無理と改めて実感。もっぱらお店を覗いて、お客さんを観察。日本人のお客さんに交じって、中国や韓国の方やアメリカの団体さんも。アメリカ人の団体さんの体型を見て、やっぱりキルトには手を出さないでおこうと決心。

a0193698_20224593.jpga0193698_2023423.jpga0193698_20232245.jpg
a0193698_20234064.jpga0193698_2024117.jpga0193698_20241921.jpg
a0193698_20243419.jpga0193698_20245456.jpga0193698_20251294.jpg
a0193698_2025315.jpga0193698_20255744.jpga0193698_20261875.jpg
a0193698_20263920.jpga0193698_20265966.jpga0193698_20272050.jpg

 a0193698_20331948.jpga0193698_20333525.jpga0193698_20335187.jpg
a0193698_2034571.jpga0193698_20342180.jpg ランチに外に出るとあいにくの雨。中華街散策は諦めて、でも折角だからとトゥーランドットで中華料理を食べる。デザートは、とろとろ杏仁とさっぱり杏仁のハーフ&ハーフ。

[PR]
by haichigi | 2013-11-20 21:11 |

アメリカが憧れだったあの頃

a0193698_20423756.jpga0193698_2162232.jpg

a0193698_20445616.jpg あの頃の女子中高生は皆、学生鞄と一緒に彼らの布バックを持って学校に通った。スヌーピーの縫いぐるみを持っていない子なんて、きっといなかったはず。
 だから、この展示会は外せない。六本木ヒルズの切符売り場には、平日の開館直前にも関わらず列ができていた。いろんな仕掛けの展示は、最後の一部屋だけ撮影OK。やったね、この部屋を持ち帰れる。懐かしの布バックもこうやって飾られるとビンテージもののよう。いろんな顔の彼らがいる。 
a0193698_2046076.jpga0193698_2048685.jpg
a0193698_20482014.jpga0193698_20484016.jpga0193698_20493849.jpg
a0193698_20495378.jpga0193698_20504639.jpga0193698_20514254.jpg
a0193698_20522863.jpga0193698_20524558.jpga0193698_2053273.jpg
a0193698_205412100.jpga0193698_20542749.jpga0193698_20544724.jpg
a0193698_20552073.jpga0193698_2055399.jpga0193698_20555898.jpg
a0193698_205732100.jpga0193698_20425018.jpg

このあと仕事だというのに、左手にスタンプを押してもらって、シュルツ氏の好物だったというチョコチップクッキーやら沢山のお土産を買って、余韻に浸る。
 子供の頃、スヌーピーのフィットシーツで寝ながらそこに書かれた英語の会話を読んだ思い出がよみがえる。アイロンのいらないシーツは一番のお気に入りだった。そう、憧れのアメリカの象徴はやっぱりミッキーとスヌーピー。
[PR]
by haichigi | 2013-11-19 21:27 |

三重テラス

 東京には沢山のアンテナショップがある。日本橋には奈良県や島根県。そこに最近加わった三重県。新しい建物に入った三重テラス。江戸の人達が伊勢参りの出発点とした日本橋にできたアンテナショップ。
a0193698_2050893.jpga0193698_20502692.jpga0193698_205044100.jpg
a0193698_20514544.jpga0193698_2052257.jpga0193698_20522454.jpg
a0193698_20523889.jpga0193698_2052544.jpg せっかくなので日本橋を渡ってみる。下を流れる川は濁っているし、上には高速が走り、窮屈な思いをしているように見えるこの橋。
これが東京。
a0193698_20553033.jpga0193698_20561687.jpga0193698_2056542.jpg
a0193698_20592643.jpg
 そして小さな隙間にも、青い空はあるのです。

 三重テラス、残念ながら三重県の端っこの熊野の物産はほんの少し。まあそんなもんでしょう。a0193698_21181720.jpg 再開発中の日本橋。歩き疲れたら、お茶の変わりにお出汁で一休み。

[PR]
by haichigi | 2013-11-12 21:24 | 建物

あったかいペンギン

a0193698_19114793.jpga0193698_1912258.jpg 大好きなsavignac のこのポスターをラグにしてみました。
 このペンギン君、実はとってもあったかい奴なんです。そろそろ活躍の季節。湯たんぽカバー。なんでも湯たんぽカバーをラグで作ると、じんわりあったかで丁度いいとか。背中や足やくちばしはフランス軍の中古品のウール毛布。最近軍用毛布に嵌まってます。
a0193698_19123331.jpga0193698_19124728.jpg
a0193698_1913089.jpga0193698_1913127.jpg
a0193698_19133275.jpg 
 このあったかいペンギン君が原画とはちょっと違うのは、だっこしているのが子白クマと子アザラシのところ。友達にもあったかい奴なんです。
 

[PR]
by haichigi | 2013-11-10 19:33 |

今月のtoge museum はタイいっぱい

 久しぶりにtoge museum の展示会の紹介。今回は館長がバカンスを過ごされたタイの手仕事作品の紹介。
a0193698_2047143.jpga0193698_20473449.jpg
a0193698_20474972.jpga0193698_2048571.jpga0193698_20482322.jpg
a0193698_20484037.jpga0193698_2049415.jpg
 cafeには、今ちょっとこの辺りで流行っている色鮮やかなウール小物が並ぶ。a0193698_20492656.jpga0193698_20494669.jpga0193698_2050079.jpg
a0193698_20501722.jpga0193698_20503526.jpg
そしてランチはもちろんタイカレー。a0193698_20511840.jpga0193698_20513016.jpg

[PR]
by haichigi | 2013-11-06 21:03 | 熊野自慢

ワンコインで

a0193698_1137034.jpg 肌寒い小雨のぱらつく朝。旧鉱山の街のふるさと祭りへ。子供達のためには、丸太切りやら列車やら無料で楽しめるものが準備されている。
 もちろん私の目当ては食べ物。尾頭付きの伊勢海老寿司を食べるか、それとも鮎のから揚げを買って、オマケのモクズカニのお味噌汁を食べるか悩む。どちらもワンコイン500円。結局温かいお味噌汁に惹かれて鮎のから揚げを選ぶ。
a0193698_1137131.jpga0193698_11372993.jpg
a0193698_11374672.jpga0193698_1138233.jpg
 ワンコインでアマゴ釣りも。釣れなくても1匹くれるようで、その場で焼いて食べることもできる。

a0193698_11382627.jpga0193698_11384376.jpg
 秋は食い気いっぱいには楽しい季節です。
[PR]
by haichigi | 2013-11-05 11:54 | 熊野自慢

SANAA展 熊野古道なかへち美術館

a0193698_2250536.jpg
 しばらく修復のために閉館していた熊野古道なかへち美術館が再開。これは行かないと。建築好きの友人を誘うと、12月23日までの企画展「SANAA展」のミュージアムトークに応募することに。あの金沢の21世紀美術館を設計したSANAAの二人が、たった80人の前で講演するために中辺路を訪れるという。
 この美術館はSANAAの始めての美術館で、今回の企画展ではその後の数々の仕事の模型などが飾られている。小さな展示室の中はおもちゃ箱のよう。
 二人の講演はなんだか夢にあふれ、建築家の魅力にうっとり。講演の後は質問タイム。いかにも建築学科の学生から、古民家再生ボランティアのおじさんや、怪しげな医者、中辺路の住民と色とりどり。誠実に答える姿になんだかファンに。彼らが作った他の建物も見てみたくなった。
a0193698_22515194.jpga0193698_22522366.jpg
a0193698_2242535.jpga0193698_22422254.jpg
a0193698_22434316.jpga0193698_22442777.jpg
a0193698_22445569.jpga0193698_22453278.jpg
a0193698_22455277.jpga0193698_22461240.jpg
家具の設計もする、と言うことだからきっとこのスツールも。なんだか気にいって、写真に撮りまくる。a0193698_22474425.jpga0193698_22483364.jpg
a0193698_2248016.jpga0193698_22481834.jpg
小さな町の小さな美術館。熊野古道にはこんなオシャレな空間もあるのです。
[PR]
by haichigi | 2013-11-04 23:22 | 熊野自慢

お泊り女子会 おしゃべりは止まらない。

a0193698_19321575.jpg 学生時代からの仲良し4人組でお泊り女子会。今回は赤坂のホテルで、ちょっと優雅に。といってもインターネットを駆使して、お得なパックで、そのお得を使い尽す計画。チェックイン開始時間にホテルで集合。ラウンジでサービスのコーヒーとチョコレートやスイーツをいただきながら、赤坂の町を見下ろしてのおしゃべり。神社の結婚式を上から眺めてもいいのか、とか、消え去った赤坂プリンスに残された旧館の運命を心配したり。私達が学生の時代に、麻布プリンスを売ったお金で建てた、という噂があった六本木プリンスももうないんだよ、と話は続く。何しろ私達の学生時代はバブル絶頂期でして。
a0193698_19332143.jpga0193698_19402419.jpg
a0193698_19333715.jpga0193698_19335364.jpg
a0193698_2091615.jpg 部屋に着くと、無料で利用できるジムとプールへ。水着は持ってきたけれど、ジムのシューズやウエアーは無かったので、レンタルしたら、その料金がかかるんではないかとやたら心配したり。わざと?水着を忘れてプール、ジャグジーをパスした1名も、お風呂には参加させられて、ローブ姿で寝椅子でお水。
 夜はラウンジで無料の軽食に飲み放題のカクテルやソフトドリンク。軽食でも沢山食べればお腹いっぱいになるわけでして。朝食もこのラウンジだね、と言っていたら、朝食はちゃんとビュッフェがついていた。
a0193698_19352316.jpga0193698_19361191.jpga0193698_19362924.jpg
a0193698_19372367.jpga0193698_19373774.jpga0193698_19375433.jpg
a0193698_19383454.jpg サンゲタンはおかゆに自分で丸鶏の浮かんだスープをかけて、トッピングは栗、くこの実、蒸し鶏、葱、茗荷などを選ぶ形。胡椒を効かせて、朝から健康食。
 12時チェックアウトということで、もう一度プールに行って、チェックアウトの後もそのままラウンジでコーヒーでおしゃべり。

a0193698_19422977.jpg 今回は熊野からお土産にこの3匹を連れて参加。3人それぞれが一番気にいったにゃんこが違ったので、3人とも喜んで持ちかえってくれた。可愛がってね。次回からお泊り女子会にはにゃんこを連れてくること、という話も出たけれど、さすがに50過ぎのオバサンがそれは危なすぎということで却下。
 30年以上の付き合いでも、全く知らなかった一面が見れたりして、充分もとが取れたお泊り。これからは年1回位はやりますかね。

[PR]
by haichigi | 2013-11-03 20:39 | もろもろ