ひとり言をぶつぶつぶつ


by haichigi

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

Bokuのtempo l...
うららフェルトライフ

カテゴリ

全体
熊野自慢
古民家修復
建物
古物
食物

生物
人物
旅行
もろもろ

以前の記事

2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

最新のコメント

鍵コメさま すみません..
by haichigi at 09:12
chamekoさん  ..
by haichigi at 09:07
bokuさん 待ってい..
by chameko at 17:22
> きゃおきゃおさん ..
by haichigi at 15:34
習うって素敵ですね。作品..
by きゃおきゃお at 10:01

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
つぶやき

画像一覧

148歳をGoogleにもお祝いされる人

a0193698_14222782.jpg 148回目の誕生日に、生前住んでいた家の有形登録文化財プレートの除幕式が行われると聞いて、熊野からドライブ。目的地は和歌山県田辺市の南方熊楠顕彰館。普段は非公開の母屋の内部見学を10時から11時の受付で行う、というので余裕をみて3時間前に家をでたら9時15分到着。でも既に2名がこの前で待っていた。

a0193698_14224030.jpga0193698_14224363.jpga0193698_14225668.jpg
a0193698_14230182.jpg 一人は東京から駆けつけた熊野古道好きな方で、もう一人は先着30名にあたる空くじなしのくじ引き目当ての地元の方。門の格子の隙間から母屋を覗くと、すでにプレートの除幕式の準備は整っているようす。
 しばらく門の外で待っていると、係りの方が顕彰館の中に案内してくれる。
近代的な建物の中には、南方熊楠の資料が並んでいる。顕微鏡で標本を覗けたり、ブリタニカも閲覧できる。特に熊楠フリークでもないし、粘菌好きでもないけれど、我が家のオブジェとなった引作の大楠を伐採の危機から救った人だし、熊野の有名人だし。田辺出身の方の話では、かなりの変人でお手伝いさんは何人も変わったとか。まあこのお顔なら想像できます。

a0193698_14231618.jpga0193698_14231997.jpga0193698_14232351.jpg
a0193698_14232942.jpg
 そしてここでの目的の一つは引作の大楠の枝で出来たテーブルを見ること。平成19年に折れた枝は、輪切りにされていろんなところに渡ったが、ここにも2個ほどあって、奇麗に磨いてテーブルになっていた。我が家のオブジェも雨ざらしではもったいない、と言う方がいてちょっと考えているのです。
a0193698_14233371.jpga0193698_14233666.jpg
a0193698_14234081.jpga0193698_14234303.jpg
a0193698_14234736.jpga0193698_14235154.jpg

a0193698_15035941.jpg おそれていたほどの人は集まらずに受付を済ませて、母屋玄関前の除幕式会場に移動。挨拶が済めば、受付順に10人づつ内部見学へ。もちろん最初の10名で中に入る。まずは急な階段を登って、2階へ。思ったよりも普通の和室。明治時代の2階屋としては高いそうで、開け放した窓からは風が通り抜けて、壮快。ここにお客を泊めて、自分は蔵と離れを行ったり来たりして研究をしていたらしい。
 
a0193698_15043075.jpga0193698_15060514.jpga0193698_15044509.jpg
a0193698_15045606.jpga0193698_15045432.jpg
a0193698_15054284.jpga0193698_15055717.jpg  一階も和風の部屋。家具も元々のもの、と聞くとちょっと嬉しい。熊楠亡きあと、家族が愛着を持って暮らしていたのだろう。

a0193698_15192883.jpga0193698_15192555.jpg
a0193698_15200542.jpga0193698_15214737.jpg a0193698_15213450.jpga0193698_15200927.jpg
a0193698_15220486.jpga0193698_15221127.jpga0193698_15224035.jpg
a0193698_15222390.jpga0193698_15222877.jpga0193698_15223191.jpg
a0193698_15403127.jpg そして庭に降りる。ここは庭が面白い。蔵の中は熊楠の宝物で溢れ、隣の熊楠の書斎は、今でも熊楠が研究を続けているかのよう。2階に泊まったお客は、夜中も蔵ろ書斎を行き来する熊楠の足音で、寝付かれなかったという。当時の井戸や、納屋もいい感じで残る。
a0193698_15410611.jpga0193698_15411043.jpga0193698_15411557.jpg
a0193698_15412128.jpga0193698_15412615.jpg
a0193698_15414081.jpg 椅子や座卓もあるし、天井からの照明をあんなに低い位置まで伸ばしているのに、熊楠の研究姿といったら、この縁側で前屈みになって、太陽の光で観察している写真の姿が浮かぶ。
a0193698_15414770.jpga0193698_15415238.jpg
a0193698_15421856.jpga0193698_15422498.jpga0193698_15422766.jpg
a0193698_16013134.jpg そして何と言ってもこの庭、植物が立派で元気だ。もちろん大楠もあるし、みかんや枇杷などの実を付ける木も豊富だ。それらが家を覆い隠すかのような勢いで茂っている。ミツバチの羽音もうるさいくらい。いまではここは田辺の住宅街の一角だというのに。
 ここには熊楠が救った沢山の熊野の巨木の力が満ちている。流行のパワースポットよりもずっとパワーに溢れているように感じた。
a0193698_16014260.jpga0193698_16014704.jpga0193698_16011386.jpg

a0193698_16022303.jpga0193698_16022733.jpga0193698_16025298.jpg

a0193698_16030423.jpga0193698_16025989.jpg さて、ここでもちょっとした小物チェックをしておこう。
a0193698_16032064.jpga0193698_16032456.jpg

a0193698_16031787.jpg 南方熊楠には力がある。和歌山の人で、ロンドンから帰国して訪れた熊野をとてつもない野蛮な地と言ったそうだが、彼がいなかったら熊野が今の形で現代の人々に知られることはなかっただろう。とてつもない変人だった、と言われる割には家族には愛され、慶応大学の学生時代からの日記は一冊もかけることなく、保存され家も修復され登録文化財となった。愛すべき熊野の変人、彼はきっとこれからも熊野のために力をかしてくれる、そう思える日となった。お誕生日おめでとう。 

[PR]
# by haichigi | 2015-05-19 16:40 | 建物 | Comments(0)

熊野にあるスペイン

 熊野三山の一つ、新宮にある速玉大社。そのすぐそばにある河原横町。熊野川の河原に昔よくあったという簡単に移動できる?小屋が並ぶ。お土産物屋、たこ焼き屋、cafe、そしてスペイン食材店。この横町、なかなかいいんです。スペイン食材のお店の店主はスペイン人。合気道の修行のために新宮に来て、日本人の奥様と結婚。スペインのワインで有名なリオハ県の出身で、お店には手頃なワインやワインにぴったりの生ハム、チーズ、各種のパテが並ぶ。
a0193698_08210957.jpga0193698_08211283.jpg

a0193698_08211807.jpga0193698_08212320.jpg


 そんなお店に店内で食べれるスペースができた。ちょっとしたおつまみで一杯。この日はスペインオムレツとパエリヤをお水でいただく。常連さんはオリーブをつまんで、ワインを一杯。続々と来るのは、外人さん。新宮は実は嘗ては外人さん比率が地方都市で一番だったとか。合気道の有名な道場があったことと、日本人の人口がどんどん減少したためらしい。もちろん道の世界遺産というのは、スペインの巡礼道と熊野古道の2つだけということも関係するのかも。a0193698_08213554.jpga0193698_08213911.jpg

a0193698_08214130.jpga0193698_08214520.jpg 

 そうそうお隣のたこ焼き屋さんも面白いネーミングのたこ焼きが種類豊富にあって、楽しいお店。私の一押しは「痩せる思い」たこの代わりに甘辛く味付けしたこんにゃく入り。お隣でスペインビールを調達して、たこ焼きで一杯、なんていうことも出来るようです。

[PR]
# by haichigi | 2015-05-17 08:56 | 食物 | Comments(0)

木のスプーンでカレーを食べたい

a0193698_21062307.jpgスプーンと言えばほとんどは金属。その堅い口当たりが嫌だ、と言ってお箸でカレーを食べる人がいる、という話を聞いた。特にこだわりなく普通に金属のスプーンで食べていた私も、そんな話を聞くと一度は木のスプーンでカレーを食べてみたくなる。
 そこで今回は普通のスプーンを作ることに。と言っても結構むずかしい。ネットで木のスプーンを見てみると、形も大きさも色々工夫されておしゃれ。でも私が作ると結局こうなってしまう。

a0193698_21061225.jpga0193698_21060827.jpga0193698_21060141.jpg

a0193698_21063168.jpg 以前に作ったものに何となく似てしまう。ちょっといびつなところも。でも今回は椿の木。そして次は桜で同じスプーンを作る予定。同じといっても同じにできるか不安ですが。しばらくは色々な木で同じ大きさのスプーンを作って、食べ比べて?見るつもり。どれが一番美味しくカレーを食べられるかって。 

[PR]
# by haichigi | 2015-05-14 21:23 | | Comments(0)

出張!なんでも鑑定団 in 熊野

 お隣さんとの立ち話し。「9月に熊野にお宝鑑定団が来るから、今、お宝大募集中らしい。蔵のなかになんかあるんじゃない?」
 でも我が家の蔵はほぼ空っぽ。それでも、面白い逸話があるものとかが採用される、というので探してみる。で、思いついたのがこれ。
a0193698_09392828.jpga0193698_09393167.jpg

a0193698_09393682.jpga0193698_09394320.jpg

a0193698_09394957.jpg 昔のブドウ糖液の点滴ボトル。アンプルカッター付き。もちろん中身入り。
 他にも点滴瓶や注射器、眼科手術メスなんかもあるのだけれど。一応、写真を3枚とって応募するそうなので、写真撮影してみました。
 6月30日の応募締め切りまで、色々探してみようかな。鑑定してもらえるのは6人ということなので狭き門。東京に行くつもりだった週末を予定変更までしたので、観覧には応募するつもりです。これも抽選なのですが、、、。

a0193698_09395912.jpga0193698_09401703.jpga0193698_09415140.jpg

[PR]
# by haichigi | 2015-05-12 10:07 | 古物 | Comments(1)

小麦農家のパン工房木造校舎

 そのcafe兼パン屋の名前は、小麦農家のパン工房木造校舎。都会から移り住んだ方がかなりこだわった農業をしながら、田舎暮らしをしているらしい。
a0193698_19432581.jpga0193698_19432971.jpga0193698_19433985.jpg
a0193698_19433671.jpg 今週で週末ランチはおしまいと知って、始めて訪れた山里の木造校舎。限定10食ということなので、予約をしてナビで向かう。本宮の少し手前で熊野川を渡って、小さな集落へ。校庭を横切って校舎に向かう。なんだか山里には不似合いに大きな校舎。嘗てはここには沢山の子供の声が溢れていたのだろうか。入り口の横には石釜が。ここは小麦から手作りした天然酵母石釜パンの店。

a0193698_19444430.jpga0193698_19444901.jpg

a0193698_19435678.jpga0193698_19435979.jpga0193698_19445835.jpg

a0193698_19441195.jpga0193698_19451002.jpga0193698_19461783.jpg

a0193698_19454741.jpg 長い廊下を歩いて、教室のcafeに入る。隣の教室は託児所のようで、子供達が遊んでいる。cafeのお客さんも皆さん子供連れ。ちょっと場違いな感じなので、窓際の席を選ぶ。本日のランチは里芋と鹿肉のコロッケ。色々なパン付き。小さな椅子に座って、外の水田を眺めると、窓からは気持ちのいい風が吹き込む。料理も空気も体にとっても良さそう。

a0193698_19455188.jpga0193698_19460598.jpg

a0193698_19450276.jpga0193698_19461346.jpg

a0193698_19464482.jpg cafeの椅子はこの小学校と、近くのやはり廃校となった学校のものだという。学年に合わせて、椅子も大きいものと小さいものがある。よく見ると学校の名前入り。
この学校の卒業生が養殖マグロで有名な私立大学を創設したとか。その人もこの小さな椅子に座って学んでいたのだろうか。
 この校舎も4年前の大水害で完全に水没したそうで、鍵盤がだめになってしまったグランドピアノは、天板だけ残して、テーブルとして使われていた。
 ランチは今月で終了だが、今後は毎月第2日曜日に色々なイベントを開催するという。
a0193698_19463535.jpga0193698_19462901.jpg

a0193698_19451610.jpga0193698_19474938.jpg 基本はカンパーニャ系のパンだが、ベーグルや黒パン、蒸しパンも。簡単に行ける店ではないので、いろんな種類を買い占める。これでしばらくは楽しめそう。

[PR]
# by haichigi | 2015-04-24 20:48 | 建物 | Comments(0)

始めての銀細工体験

a0193698_10293368.jpg いつもの革細工教室の体験プログラムが、今回は特別バージョンの銀細工だということで、友人と二人で早速申し込む。先生のお手本はこんな感じ。
 体験教室なので、あらかじめ先生が丸く切り抜いて、穴も開けてある銀のパーツ。バーナーで熱して、水につけてからローラーで伸ばしたり、金槌で叩いたり。この作業でも性格が出るようで。友人はまずいくつかデザイン画を作製。結構凝った図案もあったりして。一方の私。バーナーで熱して、伸ばして叩いてを一度試したら、すぐに本番開始。出来上がりのイメージもないままに始めてしまう。

a0193698_10295166.jpga0193698_10295514.jpg

a0193698_10300423.jpg 何となく円よりは歪ませたいと何度もローラーにかけたら、いきなりのひび割れ。先生に補修してもらって、今度は金槌でトントン。ひび割れを隠すために真鍮のパーツをこれまた先生に付けてもらう。そこに三日月の型を叩こうとしたら、滑ってダブルに。それでもめげずに今度は裏に名前を刻もうとして、失敗。
 出来たー!と紐を通して満足していると、先生が「液に付けて黒ずませて、磨くともっと立体感がでますよ」とおっしゃるのでそれも採用。
 出来上がりは「月夜の海」まあこんなもんで。

[PR]
# by haichigi | 2015-04-21 10:50 | | Comments(0)

久しぶりの木彫教室

a0193698_11241514.jpg とにかくこのところ雨ばかりの熊野。桜も終わってしまったし、薄ら寒いし。折角の休日にも家にこもりがち。そこで久しぶりに木彫教室に参加。
今回作ったのはおしゃもじ。立つようにしたい、と先生に相談したら、それなら台を作ったら?ということになって。いつものように木材に鉛筆で直接形を描く。どうも体型に似るのか、私のデザインはいつも太目。繊細さのかけらもない。今回はスプーンの凹みの部分を彫る機械が新しく導入されていた。でもまだ使いこなせない私は彫刻刀で削ってから、先生に助けていただき、完成。

a0193698_11052635.jpga0193698_11052959.jpg
a0193698_11053662.jpga0193698_11054058.jpga0193698_11055371.jpg
a0193698_11044128.jpg今回使用したのは、「鹿子」という木。アメリカ人の先生が「かごの木」とおっしゃるので、籠を連想したのだがどうもこのまだら模様から鹿の子供という意味の「かご」となったらしい。そういえば鹿の子と書いて「かのこ」という和菓子があった。この材木をどうも先生は道端で拾ってきたらしい。ちなみに私がいつものようにちまちまと削っている間に、先生が作られた作品はこれ。洗練されたフォルムのスプーン。 
a0193698_11044841.jpga0193698_11045200.jpg
a0193698_11250118.jpga0193698_11251314.jpga0193698_11251006.jpg

 先生は、奥様がやられているcafeの家具も少しづつ手作りされている。椅子が完成したので、次は食器棚の扉だとか。和歌山県新宮市の「Iku's cafe」。ランチもケーキも美味しいし、週に何回か無農薬の朝採れの変わった野菜の無人市もある。ぜひどうぞ。

[PR]
# by haichigi | 2015-04-14 11:50 | | Comments(0)

47にこだわる展示

a0193698_13124371.jpga0193698_13124769.jpg

a0193698_13062728.jpg 東京で良く行くのはヒカリエの8階。d&department の展示ブース。47都道府県に関係した展示が面白い。今回はそれぞれのデザイナーの作品紹介。まずは食堂で大分県の定食で腹ごしらえ。3種類の唐揚げをいただくと、お皿も大分の窯元のものみたい。

a0193698_13064992.jpga0193698_13065308.jpga0193698_13070216.jpg 
a0193698_13070574.jpga0193698_13070817.jpga0193698_13071188.jpg 
a0193698_13072236.jpga0193698_13072976.jpga0193698_13075738.jpg
a0193698_13080621.jpga0193698_13081688.jpg
a0193698_13082920.jpga0193698_13083601.jpg
a0193698_13084869.jpga0193698_13085857.jpg
a0193698_13112544.jpg いつものように各県に一つずつの47の真四角なテーブルにそれぞれの県のデザイナーの作品が展示されている。人口も面積も全然違う47都道府県を一律に並べる、というところがいい。
デザイン的なセンスは皆無の私は、気に入るのはやっぱり動物もののようで、写真もそんな作品ばかりアップで撮影していた。

a0193698_13120878.jpga0193698_13115798.jpg

a0193698_13115203.jpga0193698_13115000.jpg

a0193698_13120183.jpga0193698_13110411.jpga0193698_13104900.jpg

a0193698_13104646.jpga0193698_13103012.jpga0193698_13102083.jpg

a0193698_13094149.jpga0193698_13095457.jpg 数ヶ月に一冊のペースで各県の雑誌を出して、東京とその土地の二カ所でその土地に関係した落語を上演する、という企画。すでに10県が終わったようだけれど、47都道府県が終わるのは16年先だという。ちなみに今回は大分県で、次回は京都府らしい。三重県や和歌山県はまだのようなので、ちょっと楽しみ。

a0193698_13101381.jpga0193698_13100426.jpga0193698_13093731.jpg

a0193698_13092705.jpga0193698_13092184.jpga0193698_13091912.jpg

[PR]
# by haichigi | 2015-04-12 13:54 | | Comments(0)

昭和生まれのアミューズメントパークかな

a0193698_18333170.jpga0193698_18335310.jpg
 改装されて再オープン記念の入場料無料、と聞いて江戸東京博物館に行ってきた。長いエスカレーターに乗って、館内に入るとすぐお江戸日本橋。左手は江戸、右手は東京。やっぱり江戸より東京に興味がある。
a0193698_18322379.jpga0193698_18351657.jpg 展示は模型や本物や色々。触れたり、乗れたりといまどきの工夫いっぱいの博物館。懐かしい物もついに博物館に並ぶ古物になったようで、嬉しいような悲しいようなちょっと複雑な気持ち。「昭和生まれ」ですから。

a0193698_18345171.jpga0193698_18341677.jpg

a0193698_18352932.jpga0193698_18354393.jpga0193698_18355581.jpg

a0193698_18360554.jpga0193698_18361213.jpga0193698_18360808.jpg

a0193698_18364121.jpga0193698_18362791.jpga0193698_18371737.jpg

a0193698_18370424.jpga0193698_18374199.jpga0193698_18372146.jpg

[PR]
# by haichigi | 2015-04-07 19:02 | 古物 | Comments(0)

不思議タウン 祐天寺

a0193698_20060657.jpg その店に行くと、多分もれなく切符とスタンプが手に入る。世の中にはてっちゃんは結構多い。Facebookの私の友人だけでも6人位は本物の鉄。その中の一人の鉄女と会うために彼女が指定したのは、祐天寺のカレー屋。鉄の皆様にはきっととても有名はお店のはず。とにかく凄い。待ち合わせの時間よりも15分ほど早く着いた私は、お店の中で待たせてもらうことに。狭い店内にはとにかく鉄グッズが溢れている。あまりの状態に完全に圧倒されて、写真を撮っていいのか聞けず、今回は中の写真はなし。
 ランチの時間は外していったのに、客足が途絶える気配はない。店員さんは完全に鉄。某鉄道会社の社員がボランティアで子供達に風船アートを配る。カレーはもちろん鉄道模型に牽かれてテーブルに到着。線路の途中には昔の新幹線の金色の鼻先が壁から突き出している。触ってもいい、と言われ触りながら泣き出す鉄女の姿も目撃。 
a0193698_20061701.jpga0193698_20070607.jpg
a0193698_20073476.jpga0193698_20074690.jpg
a0193698_20075125.jpg 東急線沿線で育った身には、懐かしい電車賃15円の路線図や、単線がすれ違うときに受け渡していた謎の鞄?、そんなお宝だけではなくて、線路の石まで飾られている。鉄なら絶対一度は行かないと。
でも不思議なのはこの店だけではない。裏道の角にはなぜか大きな車輪が置かれているし、赤電話の前にはこんな写真も。東横線の急行も停まらない祐天寺。なかなか奥が深そうです。 

[PR]
# by haichigi | 2015-04-02 20:43 | 古物 | Comments(0)